太極推手の練習体系!!練習する意義!!

推手の練習方法は、太極拳の重要なものです。この推手は、手が触れ合う事から皮膚から多くの情報を得ます。


この情報を基に力を使う事なく相手の力を無力化する事(これを化と言います)を目的とします。


力を使わない事によって徐々に感覚が鋭敏になってくる為、僅かな動きでも察知できるようになります。


相手の勁を聴く事からこれを聴勁とも言います。


また、推手の能力が上がれば、意を感知出来るようになり、身体が動く前を察知出来るようになります。


これが更に高まれば、相手の心が動くか動かない所で察知出来るようになります。


これは、陰陽が分かれる前であり、陰陽が分かれるその機である、太極を捉えるという事です。


つまり、あくまで太極を掴む事が推手の目的だと言う事です。


従って、勝とうとしない事が非常に大事だと言えます。


そうすれば相手の太極が掴み易くなります。


結果として勝ったとしても、太極を掴んで勝っていないのであれば、それは太極拳ではありません。










太極拳・伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室では、新規練習生を募集しています。推手を中心とした練習内容ですが、未経験の方でも、基本から練習をしますので、安心して参加できます。太極拳・伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室の練習内容は、十五式太極拳(伝統楊式系)、基本功法(気功)と推手です。

場所:仲宿地域センター 2階第一洋室(東京都板橋区氷川町12番10号)。

日時:月曜日 19:30~21:00

興味のある方は、下記の電話、メールなどにご連絡下さい。

TEL (09051393289)
mail taijiquan20184@docomo.ne.jp

【ホームページ】
https://sites.google.com/site/taijiquan20184/












「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

〇ブログランキング〇


"太極推手の練習体系!!練習する意義!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント