8月、9月、10月の練習日程!!八極八卦練技拳社・東京板橋教室

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室の指導員です。8月、9月、10月の練習日程をご連絡いたします。 <日曜日> (8月) 8月8日(日) 下板橋駅前集会所、洋室 19時~21時 8月15日(日) 板橋地域センター、第1レクホール 19時~21時 8月22日(日) 下板橋駅前集会所、洋室 19時~…
コメント:0

続きを読むread more

連絡!!

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室の指導員です。 8月最初の日曜日、8月1日は、会場が確保できなかったため、お休みとなります。 また、明日の7月30日の金曜日は、通常通りですので、お間違いのないよう、お気をつけ下さい。 7月30日(金) 下板橋駅前集会所、洋室 19時~21時 …
コメント:0

続きを読むread more

コロナワクチン接種1回目!!

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室の指導員です。私事ではありますが、本日コロナワクチンの1回目の接種を受けました。 ワクチンの接種を急いでいて、切羽詰まっている方もいるかもしれないと思います。 私個人としては、そんなに急いでいなかった為、そのような人が優先的に接種できるように、様子を見ていたのですが、練習生や周…
コメント:0

続きを読むread more

八極拳と劈掛掌の関係!!「八極に劈掛を参ずれば、神鬼も恐れる」という言葉!!

八極拳の練習では、劈掛掌を弊習する事が多いと言えます。 「八極に劈掛を参ずれば、神鬼も恐れる」という言葉がありますが、一般的には、近接戦闘が得意な八極拳に、遠距離戦闘が得意な劈掛掌を練習する事で、補うという意味として考えます。 しかし、少なくとも当流の李書文晩年の八極拳では、そのような単純な意味として捉えません。 …
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の歩法!!殿歩と呼ばれる沈勁を訓練する歩法!!

八極拳には、殿歩と呼ばれる歩法があります。この歩法は、熊歩に内在した歩法であり、陰陽五行における水気(水勁)に属する技術だと言えます。 主に、足を踏み鳴らす時や、重心を落とす時に使います。 初期の訓練では、大きく重心を落とすように運用しますが、中級以上では、身体の内部の沈勁のみを使い、無音にて運用します。 …
コメント:0

続きを読むread more

寸勁と呼ばれる発勁法!!李書文八極拳の寸勁と寸捶!!ブルース・リーのワンインチパンチ!!

寸勁という技術が、中国武術には存在します。「ブルース・リー」が演武した事で有名になった技術だと言えます。 この「寸勁」は、相手と自らの打撃部位が、数センチの距離で打つ事です。 また、当流には、この打撃部位と対象物との間の距離によって、一応の名称があり分類されています。 距離が長い順に、「長勁」「短勁」「寸勁…
コメント:0

続きを読むread more

連絡と練習日程!!7月10日現在

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室の指導員です。 緊急事態宣言がでましたが、7月10日現在、練習日程の変更はありません。 通常通り夜間の練習となります。 一応もう一度、7月と8月の練習日程を、ご連絡しておきます。 よろしくお願いいたします。 また、以後の変更がありましたら、当ブログ…
コメント:0

続きを読むread more

連絡!!7月9日現在

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室の指導員です。 緊急事態宣言がでましたが、7月9日現在、練習日程の予定がでていません。 明日の夕方までには、予定がでると思いますので、わかり次第、当ブログにてご連絡いたします。 とりあえず、7月11日の練習までは、通常通りとなります。 …
コメント:0

続きを読むread more

蟷螂拳の門派(流派)と套路(型)!!蘇昱彰が学んだ蟷螂拳の套路!!

蟷螂拳には、多くの門派(流派)が存在しています。当流の蟷螂拳は、武壇の蘇昱彰系の系統です。 蘇昱彰という人物は、大陸から台湾に伝わった、多くの蟷螂拳を学び、研究した人物だと言えます。 おそらく当時は、蟷螂拳の第一人者だったと言えると思います。 当流の蟷螂拳は、この蘇昱彰の系統ですが、伝わっている技術は、ごく…
コメント:0

続きを読むread more

大八極拳の明勁!!八極拳の死八極と定式!!

八極拳には、大八極拳と呼ばれる套路(型)があります。この套路には、三つの段階があり、それぞれの段階を漢字一字で表します。 すなわち、「死」(定)「活」「変」です。 本来、大八極拳では、二段階の「活」の段階の技術の習得が中心となります。 また、「死」(定)の段階の基本的な練習内容は、動作を覚え、形を正確に運用…
コメント:0

続きを読むread more

6月、7月、8月の練習日程!!中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室の指導員です。6月、7月、8月の練習日程をご連絡いたします。状況により変更になる場合があります。その場合は、当ブログにて連絡いたします。 <日曜日> (6月) 6月27日(日) 下板橋駅前集会所、洋室 19時~21時 (7月) 7月4日(日) 下板橋駅前集会所、洋室…
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の一般的イメージと実際!!劈掛掌の練習の重要性と八極参劈掛!!

八極拳の技法は、一般的に激しい動作と、力強く硬い動作をイメージする事が多いと思います。 八極拳の名人と言われる、李書文の套路(型)や動作は、激しいものだったとも言われています。 その為、八極拳は、激しく力強いというイメージが強くなったと言えるかもしれません。 しかし、李書文の激しい動作を見たのは、他派の武術…
コメント:0

続きを読むread more

発勁の意味と招式!!技巧的な威力と筋力的威力!!

発勁という言葉は、30年以上前に日本に紹介されました。「発勁」とは、勁を発動させる事だと言えます。 「勁」とは、技術的に作られる現象と言ったところでしょうか。 「発勁」の説明では、「チカラは生まれつき備わった筋肉による稚拙なチカラで、技巧的でなく遅い。勁は訓練によって培われた技巧的なチカラで、筋力の大小に関わらず大き…
コメント:0

続きを読むread more

太極拳や中国武術の気功!!気功練習と内功!!

太極拳や中国武術には、気功の練習が存在します。しかし、この気功という言葉が意味する内容は、一定ではありません。 つまり、どのような内容を、気功と位置づけるかは、教室(流派)によって違うという事です。 例えば、一般的に考えられている気功という内容と、当教室で考える気功は、同一のものではないという事です。 気功…
コメント:0

続きを読むread more

太極推手を練習している太極拳・伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室のブログ紹介!!

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室の指導員です。現在、当教室とは別に、太極拳と太極推手を練習している教室があります。 こちらの教室は、太極拳・伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室という教室名で活動しています。 5月の間に、この教室の新しいブログを立ち上げました。 ホームページがバージョンアップした都合…
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の形態の意味と手法!!

中国武術には、多くの套路(型)や技が存在します。それらの技を分解して比べた場合、同じ運動法則であり、共通点の多い技であっても、僅かな違いがある場合があります。 例えば、動作はほとんど同じであっても、手先の形態が異なっている場合が多いのではないでしょうか。 良くある事例では、手先の形態が、拳か掌の違いのみで、他の形態は…
コメント:0

続きを読むread more

連絡!!6月の練習日程!!5月28日現在

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室の指導員です。6月の練習日程をご連絡いたします。緊急事態宣言下ですが、現時点では、通常通りの日程となります。 <日曜日> (6月) 6月6日(日) 下板橋駅前集会所、洋室 19時~21時 6月13日(日) 下板橋駅前集会所、洋室 19時~21時 6月20日(日) …
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の独学と我流の武術<第六回>!!ネット、YouTube動画などによる学習と中国武術の門派(流派)に蓄積された…

八極拳に限らず、多くの武術には「門派」や「流派」が存在します。これらに頼らず、独学によって技術を構成する事を「我流」と言います。 「我流」は、個人の「枠」以上の技術を獲得できません。人間一人の「認識」や「思考」には限界があります。 そこから生まれる「技術」にも限界が生じます。今回は、この事について前回の文章の続きです…
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の独学と我流の武術<第五回>!!ネット、YouTube動画などによる学習と中国武術の門派(流派)に蓄積された…

八極拳に限らず、多くの武術には「門派」や「流派」が存在します。これらに頼らず、独学によって技術を構成する事を「我流」と言います。 「我流」は、個人の「枠」以上の技術を獲得できません。人間一人の「認識」や「思考」には限界があります。 そこから生まれる「技術」にも限界が生じます。今回は、この事について前回の文章の続きです…
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の独学と我流の武術<第四回>!!ネット、YouTube動画などによる学習と中国武術の門派(流派)に蓄積された…

八極拳に限らず、多くの武術には「門派」や「流派」が存在します。これらに頼らず、独学によって技術を構成する事を「我流」と言います。 「我流」は、個人の「枠」以上の技術を獲得できません。人間一人の「認識」や「思考」には限界があります。 そこから生まれる「技術」にも限界が生じます。今回は、この事について前回の文章の続きです…
コメント:0

続きを読むread more