練習日程(6月前半)八極八卦練技拳社・東京板橋教室!!

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室の指導員です。6月前半の練習日程をご連絡いたします。 6月後半については、地域センターが、17日より稼働するようですので、その状況を見て決定する予定です。 17日以降にご連絡いたします。下記が練習日程となります。 月曜日は、一般開放の時間を使いますので、武道場受付にて…
コメント:0

続きを読むread more

連絡!!(5月30日現在)

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室の指導員です。 緊急事態宣言により、お休みになっていた練習ですが、6月は、限定的に再開出来そうです。 とりあえず、日曜日の練習場所は確保しましたが、小豆沢体育館と上板橋体育館の練習となります。 また、それ以外の練習場所や、詳しい練習日程については、6月1日(月)の夜に…
コメント:0

続きを読むread more

連絡!!(5月28日現在)

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室の指導員です。 緊急事態宣言が解除されましたが、現在、地域センターの再開が未定となっています。 ただ、体育施設にかんしては、6月より利用再開されるようですので、こちらを使って、練習再開を考えていますが、30日以後にならないと、確定しないため、それ以後に、あらためて連絡いたし…
コメント:0

続きを読むread more

太極拳教室の現在!!推手の練習の重要性!!

太極拳は、一般的には、健康法として練習されています。しかし、本来、太極拳には、多くの内容と要求が含まれています。 太極拳に含まれている内容や要求を、現代風の言葉で表すならば、次の通りとなります。 健康法、武術、医学、薬学、哲学、易学、軍学、宗教学、方位学などです。 現代では、目的によって、多様な太極拳が存在…
コメント:0

続きを読むread more

八卦掌と蟷螂拳の動画!!八極八卦練技拳社・東京板橋教室!!

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室では、YouTube上に動画を、いくつかうアップしています。 今回は、八卦掌と蟷螂拳の動画をご紹介したいと思います。 下記よりご覧ください。 Tanglangquan、Mantis Boxing蟷螂拳の技法と套路(型) 蟷螂拳の技法と套路(型)!…
コメント:0

続きを読むread more

武壇八極拳の歴史と系譜!!李書文の晩年の八極拳!!八極八卦練技拳社・東京板橋教室

八極拳の名人と呼ばれ、神槍とも呼ばれた李書文は、晩年、最後の弟子(関門弟子)である、劉雲焦に、自分の武術の到達点としてまとめ上げた八極拳を伝えました。 劉雲焦は、台湾で武壇国術推広中心(武壇)を設立し、武術を指導する傍ら、台湾総統府侍衛隊の武術教官も務めました。 直弟子に蘇昱彰や徐紀がいます。 その弟子から…
コメント:0

続きを読むread more

楊式太極拳!!中興の祖、楊澄甫の略歴!!

楊澄甫は、楊氏三世です。中国武術である太極拳の楊式太極拳中興の祖と呼ばれています。 北京出身で、祖籍は河北省永年県です。本名は楊兆清と言います。字は澄甫。 子に楊振銘(守中)、楊振基、楊振鐸、楊振国がいます。 親戚の趙斌、傅鍾文にも武術を教えました。 父親である、楊健侯に幼い頃より武術を教わり、後…
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の内功と運気!!五行気と呼ばれる気功!!李書文の技法!!

八極拳には、内気五行勁と呼ばれる技法があります。五行気などとも呼ばれます。 これは、一般的に、気功や内功などと呼ばれる技法です。 元々、八極拳は、外家拳であったため、身体の内部の力を使う概念は希薄だったと言えます。 しかし、八極拳の名人である、李書文は、晩年に内家拳などの技術を取り込み、八極拳を内家拳へと昇…
コメント:0

続きを読むread more

八極拳のご紹介動画集!!八極八卦練技拳社・東京板橋教室!!

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室では、YouTube上に動画をアップしています。 下記に、当道場の動画をご紹介いたします。 今回は、八極拳の動画を集めてみました。ご覧ください。 八極拳の紹介動画 六大開拳の貼山靠の動画 猛虎硬爬山の三段階の形態。虎爪爬山(虎爪掌)…
コメント:0

続きを読むread more

室内でもできる中国武術の練習動画!!八極八卦練技拳社・東京板橋教室

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室の指導員です。新型コロナの影響で、当会の練習もお休みになっています。 下記は、練習生の皆さんが、このお休みの期間に一人稽古をする場合の補助として制作した動画です。 YouTube上にアップしたものを、ここに集めてみました。 参考にしてみて下さい。 …
コメント:0

続きを読むread more

太極拳の名人、楊班侯の略歴!!楊式太極拳の第二世!!

楊班侯は、中国武術である太極拳の楊式太極拳の第二世です。 中国河北省永年県広府鎮の出身で、子供には兆鵬がいます。 長兄楊鳳侯の子楊兆林にも太極拳を指導しました。 幼少より、学問より武術を好み、父親である、楊式太極拳の創始者である楊露禅より、太極拳を学びました。 楊 班侯は、父親の楊露禅が一を教える…
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の発勁法!!八極拳の纏絲勁と圏!!陳式太極拳の纏絲勁!!

八極拳の発勁には、複数の練習方法と、段階が存在します。 その発勁法の中には、纏絲勁と呼ばれる発勁法があります。 この纏絲勁と呼ばれる発勁法は、一般的には、ねじりを加える事によって、威力を発生させる事だと言われています。 しかし、これは纏絲勁の、ごくごく一面的な解釈に過ぎません。 一般的な解釈の纏絲…
コメント:0

続きを読むread more

連絡!!(5月8日現在)

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室の指導員です。 当会も、新型コロナによる緊急事態宣言の影響で、お休みになっています。 今回の緊急事態宣言の延長にともない、会場の確保が出来ない事もあり、5月いっぱいまでお休みとさせていただきます。 緊急事態宣言のあける、6月からの練習再開を考えていますが、現時点では、…
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の発勁法や発力法!!沈墜勁、十字勁、纏絲勁、爆発勁、透化勁(浸透勁)!!

八極拳には、威力や身法を構成する、発勁法や発力法があります。これには、複数の種類があり、段階的な練習体系となっています。 当道場で練習している、李書文の晩年の八極拳では、昔から沈墜勁、十字勁、纏絲勁、爆発勁、透化勁(浸透勁)の五法で表されています。 また、当流では、透化勁(浸透勁)の前段階として、爆発勁の発展形の爆炸…
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の六大開拳!!開門法の練習体系!!六大開拳と六大硬架拳!!

八極拳の制敵法や開門法を訓練し、八極拳の戦闘スタイルを決定付ける套路(型)は、六大開拳です。また、当流には、六大開拳とは別に、六大硬架拳という套路も練習します。 六大硬架拳とは、他派の八極拳における六大開拳の戦闘原理を持つ套路です。 これは、当流の六大開拳が、他派の六大開拳の技法とは異なっているからです。 …
コメント:0

続きを読むread more

太極拳や中国武術の練習期間!!現代人の時間感覚と恒久的変化!!

太極拳を始めとした、中国武術の練習は、習得に時間がかかると言われています。 これは、太極拳や中国武術全般が発達した時代と、現代では、人間の時間感覚が異なっているためだと言えます。 現代人は、短い期間で、結果を出そうという傾向にあります。 有名な筋トレを中心とした、某パーソナルジムでは、3ヶ月程度で結果を出す…
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の発勁技法!!沈墜勁、十字勁、纏絲勁、爆発勁、透化勁(浸透勁)!!

八極拳には、威力や身法を構成する、発勁法や発力法があります。有名な発勁技法として、五勁と呼ばれる技法があります。 つまり、沈墜勁、十字勁、纏絲勁、爆発勁、透化勁(浸透勁)です。 実際には、もっと深い意味と練習体系が存在し、一つの勁に対して、複数の要求があるため、一概には言えませんが、ごくごく簡単に説明するならば、身体…
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の基礎練習!!馬歩弓捶(馬弓捶)と呼ばれる、八極拳の練習技法!!

八極拳の基礎的な練習に、馬歩弓捶があります。この技法は、馬弓捶とも呼ばれます。 この練習法は、馬歩(騎馬式)の状態から、片足で地面を蹴るようにして、体重移動をしつつ、架式(歩形)を弓歩に変化させ、同時に正面を突きます。 当流の八極拳の馬歩(騎馬式)には、形としての要求が8種類、身法としての要求が10種類、身体の各部位…
コメント:0

続きを読むread more

連絡!!

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室の指導員です。 新型コロナの影響により、当教室もお休みになっています。 今現状では、少なくとも5月10日までは、会場が使えないため、練習再開は、それ以降となります。 ただ、緊急事態宣言が延長になれば、さらに会場の使用中止も延長となるため、10日以降もお休みとなります。…
コメント:0

続きを読むread more

太極拳の表演!!套路(型)の美しさの競い方!!

太極拳は、一般的には、健康法として練習されています。しかし、本来、太極拳には、多くの内容と要求が含まれています。 太極拳に含まれている内容や要求を、現代風の言葉で表すならば、次の通りとなります。 健康法、武術、医学、薬学、哲学、易学、軍学、宗教学、方位学などです。 太極拳は、武術として形成されましたが、上記…
コメント:0

続きを読むread more