八極拳の一般的イメージと実際!!劈掛掌の練習の重要性と八極参劈掛!!

八極拳の技法は、一般的に激しい動作と、力強く硬い動作をイメージする事が多いと思います。


八極拳の名人と言われる、李書文の套路(型)や動作は、激しいものだったとも言われています。


その為、八極拳は、激しく力強いというイメージが強くなったと言えるかもしれません。


しかし、李書文の激しい動作を見たのは、他派の武術家や一般人が多かったようです。


李書文は、当時、一流の武術家でした。


当時の一流の武術家が、自らの本来の技術を、簡単に他者に見せる訳がありません。


当時の一流の武術家は、閉鎖的で、武術の技術に関しては秘密主義だったからです。


つまり、一般的な激しく力強い八極拳の技術は、李書文や一流の武術家にとっては、見せても構わない、レベルの低い内容だったと言えます。


もちろん、練習の過程では、このような練習も行いますし、重要な練習だと言えますが、それは八極拳の練習の一面でしかありません。


李書文などの一流の武術家は、本当に重要な技術や練習を、人前で行う事はなく、それを知っている者は、弟子の中でも一部だったと言えます。


では、李書文が隠した本来の技術とは、どのような物かと言うと、激しく力強い練習法なども一部ありますが、柔的な練習法が多いと言えます。


その秘密裏に伝えられた練習内容の一つが、劈掛掌です。


李書文の弟子である劉雲樵は、自らの高弟に対して、このように言っていたそうです。


「八極拳は教えても構わないが、劈掛掌は簡単に教えてはならない」と。


つまり、劈掛掌の練習にこそ、李書文八極拳の核心の一部が内在しているという事だと言えます。


ただ、劈掛掌の練習をすれば良いという訳でもありません。


なぜなら、ほとんどの場合、劈掛掌の形をした八極拳の練習で終わっている場合が多いためです。







下記リンクのnoteでは、当ブログでは解説していない、秘伝や秘訣などの技術を一部公開しています。通常公開されない、技術の深い内容や具体的内容、練習法などです。諸事情により、教室に通えない方などに、実際の教室での教習内容と同レベルの内容を、できる限り解かりやすく解説しているサイトです。よかったら、下記リンクよりご覧ください。

八極八卦練技拳社noteリンク










八極八卦練技拳社に興味のある方は、お気軽に下記メール、又は電話番号までお問い合わせ下さい。
見学、体験、受付中!!
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/

【YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCuqX6xb1OAdu9UbwkgOE-sA/featured









「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

〇ブログランキング〇


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント