八極拳の六大開拳と字訣!!現代武壇と蘇昱彰派との違い!!

八極拳には、六大開拳と呼ばれる套路(型)があります。この套路は、開法原理を訓練します。つまり、制敵法や開門法の訓練であり、術者の八極拳の戦闘スタイルを決定付ける套路が、六大開拳だと言えます。


また、当流には、六大開拳とは別に、六大硬架拳という套路も練習します。


六大硬架拳とは、他派の八極拳における、六大開拳の戦闘原理を持つ套路です。


これは、当流の六大開拳が、他派の六大開拳の技法とは異なっているからです。


当流の六大開拳が他派と異なっているのは、一説では、八極拳の名人で、神槍とも呼ばれた李書文が、晩年に六大開拳の戦闘法を再構成したからだと言われています。


また、この再構成された六大開拳の構成には、八大招式との関係が深く関わっています。


中国の武術では、套路に内包されている技法、戦闘法を漢字一字で表す場合があります。


門派や系統にもよりますが、一般的にこの事を「字訣」と呼びます。


門派や系統によって多少のバラつきはありますが、一般的な八極拳門派の六大開拳の開法原理を表す「字訣」は、「頂、抱、弾、提、股、纏」です。


当流の六大硬架拳でも、同じ「字訣」により訓練しますが、六大開拳の「字訣」においては、一部同じ部分はありますが、全く違った「字訣」、戦闘法で構成されています。


これは、前述の通り、李書文の工夫によるものだと言えます。


また、当流は、李書文の晩年の技術を継承している、武壇の系統ですが、蘇昱彰派の系統と言えます。


武壇の系統の一部において、六大開拳の「字訣」を「靠、弸、捅、搨、欄、撲」で表すことがあります。


この「字訣」は、少なくとも、蘇昱彰派の六大開拳の開法原理を示す「字訣」ではありません。


昔の武壇において、六大開拳の教習初期に、形や勢法をイメージするために、「字訣」のようなものが活用されたと聞いた事がありますが、そこから派生して、字訣化したものだと思われます。


開法原理を示す「字訣」ではなく、形態を作る「字訣」といった感じでしょうか。


「字訣」とは、技術の中核になるものであり、研究のスタート地点だと言えます。


あたりまえの話しですが、これが異なっていたり、間違っていれば、結果を出す事は出来ません。


下記は、六大開拳の1段階の動画です。よかったらご覧ください。















八極八卦練技拳社に興味のある方は、お気軽に下記メール、又は電話番号までお問い合わせ下さい。
見学、体験、受付中!!
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/

【YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCuqX6xb1OAdu9UbwkgOE-sA/featured









「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

〇ブログランキング〇



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント