中国武術の套路練習!!站樁功と套路の外形と内功!!

中国武術には、套路(型)の練習があります。それぞれ練習する套路には、練習目的と練習要求が設定されている事が多いと言えます。


それらがなければ、套路練習は、ただ形を覚えたものでしかありません。


伝統的な武術では、套路に含まれる内功などの内部の技術や、勢法などを重視します。


これは、站樁功などでも同様です。


例えば、長い期間練習してきた者と、練習期間が短い者では、何が違うのでしょうか。


形だけを見ているならば、両者にそれほどの違いはありません。


もちろん、練度によっての違いはありますが、初心者でも上手く演武するものはいます。


形だけを見るならば、或いは、初心者の方が上手い場合もあります。


つまり、本来の伝統武術では、外形と呼ばれる、套路の表面上の形は、重視しないという事です。


実際、名人などと呼ばれる武術家の演武映像を、現代では簡単に見る事ができますが、形だけを見るならば、上手いとは言えないものが多いと言えます。


実際、表演武術家の演武の方が、確実に美しく、上手いと言えます。


しかし、伝統武術家は、表演武術の演武を中身がないと言います。


この中身と呼ばれるものが、内功などの内部の技術や、勢法なのです。


しかし、この技術を、套路の演武を見るだけで理解する事は、素人には難しいと言えます。


ある日本の武術家の言葉に、このようなものがあります。


「芸の道は、その域に達した者にしか理解出来ない」と。


つまり、高い技術を持つ者の套路は、それに近い技術を持つ者にしか、理解出来ないという事です。










八極八卦練技拳社に興味のある方は、お気軽に下記メール、又は電話番号までお問い合わせ下さい。
見学、体験、受付中!!
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/











「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

〇ブログランキング〇


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント