中国武術の「蹴り技」!!!「蹴り技」の用途!!

中国武術の套路(型)には蹴り技が登場します。門派や系統にもよりますが、中国武術の蹴り技は、現代の格闘技などの蹴り技とは用途や使い方が違います。


この蹴り技は、比較的腰を入れたり、軸足のバネを使って蹴る事は少なく、套路(型)では高く蹴りますが、基本的には高い部位を蹴る事も少ないと思います。


これは、使用するシチュエーションが、格闘技などのように、離れた間合いや末端部での攻撃だけを想定していないからです。


中国武術では、蹴り技を腕、掌、体などが相手と触れている状態で使います。


その状態で腰を入れたり、軸足を使うなどにより、上半身にモーションが出れば、片足の不安定な状態を察知されてしまうからです。


また、中国は靴文化のため、足先にある硬い靴を使うため、体で威力を作る必要性がなかった事も理由の一つです。


しかし、一番の理由は身体を作るためだと思います。


つまり、脚先を使い蹴る事によって身体の中心である体幹部を鍛え、運用するクセをつけるためです。


中国武術には、多くの蹴り技が存在します。


アクロバティックな跳躍動作を持つ蹴り技も多く存在します。


しかし、それらは、形通りの蹴り技としての用途とは、限らないのではないかと思います。






「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○


当会に興味のある方は、お気軽に下記メール、又は電話番号までお問い合わせ下さい。
見学、体験、受付中。

〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら


〈練習時間〉
(武術クラス)
金曜日、19時~21時
日曜日、19時~21時
(健康太極拳クラス)
日曜日、18時~19時
〈場所〉
東京都板橋区、東板橋体育館、地下第二武道場






〈関連記事リンク〉
○当会のご紹介○
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○




〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック