中国武術の「門派」(流派)!!!「武術」を構成する3つの要素 !!

中国武術には、多くの「門派」(流派)があります。それと同時に、それらの「門派」を指導する「組織」や「道場」も多く存在します。


当然、それらの「門派」には、「特性」があると思います。


この「特性」には、3つの「要素」が関係あるのではないかと思います。


それは、「武術」を構成する「要素」だとも言えます。


その3つの「要素」に、あえて名前を付けるならば、「武力」「武学」「武道」です。


「武力」とは、実戦力の事です。


「武術」である以上、実際に戦闘が出来なければ、意味をなしません。


しかし、この「武力」のみでは、ただの力任せの「武術」に陥る危険性があります。


「武学」とは、「テクニック」(技術)の事です。


または、その「テクニック」を構成する「理論」の事だとも言えます。


この「武学」が明確でなければ、「門派」として成り立ちません。


しかし、「武学」という要素を重視しすぎれば、実戦力のない机上の空論となります。


「武道」とは、一般的な言葉で表すなら、「道徳」や「倫理」といった言葉が当てはまります。


これがなく、「武力」や「武学」のみが発達したものは、ただの「暴力」でしかありません。


相手を倒す「戦闘法」や「力」をどう使うかを考え、判断する「思考力」が必要だといえます。


現代では、この「武道」を利用して、学校教育に役立てる向きがありますが、必ずしも、学校教育に役立つとは限らないのではないかと思います。


このように、「武術」には3つの「要素」があります。


この3つの「要素」のうち、どれが欠けても、「武術」は成り立ちません。


また、3つの要素のうち、どれを重視して練習するかが、「門派」や「組織」、「道場」のカラーを決めると言えます。






「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○


当会に興味のある方は、下記「ホームページ」をご参照下さい。




《動画リンク》
○中国武術(八極拳、蟷螂拳、太極拳、八卦掌、兵器術)をご紹介した動画○
○携帯からはこちら○

○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○



〈関連記事リンク〉
○武学推拡拳社のご紹介○
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

【ホームページリンク】
http://bugaku-cma.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック