騎馬式(馬歩)、中国武術の站椿功

画像
中国武術では、站椿功と呼ばれる練習法があります。門派によって、練習する歩形は違いますし、同じ歩形でも門派によって細かい要求は違います。


この違いや站椿功の意味については、過去の記事でご紹介したので、そちらをご覧下さい。


今回は、当流の站椿功で主に用いられる、騎馬式(馬歩)の基準についてお話ししようと思います。


ただし、ここでご紹介するのは、初心者が練習する最低限の要求です。レベルが上がれば、さらに要求は増えていきます。下記が初心者用の最低限の基準です。


○一膝分の歩幅。(膝から爪先までの長さ)
○体重を両足に五分五分に乗せる。
○尾、膝、踵が横から見た時に正三角形になる。
○足指にて地面を軽く掴むようにする。
○膝は開かないよう、内に閉める(閉め過ぎても不)
○尾(お尻)が後ろに突き出ない。
○立身中正を保つ。
○胸を張らず、緩める。
○両肩を落とす。
○両肘を下方に垂らす。


○站椿功についての記事○



〈動画リンク〉
○八極拳の練習法○
○携帯からはこちら○

○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○


〈関連記事リンク〉
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

ホームページ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン サングラス

    Excerpt: 騎馬式(馬歩)、中国武術の站椿功 武学的ブログ(武学推拡拳社)/ウェブリブログ Weblog: レイバン サングラス racked: 2013-07-05 17:38