八卦掌の名人、宮宝田について! !

宮宝田は、八卦掌の第三代嫡伝弟子と云われ、清朝末期に八卦掌を創始した董海川の孫弟子にあたります。


宮宝田は山東省の出身で、兄である宮宝山の紹介で八卦掌を学び初めました。


彼の技法は、快活な歩法で、柔軟かつ変化に富んだ技法だったと云われています。


1897年から宮廷内の護院にて働き、高官でもありました。


宮宝田は、清朝が倒れた後、1922年頃から武術の腕を買われ、当時の中華民国の北京政府の中心的人物であった、張作林の武術教練として招かれ、後にはシークレットサービスとしても活躍しました。


宮宝田の弟子では、甥の宮宝斎や、すでに八極拳の技量で有名であった劉雲樵などが有名です。


また、当会の八卦掌は、この宮宝田の系統になります。


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン

    Excerpt: 八卦掌の名人、宮宝田について! ! 武学的ブログ(武学推拡拳社)/ウェブリブログ Weblog: レイバン racked: 2013-07-06 08:17