テーマ:豊島区

蟷螂拳の練習法と套路(型)!!!「基本十二路」と「力劈拳」!!!

蟷螂拳には、多くの門派(流派)が存在します。当流では、「七星蟷螂拳」「八歩蟷螂拳」「六合蟷螂拳」「秘門蟷螂拳」を練習しています。 しかし、「六合蟷螂拳」をのぞく3派は、一つの練習体系でまとめられ、一つのカリキュラムの中で、練習していきます。 当流の「蟷螂拳」の練習では、最初に「基本十二路」と呼ばれる、12本の「単…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の練習法!!「小八極拳」「大八極拳」「六大開拳」の技術!!!

八極拳には、多くの門派(流派)が存在します。当流の「八極拳」は、名人と言われた「神槍・李書文」の晩年の技術を継承しています。 主に訓練する套路(型)は、下記の通りです。 「小八極拳」 「大八極拳」 「六大開拳」 上記の「小八極拳」では、主に「発勁」技法や「身法」、「打法」などを訓練します。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太極拳の分類!!「制定拳」と「伝統拳」!!!

太極拳には、多くの門派(流派)や種類があります。「24式太極拳」が良く知られていますが、多くの「套路」(型)も存在します。 これらの「太極拳」は、大きく分けて、2種類に分類する事が出来るのではないかと思います。 それは、「制定拳」と「伝統拳」です。 一般的に「制定拳」の「太極拳」は、近代に「中国体育」のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の分類!!!「中国武術」と「太極拳」の関係性!!!

中国武術と言われる言葉は、言葉の通り「中国」で発生した「武術」の総称です。 一般的に、「中国武術」という言葉は、「兵器」(武器)を含めた全ての技術を指す場合が多く、「中国拳法」という言葉は、素手の技術の総称として使われる事が多いようです。 また、元々の意味は違いますが、現代では「功夫」(カンフー)という言葉も、「中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蟷螂拳の成立!!18門派(流派)を統合した総合武術 !!!

蟷螂拳は、清代に「山東省」の「王朗」によって創始されたと言われています。 「王朗」は、「蟷螂」(カマキリ)が、「蝉」を捕まえている様子から、「蟷螂拳」を作ったと言われています。 しかし、実際的には、彼自身がそれまでに学んでいた、18門派(流派)の武術や技術を統合した、総合武術です。 下記は、統合されたと伝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の「中段突き」!!!「衝捶」(挑頂馬歩捶)における下半身の使い方!!!

八極拳の「衝捶」(挑頂馬歩捶)と呼ばれる、中段突きの技法について、今回は、主に下半身について、お話しようと思います。 まず、「馬歩」(騎馬式)となった下半身は、この歩形の要求と同じく、「膝」を中心に上部にあたる「大腿部」を「外旋」させます。 これは、厳密にいうならば「股関節」を開くという事でもあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の「中段突き」!!!「衝捶」(挑頂馬歩捶)と呼ばれる技!!!

八極拳には、「衝捶」と呼ばれる、俗にいう「中段突き」の技法があります。「金剛八式」と呼ばれる套路(型)の中では、「挑頂馬歩捶」という技名で呼ばれる技法です。 例えば右拳で突く場合で、この「衝捶」の形態を簡単に説明しようと思います。 まず、準備姿勢では、上半身は、突き出す右拳と反対の左拳を、前方に出した状態にします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八卦掌の套路(型)!!!「四形八掌」と呼ばれる動物を模した套路!!!

八卦掌には、多くの門派が存在します。代表的な門派は、「尹福」が伝えた「尹派八卦掌」と、「程廷華」が伝えた「程派八卦掌」ではないでしょうか。 当流の「八卦掌」は、「尹福」から「宮宝田」へと伝えられ「尹派宮式」とも呼ばれる場合があります。 この「八卦掌」には、複数の套路(型)が存在します。 この、当流の「八卦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の訓練法!!「我流」の武術と「宮本武蔵」 !!!

中国武術に限らず、武術には「門派」や「流派」が存在します。これらに頼らず、個人によって技術を構成する事を「我流」と言います。 この「我流」は、多くの場合、良い「門派」(流派)と評価されません。 これは、「我流」が個人の「枠」から出ていない為です。 人間一人の「認識」や「思考」には限界があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形意拳の練習!!「十二形拳」と呼ばれる套路(型)!!!

形意拳を練習生に、教習しています。最近、練習生の一人に「十二形拳」の教習をしていますが、私自身、この練習をするのは、久しぶりです。 当流で練習している「八極拳」は、大陸などで練習されている、一般的な「八極拳」と違い、「内家拳」の影響が強いと言われています。 そのため、一般的な「八極拳」より、「運気」や「勢法」、「運用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の学び方!!「純粋に学ぶ」という事!!!

中国武術に限らず、東洋の武術には、「流派」「門派」という概念が存在します。 「流派」「門派」が違うという事は、「戦闘スタイル」が違うという事です。 つまり、「戦闘理論」が違うという事です。 当然、「戦闘理論」が違えば、技の威力の出し方、鍛え方や必要な筋肉、筋力の質も違ってきます。 例えば、「レス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の「体軸」!!!「丹田」の形成と訓練法!!!

中国武術に限らず、東洋の武術の多くには、「体軸」という「概念」があります。 言葉で説明するのは、難しい「概念」ですが、一般的には、「正中線上」に通る、「力」といった意味でしょうか。 当流にも、この「体軸」という「概念」は存在します。 当流では、「重心」の安定や、「歩法」などに大きく影響を与えます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の訓練法と教習法!!「三年かけて良師をさがす。」 !!!

中国武術には、「三年かけて良師をさがす。」というような意味の言葉があります。これは、言葉の通り、時間をかけて自分にあった「武術」「師」を吟味するというような意味です。 しかし、現代では、あまり意味のない言葉かもしれません。 昔の「武術世界」では、一度弟子入りしたなら、簡単に離れる事は難しく、同時に何人かの「師」につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太極拳の套路(型)の構成!!24式と「陰」と「陽」!!!

太極拳には、多くの套路(型)がありますが、その元となった套路は数える程です。現代の「太極拳」の套路で代表的なものは、「24式」「48式」などの数字で表されているものではないでしょうか。 これらは、例外もありますが、通常「簡架式」と呼ばれ、套路を短く簡略化し、多くの動作を省略したものです。 数字は、その套路を構成する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八卦掌の技法!!!「宮宝田」の「八卦掌」と「羅漢拳」!!!

八卦掌には、多くの門派(流派)が存在しますが、有名な門派は、「程派八卦掌」と「尹派八卦掌」ではないでしょうか。 当流の「八卦掌」は、「尹福」の伝えた「尹派八卦掌」の系統です。 「尹福」、「宮宝田」と伝えられ、台湾を経由して伝わった「尹派宮式」とも呼ばれる「八卦掌」を練習しています。 この門派には、大きく分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の站椿功!!「馬歩」(騎馬式)の「静」と「動」!!!

中国武術を学生として最初に学ぶのは、基本的に「站椿功」から初める事が多いと思います。 当流では「馬歩」(騎馬式)です。 門派にもよりますが、当流では「馬歩」(騎馬式)という「架式」を中心に、下半身の形を維持させた状態で、止まる訓練を行います。 これは、「站椿功」という「静功」が重要な訓練だからです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の「六大開拳」!!!「貼山靠」!!「虎撲」!!「挑打頂肘」!!!

八極拳には、「貼山靠」という技法が存在します。基本的には、体当たりの形態をとります。 当流においては、「六大開拳」と呼ばれる開法原理や制敵法を内包している套路(型)の始めに学ぶ技です。 この「貼山靠」は、一般的には体当たりとして使うと考えられています。 しかし、当流においての「貼山靠」は、体当たりではあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八卦掌の門派(流派)!!!「尹福派」の特徴と「宮宝田」の「八卦掌」!!!

八卦掌には、多くの門派(流派)が存在しますが、有名な門派は、「程派八卦掌」と「尹派八卦掌」ではないでしょうか。当流の「八卦掌」は、「尹福」の伝えた「尹派八卦掌」の系統です。 「尹福」、「宮宝田」と伝えられ、台湾を経由して伝わった「八卦掌」を練習しています。 一概には言えませんが、一般的な「尹福派」の「八卦掌」の技法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術のブログ!!「武学的ブログ」とランキングサイトについて!!

中国武術、太極拳の○「ブログランキング」○サイトに、当会の「武学的ブログ」も参加しています。 当ブログの目的については、下記記事をご参照下さい。 ○「武学的ブログについて」○ この○「ブログランキング」○サイトの順位は、ポイント制となっています。 下記を押して頂ければ、ポイントが入ります。 ○ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術、「太極拳」の理論と実践!!「筋トレ」と理論!!

中国武術を訓練する中で、「理論」を学ぶ場合があります。これは、「格闘技」や他の「スポーツ競技」にも、少なからず存在することです。 この「理論」とは、簡単に説明するならば、ゴール地点を設定し、目的を明確にする事です。 例えば、一般的な「筋トレ」で良く行われる、「腹筋運動」で説明しましょう。 オーソドックスな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の訓練法!!「山ごもり」の意味について!!

中国武術を訓練する場合、昔の「武術家」は、家の中に籠もり「外界」と離れた状況を作り訓練する場合がありました。日本の武術においても、「山籠もり」などによって、「中国武術」と同じ状況で訓練しました。 では、何故このように「外界」と隔絶した状況を作る必要があったのでしょうか。 この事について「私論」として考えて行こうと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八卦掌の技法!!!「八卦掌」の套路(型)と「羅漢拳」!!!

八卦掌には、多くの門派が存在します。代表的な門派は、「尹福」が伝えた系統と「程廷華」が伝えた系統です。当流の「八卦掌」は、「尹福」から「宮宝田」へと伝えられた系統です。 この系統の「八卦掌」の技術は、大きく分けて2種類に分類されます。 それは、「羅漢拳」の影響を受けた技とそうでない技です。 もちろん、訓練す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の特性!!「戦闘法」を形作る想定!!

中国武術や格闘技にはそれぞれに「特性」があり、戦う想定が存在するのではないかと思います。それは、発達した「状況」や、「環境」が大きく影響を及ぼすという事です。 中国武術、特に現代の日本に伝わっている武術は「清朝末期」前後に制定されたものが多いと思います。 つまり、その当時の「中国文化」、当時の「価値観」、当時の「歴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の「姿勢」と「套路」(型)!!!生活スタイルによる影響!!

中国武術や日本武術には、「型」稽古が存在します。しかし、この「型」を本当の意味で運用することは困難です。 色々な意味がありますが、一つの原因として身体が出来ていないためです。 それは、昔の人間に比べて現代人の「生活スタイル」が変わったことが原因といえます。 「日本武術」についての方が、日本人には理解し易い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の「放鬆」(ファンソン)!!!「放鬆」と「脱力」の違い!!!

中国武術、特に「太極拳」などの「北派拳術」の訓練において、「力」をぬく事をよく言われます。一般的には、これを「放鬆」(ファンソン)と呼びます。 この事に近い言葉として、現代では「脱力」という言葉を使う場合があります。 しかし、この「放鬆」(ファンソン)と「脱力」という言葉は、同じ意味ではありません。 一般…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の教習法!!指導者によっての「教習内容」の相違点!!!

中国武術には、多くの門派(流派)が存在します。各門派は、同じ「戦闘法」である事は、ほとんどありません。同じ門派や、同じ名称の武術であっても、「戦闘法」は同じではありません。 例えば、同じ「八極拳」という名前の武術であっても、系統によって違いがあり、全く別物だと言えます。 また、同じ門派や系統を学んだ人間であっても、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の練習法!!ミット打ちの不要性2!!

中国武術の練習において、「ミット」を打つ練習にはリスクがあるのではないかと思います。今回は、上記の事について、前回記述した文章の続きです。 二つ目の「攻防技術」の養成とは、現代的に言うならば、「コンビネーション」の練習の事です。 「ボクシング」などが代表的だと思いますが、トレーナーなどが「ミット」を持ち、「攻撃」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の練習法!!ミット打ちの不要性1!!

中国武術の練習において、何かを打つ練習法があります。例えば、「八極拳」の「貼山靠」と呼ばれる体当たりでは、自然の樹木などにぶつかる練習をします。 また、同じく樹木に腕をぶつけたり、「拳」や「掌」によって打つ場合もあります。 現代の「中国武術」では、「ミット」を打つ練習をする場合もあります。 「ミット」の形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発勁!!中国武術の「発勁」技法と訓練法 !!

発勁と呼ばれる技法が、中国武術には存在します。この「発勁」と呼ばれる技法は、門派や系統によって捉え方が違います。 おおざっぱに言うなら、力、威力などを「発する」事だといえます。 当流の「発勁」をおおざっぱに説明するならば、全身の部位を協調させる事によって、大きな力を発生させる事だと言えます。 全身の部位の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太極拳の「教典」(理論書)!!!「王宗岳」の「十三勢歌」と練習法!!!

中国武術には、多くの教典や理論書が存在します。特に、「内家拳」と呼ばれる「太極拳」「八卦掌」「形意拳」などには、現代で「名人」と称される武術家によって記された書物が、多く残されています。 その一つに、「太極拳」の名人と呼ばれた「王宗岳」が記した「十三勢歌」があります。 この理論書は、基本的には「太極拳」の訓練中の秘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more