テーマ:中国武術

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室の道場名について!!!

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室に、当会は、道場名が変わりました。 これは、当会が私の師より、完全独立したためです。 今までも、事実上、独立した状態でしたが、名目上は、師の監督下での活動でした。 これは、旧会の関西武館において、師からの指導が続いていたためです。 この度、旧関西武館が、諸事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の動画!!!中国武術、八極拳、八卦掌、太極拳、蟷螂拳、劈掛掌、兵器術の技、套路(型)、練習法

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室から、動画をアップしました。 今回の動画は、中国武術、八極拳、八卦掌、太極拳、蟷螂拳、劈掛掌、兵器術の技、套路(型)、練習法などを、ご紹介した動画となっています。 下記リンクより、ご覧ください。 〈動画リンク〉 中国武術、八極拳、八卦掌、太極拳、蟷螂拳、劈掛掌、兵器術の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室のホームページ!!!

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室のホームページのトップページを、変更しました。 前よりは、見栄えが少しは良くなったと思います 下記リンクより、ご覧ください。 ホームページ 「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室!!!

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室に、当会の名前が変わります。 それにともない、ホームページを、新しく立ち上げました。 まだ、完成ではありませんが、とりあえず、アップしました。 これから、少しずつ、修正していくつもりです。下記リンクより御覧ください。 ホームページ また、練習内容やカリキュ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

中国武術における「丹田」と訓練段階!!!

中国武術に関わらず、東洋に伝わる武術のほとんどには、「丹田」と呼ばれる部位についての概念が存在します。 「門派」(流派)や「系統」により概念は違いますが、この「丹田」には、上中下の三種類が存在します。 これらの「丹田」の訓練の段階を、当流では、下記の言葉を使い表します。 練精化気 練気化神 練神環虚 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形意拳の創始者!!!神拳「李洛能」!!!

形意拳の創始者は、清朝末期の名人で、「神拳」や「神拳李」とも称された「李洛能」(李飛羽、李能然とも呼ばれている。)といわれています。 異説はありますが、「形意拳」は、「李洛能」が商用で、山西省小韓村に訪れた際に、名家であった「戴氏一族」の「戴龍邦」より、「戴氏心意拳」を学び、大成後、独自の創意工夫により、作られたといわれていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の「套路」(型)!!!「運氣」「身法」「対打」!!!

中国武術の「套路」(型)には、多くの種類があります。これらを、練習用途によって分類するならば、いくつかの分類方法が考えれます。 一つの分類法として、2種類に分類する事が出来ます。 それは、「体」と「用」です。 「体」とは、身法の事です。 「運氣」や身体の使い方を、主に練習する「套路」です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形意拳の「套路」(型)!!!動物を模した「十二形拳」!!!

形意拳の練習では、「五行拳」という「陰陽五行説」で表した、五種類の「単式」(1~2動作の短い型)の「套路」(型)を行います。 次に、その応用変化として、「十二形拳」を練習します。 この「十二形拳」という「套路」(型)は、12種類の動物を模して、形成されています。 このような「套路」(型)の事を、「象形拳」な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太極拳の技法!!!「陳式太極拳」の「忽雷架」!!!

太極拳には、複数の「套路」(型)があります。当流の「太極拳」でも、複数の「套路」(型)を練習します。 しかし、中核になっている技法や勢法は、「陳式太極拳」の「忽雷架」という「套路」(型)です。 この「太極拳」は、練習段階にもよりますが、「陳式太極拳」の中でも剛柔の連環が速く、小さなモーションの「発勁」が特徴的な「太極…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術!!!太極拳!!!練習生、募集中!!!(八極拳、蟷螂拳、八卦掌など)

中国武術、太極拳教室では、練習生を募集しています。未経験の方や、運動経験のない方でも、安心して参加できます。 TEL (09098331246) mail メール送信はこちら 〈武術クラス、練習内容〉 八極拳(李書文系) 「小八極拳」(八極小架) 「大八極拳」(八極拳) 「六大開拳」 「八大招」など ○八…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形意拳の名人!!!「郭雲深」と「尚雲祥」!!!

形意拳の名人と言われた「郭雲深」は、河北省深県の生まれで、一説によれば、貧しい鋳物鍛冶の家に生まれたと言われています。 後に「李能然」の門下に入り「形意拳」の教授を受けました。 彼は、多くの他流試合を経験し、敵に半歩踏み込んで「五行拳」の「崩拳」を発するだけで敵は皆倒れた為、「半歩崩拳、あまねく天下を打つ」と賞賛され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の「蹴り技」!!!「蹴り技」の用途!!

中国武術の套路(型)には蹴り技が登場します。門派や系統にもよりますが、中国武術の蹴り技は、現代の格闘技などの蹴り技とは用途や使い方が違います。 この蹴り技は、比較的腰を入れたり、軸足のバネを使って蹴る事は少なく、套路(型)では高く蹴りますが、基本的には高い部位を蹴る事も少ないと思います。 これは、使用するシチュエーシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放鬆(ファンソン)!!!中国武術の技法!!

放鬆(ファンソン)と呼ばれる言葉は、一般的に言われるような、ただ力を抜く事ではありません。 「余分な力を抜く」という事です。 言い換えるなら、「型」(形)や「技」を形成するのに必要な「力加減」を理解する事です。 例えば、「立身中正」という要求で立つ場合で考えましょう。 この「立身中正」という言葉の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太極拳の分類!!!「制定拳」と「伝統拳」!!!

太極拳には、大きく分けて、2種類に分類する事が出来るのではないかと思います。 それは、「制定拳」と「伝統拳」です。 一般的に「制定拳」の「太極拳」は、近代に「中国体育」のために構成されたと言われています。 そのため、万人が練習出来るように、難しい技法や、危険な技法を取り除き、簡略化した状態で構成されているよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八卦掌の「套路」(型)!!!「小開門」(開門掌、両儀掌) !!!!!

八卦掌で、最初に学ぶ套路(型)は、「小開門」(開門掌)です。 当系統では、別名「両儀掌」とも称しますが、一般的に使う名称とは言えません。 なぜなら、この套路は、もともと4種類の「換掌」を訓練するための套路(型)だからです。 即ち、「青龍回首」「黒熊探掌」「白蛇纏身」「紫燕掠水」の4つです。 この4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小八極拳(八極小架)!!!画像集!!!

「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。 ○ブログ村○ 当会に興味のある方は、下記の連絡先をご参照下さい。 《動画リンク》 ○中国武術(八極拳、蟷螂拳、太極拳、八卦掌、兵器術)をご紹介した動画○ ○貼山靠(八極拳)の動画○ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蟷螂拳の「套路」(型)!!!「基本十二路」と「力劈拳」!!!!

蟷螂拳の練習では、最初に「基本十二路」と呼ばれる、12本の「単式」の「套路」(型)から練習していきます。 この「套路」(型)は、各派の「蟷螂拳」から、身体の育成や、基本的な運動法則の練習に適した技を、抜粋したものだと言えます。 この「基本十二路」を練習する事によって、基礎的な身体と、動作を癖付けします。 当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術『武学推拡拳社』関東武館!!!特別練習会のお知らせ!!

中国武術『武学推拡拳社』関東武館の指導員です。前々から連絡していた、ゴールデンウィークの特別練習会の日程を連絡いたします。 5月4日(水) 東板橋体育館 武道場 14時~16時頃 〈練習内容〉 柳葉刀(劈掛刀)の基本と対打 5月5日(木) 小豆沢体育館 武道場 14時~16時頃 〈練習内容〉 楊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小八極拳!!!「八極拳」の套路(型)!!!

八極拳には、「小八極拳」と呼ばれる套路があります。「八極小架」とも呼ばれ、当流では下半身の強化や身法、「打法」や「発勁」技法を主に訓練するための套路です。 つまり、「八極拳」という武術の基盤を作り上げる套路だという事です。 この「小八極拳」には、3段階の訓練法があります。 これは、一つの套路を3種類の要求に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の練習法!!「站椿」の練習!!「馬歩站椿」!!!

中国武術において、原理を示す訓練では、「站椿」が代表的な訓練法だと言えます。 門派にもよりますが、「形意拳」では「三体式」、「意拳」や「太気拳」、「太極拳」などでは「立禅」などが代表的でしょうか。 当流では、「騎馬站椿」(馬歩站椿)で訓練します。この「站椿」の形態には、その門派の全ての技術が内包されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蟷螂拳の練習法!!複雑な形態を持つ「套路」(型) !!!

蟷螂拳には、多くの「套路」(型)が存在します。当流に伝わっている「套路」は、その中のごく一部ですが、それでも十数種類の「套路」を練習します。 「蟷螂拳」全体では、200種類近くの「套路」が存在するとも言われています。 これらの「套路」の多くには、実戦運用しやすい形態の技があります。 言い方を変えれば、変化の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の練習法!!「套路」(型)の「原理」!!!

八極拳と呼ばれる武術は、門派(流派)にもよりますが、「套路」(型)の数が多い門派ではありません。 当系統の「八極拳」も、練習の中心となる「套路」は、特に少ない練習構成となっています。 もちろん、練習する「套路」は、下記以外にも存在します。 しかし、中心的に訓練する「套路」は、「小八極拳」「大八極拳」「六大開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の練習法!!!ミット打ちの不要性!!!

中国武術の練習において、何かを打つ練習法があります。例えば、「八極拳」の「貼山靠」と呼ばれる体当たりでは、自然の樹木などにぶつかる練習をします。 また、同じく樹木に腕をぶつけたり、「拳」や「掌」によって打つ場合もあります。 現代の「中国武術」では、「ミット」を打つ練習をする場合もあります。 「ミット」の形状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八卦連環掌!!!「八卦掌」の套路(型)!!!

八卦掌という武術には、「八卦連環掌」という「套路」(型)があります。 この「套路」の構成基準については、「門派」(流派)や「系統」によって、同一とは言えません。 当流では、「変化掌」という「套路」の連環を訓練するためにあります。 また、この「八卦連環掌」によって、「掌法」の連環が出来ていなければ、次の段階に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の「原理」!!!「単純」な形態を持つ套路(型) !!!

中国武術には、套路(型)が存在します。それぞれの套路には、訓練する目的があります。この訓練には、「原理」を理解する為の形態も存在します。 「原理」を示す套路とは、その門派(流派)の「戦闘法」において必要な「運動法則」や身体の使い方。 あるいは、「制敵法」を「単純」な形態において示した套路と言えます。 また、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箭疾歩(センシッポ)という歩法! !「八歩蟷螂拳」の技法!!

箭疾歩(センシッポ)という歩法は、「八歩蟷螂拳」の歩法です。前回の記事でも書きましたが、この歩法は、相手との間合いを、一気に縮める事が出来る歩法だと言えます。 この「箭疾歩」という歩法は、「コウ歩蟷螂身」という身法によって、推進力を発生させます。 そのため、踏み出した一歩には、初速の強い「勢」が働きます。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

箭疾歩(センシッポ)蟷螂拳の歩法!!

蟷螂拳には、多くの「門派」(流派)があります。「八歩蟷螂拳」も、その一つです。 この「門派」の歩法には、一部有名な、「箭疾歩」(箭の字は、この字を使う場合と、前という字の下に刀をつける字があるようです)があります。 この歩法は、相手との間合いを、一気に縮める事が出来る歩法だと言えます。 しかし、一般的に言わ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「陳式太極拳」と「楊式太極拳」の「陰」と「陽」!!!

太極拳には、「陰」と「陽」の概念があります。 この「陰」と「陽」という言葉は、色々な意味として使われます。 現代に残る技術書などでも、意味はまちまちです。 当流では、「陳式太極拳」と「楊式太極拳」を練習しています。 「陳式太極拳」は、比較的、「陰」と「陽」のバランスがとれていますが、当流では、「八…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

形意拳の練習!!『武学推拡拳社』の練習法!!

中国武術『武学推拡拳社』では、「河北派」の「形意拳」を練習しています。 名人と呼ばれた「郭雲深」「尚雲祥」と伝えられた系統の「形意拳」です。 練習する「套路」(型)は、中国の古典的な哲学ともいえる、「陰陽五行説」(木、火、土、金、水)に基づいて構成されている「五行拳」(劈拳、鑚拳、崩拳、炮拳、横拳)を中心に練習してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more