テーマ:寸勁

八極拳の複合的技術と招式の形成!!

八極拳を始めとした、中国武術の技術は、単体では存在しません。複合的に多くの技術が集まって、形成されています。 一つの招式(技)を打ち出す場合、多くの技術や秘訣が、内在しているという事です。 それは、基本功から蓄積された、技術の全てだと言えます。 たとえ、拳で打ち出す技であっても、蹴り技で身につけた身法が、内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寸勁と呼ばれる発勁法!!李書文八極拳の寸勁と寸捶!!ブルース・リーのワンインチパンチ!!

寸勁という技術が、中国武術には存在します。「ブルース・リー」が演武した事で有名になった技術だと言えます。 この「寸勁」は、相手と自らの打撃部位が、数センチの距離で打つ事です。 また、当流には、この打撃部位と対象物との間の距離によって、一応の名称があり分類されています。 距離が長い順に、「長勁」「短勁」「寸勁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の馬歩衝捶(中段突き)の練習法の動画!!李書文八極拳の桃提馬歩捶の発勁と寸勁!!中国武術・八極八卦練技拳社・…

八極拳の中段突きである、馬歩衝捶の練習法の動画を、当会のYouTubチャンネルにアップしました。 動画内で練習している形態は、金剛拳(金剛八式)の桃提馬歩捶です。 遠い距離から打ち出す長勁(尺勁)と、短い距離から打ち出される短勁。 数センチの距離から打ち出される寸勁のそれぞれの練習法をご紹介しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お詫び!!

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室の指導員です。 昨日、6月8日の練習は、急遽お休みになってしまい、申し訳ありませんでした。 急遽、練習施設が使えなくなり、ギリギリの連絡となってしまいました。 来週の日曜、月曜共に、予定通りおこないますので、よろしくお願いいたします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寸勁と発勁!!八極拳の打法と発勁の練習法!!

寸勁と呼ばれる技術があります。発勁と呼ばれる、中国武術の技術です。一般的には、拳によって、短い距離から相手を打つ事を言います。 しかし、本来の寸勁の概念は、もっと広い意味として使います。 拳によって短い距離から打つのは、ごく一部の解釈に過ぎません。 寸勁を拳によって短い距離から打つ事とした場合、この練習法は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発勁と呼ばれる中国武術の技法!!勁の意味と寸勁!!

発勁という言葉があります。中国武術で多用される言葉です。この発勁という言葉は、門派(流派)によって、捉え方が異なります。 一般的には、拳などで打ち出す、打撃に使われる事が多く、「寸勁」という、短い距離から打ち出す技法が有名です。 ただ、この「寸勁」という言葉も、拳で短い距離から打ち出すという、限定された概念が一般的で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の練習法!!虎の勢法と五行気!! 通臂功と虎膀!!

八極拳には、虎の勢法と熊の勢法があります。この二種類の勢法がなければ、八極拳の発勁や戦闘法は成り立ちません。 この虎の勢法を運用するためには、八極拳の運気(気功)が必要です。 当道場で練習している、李書文の晩年の八極拳では、五行気と呼ばれる運気法(気功)を練習します。 この五行気と呼ばれる運気法(気功)は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の発勁と寸勁!!!八極小架(小八極拳)の段階練習!!

八極拳には、八極小架(小八極拳)と呼ばれる套路(型)があります。 当道場で練習している、李書文の晩年の八極拳では、この八極小架の練習によって、発勁の能力を高めます。 この場合の発勁という言葉の意味は、一般的に考えられている、技の威力という意味だけではなく、身体の使い方など、複数の意味を持ちます。 技の威力も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極小架(小八極拳)の段階練習法と補足練習法!!!八極拳の発勁(寸勁、短勁、暗勁)!!

八極拳には、複数の套路(型)が存在します。当道場で練習している、李書文の晩年の八極拳には、一つの套路(型)に、複数の段階があります。 例えば、八極小架(小八極拳)には、3つの段階練習があります。 しかし、練習法が、三種類、三段階あるわけではありません。 当道場で練習する八極拳の八極小架(小八極拳)の段階とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極小架(小八極拳)の動画!!!八極拳の発勁(寸勁、短勁、暗勁)の練習法!!

八極小架(小八極拳)の動画を、YouTubeにアップしました。 この八極小架(小八極拳)と呼ばれる套路(型)は、主に、発勁や身法を練習するものです。 今回の動画では、八極小架(小八極拳)の段階的な練習法の一部を公開しています。 一段階と二段階です。 特に、二段階の練習法では、二種類の補足練習法をご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛虎硬爬山の「寸勁」!!!「八極拳」!!「寸勁」の段階練習!!!

八極拳の「六大開拳」の形態は、系統によって様々です。当流の、台湾より伝わった「八極拳」の「六大開拳」には、「猛虎硬爬山」と「按掌寸捶」と呼ばれる技法が含まれています。 この2つの「套路」(型)の形態には、「寸勁」(寸捶)が含まれています。 上記の「套路」(型)で運用する「寸勁」(寸捶)という「打法」は、「拳」を短い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発勁!!!「勁」の分類!!打法としての「発勁」!!!「寸勁」!!!

発勁と呼ばれる技法が、中国武術には存在します。この「発勁」と呼ばれる技法の解釈は、門派(流派)によって様々です。 打法や相手の力を受け流す事など、様々な用途として、この言葉を活用します。 簡単に「発勁」を説明するならば、「勁」を「発する」事だとも言えます。 「勁」をおおざっぱに説明するならば、技術的に発現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虎撲!!八極拳の「六大開拳」の技!!「発勁」や「寸勁」の練習法!!

八極拳には、「虎撲」と呼ばれる技が存在します。当流では、「六大開拳」と呼ばれる套路(型)の一つとして訓練します。 この「虎撲」という技は、両掌で前に打ち出す形態をとります。「形意拳」や「心意六合拳」、「太極拳」などにおいても似た形態の技が存在します。 また、「形意拳」の名人である「郭雲深」は、この技に似た「虎撲子…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

寸勁や発勁と呼ばれる技法

寸勁という技法が中国武術には存在します。発勁と呼ばれる中国武術の技法の一つです。一般的には、この発勁という技法は、相手を打つ特殊な打撃法の事を表す言葉として認識されています。しかし、寸勁という言葉もですが、発勁という言葉は、本来そのような意味だけをさす言葉ではなく、もっと広い意味を持っています。 例えば、「緑」という単語があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の寸勁と発勁、打撃法

寸勁という名前で、日本では有名になった打撃法は、発勁と呼ばれる、中国武術の力の発生方法の一部です。 今回は、この寸勁という打撃法と発勁について、少しお話ししようと思います。 一般的な寸勁のイメージは、数センチという近い距離から拳を打ち出す事だと思います。 しかし、門派にもよりますが、この寸勁という打法は、体…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

猛虎硬爬山と八極拳、六大開拳の技法

猛虎硬爬山は、八極拳の名人である『李書文』が得意とした技です。 当会の八極拳では、六大開拳という套路、型の一つとなっています。 今回は、前に掲載した、この猛虎硬爬山の記事を集めてみました。 下記のリンクよりご覧ください。 ○李書文の猛虎硬爬山○ ○猛虎硬爬山の技法○ 〈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寸勁と発勁、八極拳と太極拳

寸勁と発勁についての記事は、今まで二回しか掲載していませんが、今回まとめてみました。 内容については、『ブルースリー』が示した『ワンインチパンチ』や当会で練習している八極拳の打法についても少し説明しています。 下記よりご覧ください。 ○寸勁とブルースリー○ ○寸勁と発勁○ 〈関連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寸勁と発勁、そしてワンインチパンチ

寸勁とは、『発勁』と呼ばれる技法の一つと、前回の記事でお話しさせていただきました。 今回も、この『寸勁』について、少しお話ししたいと思います。 まず、実際の『寸勁』とは、どのような技なのでしょうか。 それは、門派によって解釈が違います。 例えば、当会の『八極拳』では、『六大開拳』の『猛虎硬爬山』の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寸勁と発勁、そしてブルース・リー

寸勁という名前で、中国武術の『発勁』の技法は、有名になりました。 今回は、この『寸勁』と『発勁』について、少しお話ししたいと思います。 アクション俳優であった『ブルース・リー』は、この『寸勁』をアメリカで紹介する際に、『ワンインチパンチ』と英訳しました。 この『寸勁』という技法は、基本的には『発勁』という技…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more