テーマ:八卦掌

中国武術の練習法!!5段階による、技術的な練習過程 !!

中国武術の技術には、段階が存在します。当流で練習している武術には、「八極拳」「八卦掌」や「太極拳」など、複数の門派がありますが、全ての門派に共通する技術的な段階があります。 これは、各門派の各套路(型)にも、「段階練習法」はありますが、別物であり、全体的な能力としての段階だと言えます。 当流に伝わっている段階は、5段…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術!!!「高手在民間」という言葉の「現在」と「昔」2

中国武術の世界には、「高手在民間」という言葉があります。今回は、この事について、前回の続きです。 「清朝」などの時代では、「武術」の技術が、職業として活用されていました。 このような時代では、「武術家」として、本当に能力のある人間は、「民間」ではなく、「武術」の技術を活用できる職業についていました。 町で「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八卦掌!!!「董海川」「尹福」「宮宝田」の武術!!

八卦掌の創始者は、「董海川」だと言われています。当流の「八卦掌」は、「董海川」「尹福」「宮宝田」と伝えられた系統です。 個人的には、正統を継いでいると、言い難いですが、「董海川」を「八卦掌」の初代とするなら、7代目になります。 通常の「尹福」系統の「八卦掌」は、どちらかというと、直線的な「打法」を運用し、「剛法」的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八卦掌の兵器術!!!「硬手拳」と「八母掌」!!!

八卦掌には、多くの「門派」(流派)や「系統」があります。当流の「八卦掌」は、「尹福」「宮宝田」が伝えた「系統」です。 この当流の「八卦掌」には、「硬手拳」と呼ばれる「套路」(型)があります。 この「套路」は、「応手拳」とも称します。 当流では、この「硬手拳」を使って、「八母掌」を連環運用します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八卦掌と「羅漢拳」の関係!!「八卦拳」という「套路」(型) !!!

八卦掌には、「八卦拳」の訓練過程があります。もちろん、「門派」(流派)によって、訓練カリキュラムは、同一ではありません。 当流の「八卦掌」は、「尹福」「宮宝田」と継承されたものです。 この系統の「八卦掌」の多くは、「羅漢拳」の影響の強い「套路」(型)が、訓練に含まれています。 この訓練過程の全般を「八卦拳」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の「門派」(流派)!!!「門派」の発生!!

中国武術には、多くの門派(流派)が存在します。各門派の「戦闘法」は、同じである事はありません。同じ門派や、同じ名称の「武術」であっても、「戦闘法」は同じではありません。 例えば、同じ「八極拳」という名前の「武術」であっても、系統によって違いがあり、全く別物だと言えます。 また、同じ「門派」や「系統」を学んだ人間であっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の訓練法!!「精神」と「身体」(肉体)の関係性と筋トレ!!

中国武術に限らず、「武術」「闘技」には、「技術」が存在します。これは、「理論」という形で表現される場合もあります。 中国武術などの「東洋の武術」は、「門派」や「流派」として、何代にもわたり、「技術」を継承してきました。 伝承されている「技術」の中には、現代でいう「名人」や「達人」の「技術」や「理論」も残っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の一人稽古!!夏期練習メニュー!!

中国武術『武学推拡拳社』関東武館の指導員です。 中国武術に限った事ではないですが、練習する事は重要です。 俗に言う「一人稽古」と呼ばれるものです。 スポーツ界でも、「練習は裏切らない」という言葉を、良く言います。 というわけで、今回は、私の個人的な「一人稽古」のメニューを、ご紹介しようと思います。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の練習!!一人稽古の構成法!!

中国武術に限った事ではないかもしれませんが、練習する事は重要です。 特に、道場などでの練習だけではなく、俗に言う一人稽古は、少なからず重要だと思います。 スポーツ界でも、「練習は裏切らない」という言葉を、良く言います。 しかし、ただ何も考えずに練習をしても、結果はでません。 練習者の状況に適した内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の技術!!「技術書」と「武術家」の特性 !!

中国武術を、私が学んでいた時期に、師から、良く言われた事があります。 「本を読め」です。 これは、「武術」に関係した本だけとは限りません。 もちろん、「武術」の「技術書」や「理論書」を読む事は、大事だと思います。 しかし、「武術」とは直接関係のない本を読む事も必要だと思います。 これは、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

八卦掌の技法!!!套路(型)!!尹派宮式の「八卦掌」と「羅漢拳」!!!

八卦掌には、多くの門派(流派)が存在します。代表的な門派は、「尹福」が伝えた尹派八卦掌と「程廷華」が伝えた程派八卦掌です。 当流の八卦掌は、「尹福」から「宮宝田」へと伝えられ、護院内部(皇帝の住む、紫禁城の護衛を担う部署)にて伝わってきた「尹派宮式」の八卦掌です。 この系統の八卦掌の技術には、「羅漢拳」が影響を与え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の「套路」(型)練習! !「模倣」から生まれる「個性 」!!

中国武術の練習は、「套路」(型)が中心となっています。これは、現代の「格闘技」などでも、同様です。 ただ、現代の「格闘技」などでは、「象徴的」に構成された「形」ではなく、より「具体的」な「技」の練習から始めます。 例えば、「ジャブ」や「ストレート」などの、短い形態の練習などです。 また、それらを組み合わせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の「技術」!!現代のニーズ!!カスタマイズされる「技術」!!

中国武術は、多くの用途で練習されています。「健康」のため、「スポーツ」として、「伝統武術」として。しかし、元々は、伝統的な「戦闘法」として訓練されてきました。 この伝統的な「戦闘法」である「伝統武術」と、現代の練習者の認識には、隔たりができ始めているのではないでしょうか。 現代で「武術」として、注目されているのは、特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の「套路」(型)!!!「架式」の形態!!!「脚」の形!!

中国武術には、「架式」と呼ばれる技法が存在します。これは、「歩形」などとも呼ばれ、「套路」(型)や「招式」における、「脚」の形態の事を言います。 当流にも、形として定まったものは、10種類以上あります。 また、基本練習の中でも、数種類の形態を練習しています。 それぞれの形態は、両脚の「重心」の配分が異なり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お詫び!!

中国武術『武学推拡拳社』関東武館の指導員です。 先週の金曜日と、昨日の日曜日の練習では、練習生の皆様に、ご迷惑をおかけいたしました。 特に、金曜日の指導を変わりに行って頂いた、Nさんには、ご迷惑をおかけいたしました。 おかげさまで、ケガの方も、大分回復いたしました。 次回の練習からは、通常通りに指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の練習法!!「套路」の学習の意義!!

中国武術には、「套路」(型)の練習があります。当流では、「套路」とは、「理論」を具現化したものだと捉えています。 しかし、「套路」は、そのまま実践し、活用するものではありません。 当たり前の話しですが、実際に「套路」通りに運用する事など出来ません。 それは、2人以上で行う「対打」や「推手」などにも言える事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の技術!!「百戦百勝」を実現する武術!!

中国武術には、多くの「門派」(流派)が存在します。それぞれの「門派」には、訓練体系と、それに属する「套路」(型)が存在します。 その「門派」が体系的にしっかりした伝承を持っているのであれば、理屈上、戦闘に負ける事はなくなります。 戦闘において、上手く運用出来ないのは、その「門派」で要求されている技術体系を、身に付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の「套路」(型)!!!「型」と「形」!!!「型」と「公式」!!!

中国武術の練習には、「套路」(型)練習があります。この「套路」(型)とは「公式」のようなものではないかと思います。 それは、「数学」や「物理学」などで活用される「公式」と、武術で練習されている「套路」(型)には、多くの共通点があるという事です。 どちらも、ただ「文字」や「数字」、或いは、「形」や「動作」の羅列ではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の「放鬆」(ファンソン)!!!西洋的な筋肉トレーニングとの関係性!!

中国武術には、「放鬆」(ファンソン)と呼ばれる技法が存在します。一般的には、力を抜く事だと言われます。 しかし、「放鬆」(ファンソン)と呼ばれる言葉は、ただ力を抜く事ではなく、「余分な力を抜く」という事です。 言い換えるなら、「型」(形)や「技」を形成するのに必要な「力加減」を理解する事だと言えます。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八卦掌の技法!!!「八卦理論」!!「八卦掌」の蹴り技と「八卦腿」 !!!

八卦掌の代表的な「門派」(流派)に、「尹福」が伝えた系統があります。当流の「八卦掌」は、「尹福」から「宮宝田」へと伝えられた系統で、「尹派宮式」の「八卦掌」とも呼ばれる系統です。 しかし、同じ「尹派宮式」の「八卦掌」でも、現在では様々な技術体系に分化しており、一定の体系とは言えません。 そのため教習の内容も様々です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八卦掌の技法!!!「八卦掌」と「八卦拳」の分類 !!「四形八掌」!!!

八卦掌には、多くの門派(流派)が存在しますが、有名な門派は、「程派八卦掌」と「尹派八卦掌」ではないでしょうか。 当流の「八卦掌」は、「尹福」の伝えた「尹派八卦掌」の系統です。 「尹福」、「宮宝田」と伝えられ、台湾を経由して伝わった「八卦掌」を練習しています。 一概には言えませんが、一般的な「尹福派」の「八…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。 ○ブログ村○ 当会に興味のある方は、下記「ホームページ」をご参照下さい。 《動画リンク》 ○中国武術(八極拳、蟷螂拳、太極拳、八卦掌、兵器術)をご紹介した動画○ ○携帯からはこちら○ ○貼山靠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太極拳の段階訓練!!「陳式太極拳」!!!「老架式」と「忽雷架式」の訓練法!!

太極拳には、多くの「門派」(流派)があります。当流に伝わっているのは、主に「陳式太極拳」です。 「陳式太極拳」の中でも、「老架式」「忽雷架式」「新架式」の3派を練習しています。 この3派において、「老架式」と「忽雷架式」については、訓練体系が近いと言えます。 「太極拳」に限った事ではありませんが、「武術」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八卦掌の技法!!「宮宝田」派の八卦掌!!「紫禁城」を守った武術!!

八卦掌を創始した人物は、「董海川」だと言われています。「董海川」には、二人の高弟がいました。「尹福」と「程廷華」です。 「尹福」は、「紫禁城」で皇帝を護衛する部署であった「護院」の長を勤めていました。 この「尹福」には、多くの弟子がおり、その高弟に「宮宝田」がいました。 当流に伝わっている「八卦掌」は、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八卦掌の套路(型)!!!「尹派宮式」の「八卦掌」!!!

八卦掌には、多くの「門派」(流派)が存在します。当流の「八卦掌」は、「尹福」の系統です。また、「宮宝田」へと伝わり、台湾を経由して伝わった系統で、「尹派宮式」とも呼ばれる「門派」となっています。 練習内容は、数種類の「手法」、「走圏」などの「歩法」、「身法」の訓練から始め、「套路」(型)の訓練を行います。 同時に、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術「武学推拡拳社」3月、4月、5月の練習日程!!

中国武術『武学推拡拳社』関東武館の3月、4月、5月の練習日程をご連絡いたします。 〈武術クラス〉 (3月) 3月1日(日) 東板橋体育館 武道場 19時~21時 3月8日(日) 東板橋体育館 武道場 19時~21時 3月15日(日) 東板橋体育館 武道場 19時~21時 3月22日(日)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術「武学推拡拳社」2月、3月、4月の練習日程!!

中国武術『武学推拡拳社』関東武館の2月、3月、4月の練習日程をご連絡いたします。 〈武術クラス〉 (2月) 2月1日(日) 東板橋体育館 武道場 19時~21時 2月8日(日) 東板橋体育館 武道場 19時~21時 2月15日(日) 東板橋体育館 武道場 19時~21時 2月22日(日)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の練習!!「対打」と「変化」!!!「蟷螂拳」と「八卦掌」!!!

中国武術『武学推拡拳社』関東武館の指導員です。 昨日の練習は、出席人数が少なく、参加したメンバーも、上級者2人だけでした。 そのため、少し通常の練習と違った事をしてみました。 その一つに、対打の自由変化をしてみました。 これをスムーズに行うためには、色々な技法運用の「経験」と、自由に変化出来る「身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の最終段階!!「八極拳」「太極拳」「形意拳」「八卦掌」技術の極み!!!

八極拳には、段階的な訓練があります。当流の「八極拳」の高い段階に、「練神骨髄」という段階があります。 これは、「套路」(型)に限らず、無意識下で、「八極拳」の理論によって自由に動ける状態だと言えます。 「八卦掌」には、「変架子」という段階があります。 「八卦理論」に基づき、自由に変化運用する段階で、極まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の一人稽古!!冬季の練習メニュー!!

中国武術『武学推拡拳社』関東武館の指導員です。どうでもいい話しですが、今回は、私個人の一人稽古の内容についてです。 年が明けて、ちょっとの間は、身体をならすために「八卦掌」を中心に練習していました。 これは、練習内容にもよりますが、「八卦掌」という武術が、身体を大きく運用しやすいからです。 年末年始は、ほと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more