テーマ:劈掛掌

八極八卦練技拳社・東京板橋教室の練習風景!!

八極八卦練技拳社・東京板橋教室では、中国武術を練習しています。「八極拳」「劈掛掌」「八卦掌」「太極拳」「蟷螂拳」「形意拳」「兵器術」などです。 下記は、当道場の普段の練習風景です。あまり、うまく撮影できていない画像で申し訳ありません。 連五掌(蟷螂拳) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳と劈掛掌(劈掛拳)の融合!!回族系と漢族系の八極拳!!

八極拳の練習の過程で、劈掛掌(劈掛拳)の練習は、極めて重要です。 しかし、これは、全ての八極拳の門派(流派)に、共通した要求ではありません。 八極拳の門派は、大きく分けて2種類に分類出来ると思います。 回族系、孟村系の八極拳と、漢族系の八極拳です。 現在の日本では、回族、孟村系の八極拳では、呉氏開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の頂肘!!八極拳の肘技の種類!!

八極拳では、肘技が有名です。主に、頂肘という名前で呼ばれます。 また、頂心肘とも言います。 しかし、門派(流派)や系統にもよりますが、本来、八極拳の肘技の全般を、頂肘と呼ぶわけではありません。 細かく分類すれば、頂肘と呼ばれる技は、ある一定の使い方をした場合の呼び方です。 当流の八極拳の肘技では、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

八極拳の六大開拳と劈掛掌(劈掛拳)!!!被身捶と陽鞭手!!!

八極拳には、六大開拳と呼ばれる套路(型)があります。基本的には、開門法を練習する套路(型)だと言えます。 しかし、この六大開拳の形態や、技の運用理論は、どちらかと言うと、制敵法の意味が強いと言えます。 厳密に言うなら、この六大開拳の練習過程で学ぶ、開門理論と、套路(型)の勢法を結びつけていく事が、六大開拳の本来の練習…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

剛柔相済!!!八極拳と劈掛掌の融合!!八卦掌の技法!!!

八極拳に限らず、中国の武術には、剛柔相済という概念があります。 この剛柔相済という言葉は、武術のなかでの、勁力の運用に対する要求を指します。 一般的には、剛勁と柔勁を交互に用いることや、剛勁と柔勁の融合を称します。 八極拳では、主に、柔勁の練習として、劈掛掌を練習します。 多くの八極拳の門派では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劈掛参八極!!!劈掛掌と八極拳の融合!!

劈掛掌には、複数の套路(型)があります。 その中で、「劈掛参八極」と呼ばれる套路(型)があります。 この套路(型)は、通常、「劈掛三路」と呼ばれます。 「劈掛三路」は、劈掛掌に、八極拳を融合させる套路(型)です。 例えば、八極拳で練習する「大八極拳」(二段階)では、通常、劈掛掌の身法を内在させます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劈掛掌のページ!!!八極八卦練技拳社・東京板橋教室のホームページ!!

劈掛掌のページを、中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室のホームページにアップしました。 この、劈掛掌のページでは、劈掛掌の「特徴」や「歴史」について説明しています。 また、「八極拳」との関係についても、一部、説明しています。 下記リンクより、ご覧ください。 〈劈掛掌のページ〉 劈掛掌のページ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劈掛双刀!!!「劈掛掌」の兵器術(武器術) !!!「劈掛刀」!!!

劈掛双刀は、二本の「刀」を両手に一本づつ持って運用する「套路」(型)です。 本来、「劈掛双刀」の「双」という字は、違う字を使いますが、字が出なかったので、簡略化された、上記の漢字を使いました。 この、「劈掛双刀」は、主に、身体能力の向上や、身法の訓練として、行います。 また、実際の使用法としては、左右に一本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劈掛刀の基本功と対打!!!「推手」の練習!!

中国武術、太極拳教室の指導員です。 連絡していた通り、ゴールデンウィーク中の5月4日、5月5日の2日にわたり、特別練習会を行いました。 1日目の参加人数は、5名。 「劈掛刀」の基本功と対打を練習しました。 2日目の参加人数は、4名。 「推手」を中心に、「太極拳」の基本練習と、身体の使い方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劈掛掌の練習!!『武学推拡拳社』の練習法!!

中国武術『武学推拡拳社』で練習している「劈掛掌」は、もともと「八極拳」と相性がよく、弊習することが多い「武術」です。 「劈掛掌」は、「劈掛拳」とも呼ばれ、中国の一部の地域では、比較的ポピュラーな「武術」です。 上方から切り落とす「劈」と呼ばれる技法と、下方から切り上げる「掛」と呼ばれる技法が、中心に構成されています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劈掛掌!!!「劈掛掌」に「八極拳」を融合させる!!!

劈掛掌という武術があります。この「劈掛掌」は、「八極拳」と相性がよく、弊習することが多い「門派」(流派)だと言われています。 元々、「劈掛掌」は、「劈掛拳」とも呼ばれ、中国の一部の地域では、比較的ポピュラーな「門派」です。 上方から、「掌」や「手刀」を切り落とすように使う「劈」と呼ばれる技法と、下方から切り上げるよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳!!!劈掛掌と動物を模した技法!!!

中国武術では動物を模した「套路」(型)があります。「象形拳」などと、呼ばれるものです。 また、各動物の「勢法」は、実際には表に現さない場合もあります。 「八極拳」では、「虎」と「熊」の「勢法」によって運用します。 これは、「虎」や「熊」を模した動きというよりも、それぞれの動物の名前で表した、「身体運用法」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劈掛掌の技法!!「八極拳」との関係性!!!

劈掛掌は、「通背拳」などと同種の「武術」だと言われています。「八極拳」と相性がいい「武術」で、弊習することが多い「門派」(流派)だと言われています。 元々、「劈掛掌」は、「劈掛拳」とも呼ばれ、中国では、比較的ポピュラーな「武術」です。 上方から切り落とす「劈」と、下方から切り上げる「掛」という技術を中心に構成されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の刀法!!「苗刀」について!!「劈掛掌」の刀法!!

中国武術の「苗刀」は、「倭寇」が使った「日本刀」、もしくは「大太刀」をもとに「明」の時代から製造されている「倭刀」です。 また、これらを使う中国の「兵器術」の事を言います。 この「苗刀」は、長さがあるわりに細く、軽量に作られています。 そのため、「苗」のように細長い「刀」という意味で、「苗刀」と呼ばれてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の一人稽古!!冬季の練習メニュー!!

中国武術『武学推拡拳社』関東武館の指導員です。どうでもいい話しですが、今回は、私個人の一人稽古の内容についてです。 年が明けて、ちょっとの間は、身体をならすために「八卦掌」を中心に練習していました。 これは、練習内容にもよりますが、「八卦掌」という武術が、身体を大きく運用しやすいからです。 年末年始は、ほと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劈掛掌!!!「八極拳」と「劈掛掌」の関係性と訓練法!!!

劈掛掌という武術は、「八極拳」と相性がよく、弊習することが多い門派(流派)だと言われています。 元々、「劈掛掌」は、「劈掛拳」とも呼ばれ、中国の一部の地域では、比較的ポピュラーな門派です。 上方から切り落とす「劈」と呼ばれる技法と、下方から切り上げる「掛」と呼ばれる技法が中心に構成されています。 背骨(脊…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

八極拳の練習法!!!「劈掛掌」の技法!!!

八極拳の練習は、基本功によって身体をある程度作った後、打法(発勁)を主に訓練する「小八極拳」という套路(型)から学び始めます。また、「金剛八式」「丁字八歩式」などの単式套路も、同時に訓練します。 次に、「大八極拳」によって攻防技術や身法を訓練します。 「大八極拳」の訓練によって、攻防技術や身法がある程度身に付いた後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳と劈掛掌!!「八極拳」の練習法と「劈掛掌」の套路(型)!!!

八極拳について、当流『武学推拡拳社』の教習法をご説明したいと思います。八極拳では、基本功によって身体をある程度作った後、「小八極拳」という套路(型)によって、打法(発勁)を段階的に学びます。また、「金剛八式」「丁字八歩式」と呼ばれる単式套路によって、これを補完します。 次に、「大八極拳」と呼ばれる套路により、段階的に攻防技術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劈掛掌の套路(型)!!!「劈掛二路」と「劈掛三路」!!

劈掛掌の「劈掛二路」と呼ばれる套路(型)を、前回の新年演武会で演武させていただきました。 当流に伝わる「劈掛掌」において、「劈掛二路」は、中核となる套路です。 全ての「劈掛掌」の套路や訓練法は、この套路をもとに構成されています。 ただ、今回の演武会で行った「劈掛二路」は、アレンジをし過ぎました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劈掛掌の練習法と教習法!!劈掛掌の技、套路(型)

劈掛掌について、当流『八極八卦練技拳社』の教習法をご説明したいと思います。当流では、八極拳の教習を主に行います。この八極拳と相性がよく、弊習することが多い門派(流派)が劈掛掌です。 元々、劈掛掌は、劈掛拳とも呼ばれ、中国の一部の地域では、比較的ポピュラーな門派です。 上方から切り落とす「劈」と呼ばれる技法と、下方から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳と劈掛掌!!!動物を模した中国武術

中国武術では動物を模した套路(型)があります。象形拳と呼ばれるものですが、実際には表に現さない勢法もあります。 八極拳では、「虎」と「熊」の勢法によって運用します。これは、「虎」や「熊」を模した動きというよりも、それぞれの動物の名前で表した身体運用法や運動法則、戦闘法を表しています。 この「虎」と「熊」の勢法により…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の練習法と発勁、劈掛掌の意義

八極拳の力の発生の仕方はいくつかあります。一般的には、この発力の事を発勁と呼びます。 当流における八極拳の発勁の中核になるのは、爆発勁と呼ばれる発勁です。昔は、このような言葉はなく、「爆発するような勁」というような説明をしていましたが、教習の中での必要性から、このような言葉が生まれました。これは、形意拳や心意六合拳などでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劈掛掌の一人稽古

中国武術『武学推拡拳社』の指導員です。個人的な話しですが、最近の一人稽古は劈掛掌を中心に練習しています。 冬場は、劈掛掌のような動きや風格の武術が適しているからです。 なぜ適しているかについては、季節によって人間の身体の活動に違いがあり、このような事を東洋的には気の活動などの言い回しをしますが、詳しくはまたの機会に。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術(八極拳、太極拳劈掛掌など)の一人稽古

中国武術『武学推拡拳社』の指導員です。この間、一人稽古で悠襠(ユウトウ)という練習をそれなりの数をかけて練習しました。 悠襠という練習法は、馬歩站椿に近い姿勢で、重心を左右に移動させる練習です。結構、下半身がキツい練習です。 次の日の夜は指導日でした。普通の感じで練習生の皆さんに指導してましたが、下半身に疲れが残って…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の劈掛掌について!!特徴と歴史(武学推拡拳社)

劈掛掌は、劈掛拳とも呼ばれる武術です。掌を多用することから一般的には劈掛掌と呼ばれることが多いようです。 劈掛掌は、滄州では比較的ポピュラーな門派の一つで、戦闘技法としては、門派の名前の通り、上から切り下ろす「劈」と、下から切り上げる「掛」という二つの技法を中心に運用されます。 背骨を軸としながら、身体を揺動させ柔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劈掛掌、八極拳の動画、前回とは違うタイプのムービーをアップしました。

劈掛掌と八極拳を、ご紹介した動画、ムービーを、前回アップしましたが、今回は別バージョンをアップしました。 中国武術 武学推拡拳社(ブガクスイコウケンシャ)で練習している八極拳と劈掛掌のご紹介は変わっていませんが、前回と違ったBGMにしてみました。 下記リンクよりご覧下さい。 ○劈掛掌と八極拳の動画○ ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳と劈掛掌の動画を新しくアップしました!!

八極拳と劈掛掌を、ご紹介した動画、ムービーを新しくアップしました。 中国武術 武学推拡拳社(ブガクスイコウケンシャ)は、この度新しくホームページを開設しました。 それに伴い、動画も新しくアップしていく予定です。 下記リンクよりご覧下さい。 ○八極拳と劈掛掌の動画○ ○携帯からはこちら○ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劈掛掌のページをアップしました。

中国武術『武学推拡拳社』のホームページに、劈掛掌の紹介ページをアップしました。 内容は、劈掛掌の特徴、劈掛掌の歴史、当会の系統などの内容となっています。 下記リンクのホームページより、拳種のページの劈掛掌をご覧下さい。 【ホームページ】 http://bugaku-cma.com/ 〈関連記事リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more