テーマ:東京都北区

中国武術『武学推拡拳社』新年演武会!!

中国武術『武学推拡拳社』の指導員です。 去る1月6日に、新年の演武会を開催しました。例年通りに、練習の発表会みたいな感じですが。 今回の参加者は8名。演武した套路(型)は、下記の通りです。 皆さんお疲れ様でした。今回も、撮影した動画をDVDにする予定ですので、お楽しみに。 《演武内容》 (八極拳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の技術と套路(型)!!「六大開拳」について!!

八極拳の教習は、套路(型)によって行われ、形と技法から、八極拳に必要な身法や技術を学びます。また、一つの門派で複数の套路を練習します。これは套路によって学ぶべき要求が違うからです。例えば、発勁と呼ばれる、技の威力を主に養成するための套路や、制敵法を扱うための身法を養成するための套路もあります。 当流の八極拳で訓練する套路で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初詣

中国武術『武学推拡拳社』の指導員です。 全然関係ない話しですが、昨日1月1日に初詣に行ってきました。 祖父の時代から参っているみたいで、なんとなく今年も毎年行ってる出雲大社に参ってきました。 と言っても、大阪の南の方にある大阪分詞ってとこですが。 《動画リンク》 ○八極拳の練習法○ ○携…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

明けましておめでとうございます。中国武術『武学推拡拳社』の指導員です。 『武学推拡拳社』も、独立して運営し始めて一年以上が立ち、なんとか組織として安定してきたのではないかと思います。 これも、御尽力いただける方々や、練習生の皆様のおかげと考えております。 本年度も、より一層の発展のため、全力で指導、運営を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の一人稽古について!!

中国武術には、対打などの2人で行う訓練以外に、1人でも訓練出来る套路(型)や練功が存在します。 1人稽古を行う場合、これらの套路(型)や練功を行う訳ですが、思い付きで訓練しても効果は薄いと思います。 1人稽古の構成としては、主に訓練する套路(型)、或いは練功が1つと、それを補うものが1~2種類といった感じが良いと思い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

新年演武会!

中国武術『武学推拡拳社』の指導員です。年末の稽古の時にも告知しましたが、年明けの1月6日の初稽古に、恒例の新年演武会を開催いたします。 まあ、いつも通り会員だけの内輪の発表会のような感じですが。 演武を行うかどうかは自由です。参加できそうな方はご参加下さい。 また、当日、会員の方は演武に参加しなくても、見学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日12月2 3日の練習について!

中国武術『武学推拡拳社』の指導員です。本日は、本年度最後の練習日となります。 武術クラスでは、練習を8時過ぎぐらいで終了し、忘年会を行おうと考えています。 練習中に参加の出欠をとりますので、時間のある方はご参加下さい。 〈連絡先〉 TEL (09098331246) mail メール送信はこちら
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳、蟷螂拳の動画紹介!!

中国武術『武学推拡拳社』では、八極拳、蟷螂拳、八卦掌、太極拳、劈掛掌、形意拳、兵器術などの武術を練習しています。 今回は、当会からYouTubeにアップしている動画の中から、「八極拳」と「蟷螂拳」の動画を中心にご紹介します。 下記は、八極拳の動画となっています。「頂肘」や「貼山靠」、「金剛八式」などの技法をご紹介して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の発勁!!!「明勁」と「暗勁」と「化勁」

中国武術には発勁と呼ばれる技法が存在します。この発勁には色々な種類や分類がありますが、一つの分類方法に「明勁」「暗勁」「化勁」の三種類の分類があります。 門派や系統によりますが、一般的には、これらは打法の距離や力を受け流す事と考えられていますが、当流では少し違った考えをします。例えば、明勁についての解釈について、一部をご紹介…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の正式弟子(拝師弟子)と学生

中国武術を学ぶ者は、(現代ではこのように分ける団体は少ないですが)伝統的には正式弟子と学生の二種に別れます。正式弟子の事を「拝師弟子」という場合もあります。日本人に馴染み深い言い方で表すなら「内弟子」という言葉が一番近い言葉だと思います。 では、この正式弟子と学生にはどのような違いがあるのでしょうか。色々な意味がありますが、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

太極拳、中国武術の練習による腰や膝の故障

中国武術や、健康を目的とした太極拳の練習で体を痛める場合があります。特に膝や腰を痛める事が多いようです。また、内功などの練習により内蔵に負担がかかる場合もあります。 この原因の1つは、体の歪みなどから、基準姿勢を守れていないために、特定の部位に負担が掛かった事が原因だと思います。 しかし、武術として、太極拳を含む中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳と劈掛掌!!!動物を模した中国武術

中国武術では動物を模した套路(型)があります。象形拳と呼ばれるものですが、実際には表に現さない勢法もあります。 八極拳では、「虎」と「熊」の勢法によって運用します。これは、「虎」や「熊」を模した動きというよりも、それぞれの動物の名前で表した身体運用法や運動法則、戦闘法を表しています。 この「虎」と「熊」の勢法により…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術と陰陽五行説!!八極拳、形意拳などにおける「五行」

中国武術の技術体系には、しばしば中国の古典や哲学、思想などの用語が出てきます。中国文化圏で発展してきた武術であれば、中国の文化や哲学、古典などの影響を受ける事は当然の事です。 「陰陽五行説」も中国文化圏では、古代から存在する思想の1つと言えます。 この「陰陽五行説」を使い武術の技法を説明している門派も多く存在します。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

中国武術の「原理」と「用法」、八極拳と蟷螂拳の套路(型)

中国武術の各門派には、套路(型)が存在します。それぞれの套路には、訓練する目的があります。この訓練目的を大きく分ければ、「原理」と「用法」に分類出来ると思います。 「原理」を示す套路とは、その門派の戦闘法において必要な運動法則や身体の使い方。あるいは、制敵法を単純な形態において示した套路と言えます。 これらの套路は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神田古本まつり!!!「八卦掌」の資料

先週、神田の古書店街に行ってきました。たまたま古本祭りというイベントの最中でした。 もともと欲しい本があって行ったのですが、目当ての店以外の店も、ついでに見て周りました。 今回、購入した本は、「八卦掌」の資料です。前に来た時に購入しようか迷って、結局購入しなかった本ですが、今回は迷わず購入しました。 内容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八卦掌の技、套路(型)!!尹福派の八卦掌と羅漢拳

八卦掌と呼ばれる門派の中でも「尹福」や「宮宝田」の系統では、「羅漢拳」の影響を強く受けた套路(型)も訓練します。これは、前回ご紹介した、柔法の風格が強い套路を訓練するだけでは、不十分な部分が生じるためです。 つまり、八卦掌という門派のみを学ぶなら、「羅漢拳」の影響を強く受けた套路を、同時に学ぶ事によって、始めて当流の八卦掌は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八卦掌の技、套路(型)!!尹福派、宮宝田派の八卦掌

八卦掌には、多くの門派が存在します。代表的な門派は、「尹福」が伝えた系統と「程廷華」が伝えた系統です。当流の八卦掌は、「尹福」から「宮宝田」へと伝えられ、護院内部にて伝わってきた系統です。 この系統の八卦掌の技術には、「羅漢拳」が影響を与えています。これは、「尹福」「宮宝田」の二人が、元々「羅漢拳」を学んでいたからだと云われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の蹴り技!!サイドキック!!

中国武術には様々な蹴り技が存在します。套路(型)の動作の中にも、これらの蹴り技は含まれています。今回は、俗にサイドキックと呼ばれる蹴り技の形の意味と、使用目的について当流における考え方をお話しようと思います。 基本的に、当流の蹴り技は、相手の腰より上の部位を狙う事をほとんどしません。もちろん、套路(型)や、基本練習などでは高…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

八卦掌!!尹派宮式の套路(型)と「小開門拳」

八卦掌の代表的な門派に、「尹福」が伝えた系統があります。当流の八卦掌は、「尹福」から「宮宝田」へと伝えられた系統で、「尹派宮式」の八卦掌とも呼ばれる系統です。 しかし、同じ「尹派宮式」の八卦掌でも、現在では様々な技術体系に分化しており、一定の体系とは言えません。そのため教習の内容も様々です。 当流の「尹派宮式」の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

写真コレクション 2012 秋

《動画リンク》 ○八極拳の練習法○ ○携帯からはこちら○ ○貼山靠(八極拳)の動画○ ○携帯からはこちら○ 〈関連記事リンク〉 ○武学推拡拳社のご紹介○ ○入会案内の記事○ ○練習内容の記事○ ○練習する拳種と套路○ 〈連絡先〉 TEL (09098331246) mail メール送信…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

八極拳《武学推拡拳社》練習生、募集中!!

八極拳武学推拡拳社では、随時、練習生を募集しています。未経験の方でも、基本から練習をしますので、安心して参加できます。 〈練習内容〉 八極拳(李書文系) 【小八極拳、大八極拳など】 劈掛掌(李書文系) 【劈掛一路、劈掛二路など】 太極拳(陳式、楊式) 【老架式、忽雷架、24式など】 八卦掌(尹派…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連絡!!

中国武術『武学推拡拳社』の明日、10月7日(日)の練習は、一般解放の時間を使って練習します。 体育館のイベントにより、貸切ではなく、武道場が一般開放のみの使用になるためです。 金曜日の練習時と同じですが、使用料は無料です。体育館フロントにお声がけ下さい。 時間と場所は、下記、通常通りとなっています。また、健…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術『武学推拡拳社』ホームページ完成!!

中国武術『武学推拡拳社』のホームページが完成しました。 今回新しく追加したページは、写真館ページです。「劈掛掌」「八卦掌」「太極拳」「蟷螂拳」「形意拳」「武器術」のページを新しく追加しました。 この写真館のページは、各門派の套路(型)や技法を、写真でご紹介するページとなっています。 下記ホームページのアド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術『武学推拡拳社』HPに八極拳の写真館ページを追加

中国武術『武学推拡拳社』のホームページに新しく「写真館」ページを追加しました。 今回追加したページは、八極拳の写真館ページです。 八極拳の代表的な套路(型)の「大八極拳」「小八極拳」「六大開拳」の写真や、対打の写真などを掲載しています。 下記ホームページのアドレスの「写真館」ページからご覧下さい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳「六大開拳」の練習法

八極拳には「六大開拳」と呼ばれる套路(型)があります。この套路は、開法原理とも呼ばれる技法を訓練するためのものです。つまり、制敵法の訓練のための套路です。 この制敵法の原理は、極めて簡素なものです。簡素だからこそ実戦性が高く、応用範囲を広める事が出来ます。 しかし、これらの技法を運用するためには、それに伴った身体と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術『武学推拡拳社』HPに蟷螂拳、形意拳、兵器のページを追加

中国武術『武学推拡拳社』のホームページに新しくページを追加しました。 今回追加したページは、「蟷螂拳」「形意拳」「武器術」の3つのページです。 各ページは、特徴、歴史などの説明と写真で構成されています。 下記ホームページのアドレスの拳種ページからご覧下さい。 〈ホームページアドレス〉 ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬歩(騎馬式)、中国武術の基準姿勢

中国武術の站椿功の練習において、中心になるものは、当流では騎馬式(馬歩)と呼ばれる歩形です。 門派によって、同じ騎馬式(馬歩)でも細かい要求は違います。 今回は、当流の騎馬式(馬歩)の基準についてお話ししようと思います。 基本的に、当流の騎馬式(馬歩)には、多くの要求が存在しており、この要求を段階的に訓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の技!!「崩捶」

八極拳には、「崩捶」と呼ばれる技法が存在します。 技の形態としては、腕部を下方から上方に振り上げる形態をとります。 套路(型)として、「金剛八式」や「六大開拳」などに含まれる技です。 この技法に含まれる「崩」とは、類似した発力法に蟷螂拳の「弾勁」があります。 これは、ボールが弾む時のような力で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蟷螂拳の練習法!!!他派との関係性

蟷螂拳は、18門派の武術をもとに創始されたと云われています。そのため、蟷螂拳の套路(型)のなかには、多くの技法や形が含まれています。 形だけなら、中国に現存する武術のほとんどが網羅されているとさえ云われます。 そのため、当流では初心者に教習を行う時には、この蟷螂拳の教習から初めます。それは、初めのうちに色々な形を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の技と套路「六大開拳」と「六大開変化」

八極拳の「六大開拳」という套路(型)の形態は、極めて簡素に構成されています。それは、複雑な形態だと変化させにくく応用性がなくなってしまうためです。 単純な形態の中に、原理を内包させる事によって、その時の状況によって形態を変化させます。 高級技法を内包していると云われる形意拳が、五行拳を母体として変化する事で運用する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more