テーマ:東京都北区

形意拳の特徴!!!単純な形態を持つ武術!!

形意拳は、一般的に五行拳(劈拳、鑚拳、崩拳、炮拳、横拳)という陰陽五行説の五行で表した五種類の単式(1~2動作の短い型)を母体とした拳法です。 その応用変化として、十二形拳(龍形拳、虎形拳、猴形拳、馬形拳、黽形拳、鶏形拳、鷂形拳、燕形拳、蛇形拳、鳥台形拳、鷹形拳、熊鷹合形拳)と呼ばれる十二種類の動物をかたどった象形拳を基本と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頂肘!!八極拳の六大開拳!!「挑打頂肘」の訓練法!!

頂肘と呼ばれる技法が、「八極拳」には存在します。「頂心肘」とも呼ばれる技法です。この技法は、肘打ちの形態をとります。 当流の「八極拳」の「六大開拳」には、「挑打頂肘」と呼ばれる技法が存在します。 この技法も、「頂肘」や「頂心肘」と呼ばれる、肘打ちと同じ形態をとります。 しかし、「六大開拳」の「挑打頂肘」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八卦掌の特徴と歴史!!!「八卦掌」!!柔軟で千変万化な武術!!

八卦掌は、中国の古典哲学とも言える「易」の「八卦思想」を根本原理に持つ武術です。一見踊っているような柔らかい動きと、千変万化に変化する戦闘法が特徴的です。 「八卦掌」には、多くの門派(流派)、系統がありますが、ほとんどの門派で、8種類の単式の套路(型)があります。 この単式の套路を中核として、戦闘法が構成されていま…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

貼山靠!!!八極拳の「六大開拳」の技法!!「靠法」体当たり!!!

貼山靠という技法が、「八極拳」には存在します。基本的には、体当たりの形態をとります。 当流においては、「六大開拳」と呼ばれる開法原理や制敵法を内包している套路(型)の始めに学ぶ技です。 この「貼山靠」は、一般的には体当たりとして使うと考えられています。 しかし、当流においての「貼山靠」は、体当たりではあり…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国武術と「気」の運用!!「千手観音」の腕!!

中国武術には、「気」という概念があります。これは、門派(流派)や系統によって考え方が違います。当流の考え方の1つとして、意識と動作の協調を、このような言葉を使って表す場合があります。 つまり、身体の全ての部位、動作に意識を通わせるという事です。 このような意識と動作の協調訓練は、当流では、中級者レベルから訓練を開始…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の気功!!「運気」や「内功」の練習法!!「丹田」との関係性!!

中国武術には、運気や内功などと呼ばれる技法が存在します。もちろん、一般的に「気」と呼ばれる、神秘のスペシャルパワーのようなものが存在する訳ではありません。 おおざっぱに言うなら、普段使わないような身体の各部を、きめ細かに運用、統一する事で力を発生する事だと言えます。 この運気や内功の力の出発点は、基本的には「丹田」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の戦闘術理!!複数の武術門派(流派)を学ぶという事!!

中国武術の道場では、複数の門派(流派)を教習している場合があります。当会においても、「八極拳」「太極拳」「八卦掌」「蟷螂拳」「形意拳」「劈掛掌」などの複数の門派を練習しています。 しかし、これらの門派は、別々の技術体系によって運用する訳ではありません。 むしろ、これら複数の門派は、同じ一つの戦闘形態によって成り立っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の戦闘法!!!応敵法と制敵法!!!

中国武術の戦闘には、応敵法と制敵法が存在します。応敵法とは、相手の攻撃に対して、かわす、ブロック或いはカウンターを合わせるなどによって応じる事です。制敵法とは、相手を制する事です。 通常の戦闘や、対打練習などは応敵法を訓練するものがほとんどです。しかし、中国武術の技や型を運用するためには、制敵法が運用できる必要があります。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国武術「武学推拡拳社」関東武館の特性

中国武術には、門派(流派)や系統によって特化した技法が存在する場合があります。 それが、その武術の戦闘法や風格を決定するとも言えます。当流の武術は、比較的、打法に特化していると言えます。 しかし、元々の当流の技法全体で言えば、得手不得手はありません。 打法だけでなく、投げ技や関節技など、バランスの取れた体…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国武術「武学推拡拳社」で練習する武術!!

中国武術『武学推拡拳社』では、「八極拳」「劈掛掌」「太極拳」「八卦掌」「蟷螂拳」「形意拳」の6門派(流派)の武術を訓練しています。 練習者の希望により、各門派を専門的に訓練します。 また、練習者の特性によって、複数の門派を訓練する事により、多角的な技術の習得を目指す教習を行う場合もあります。 初心者でも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術のニーズ!!カスタマイズされる技術!!

中国武術は、現代では多くの用途で練習されています。健康のため、スポーツとして、伝統武術として。しかし、元々は、伝統的な武術として訓練されてきました。この伝統武術と、現代の練習者には、隔たりができ始めているのではないでしょうか。 現代で武術として、注目されているのは、特定の訓練法や、身体運用法ではないかと思います。 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の教習法!!技術をリアルに伝えるために!!

中国武術に限った事ではないかもしれませんが、武術を教習していると、教える事に慣れてきます。これは教習するためのテクニックが向上していくためですが、教習法が形式化していっているとも言えます。 形式化した教習法は、理論的で完成されていますが、教わっている側には伝わらない場合があります。 これは、人が伝えるというリアルさ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

八極拳の一撃必殺!!一撃必殺の打法や「寸勁」!!

八極拳の名人「李書文」は、多くの他流試合で一撃で相手を倒したそうです。その時に使われた打法かどうかは解りませんが、当流に伝わる一撃必殺の打法の打ち方を、ご紹介します。 爆発勁→爆炸勁→浸透勁→透発勁 上記の発勁の流れを0.5秒くらいで打ってみて下さい。これでバッチリです!!(笑) 〈連絡〉 上記の文章と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の「技名」と「学名」! !「頂肘」と「黒熊盤肘」

中国武術には、多くの技が存在します。これらは、套路(型)の中では招式などとも呼ばれ、それぞれの技に名前がついています。当流の「八極拳」や「八卦掌」の一部においては、この技の名前にも2種類があります。 「技名」と「学名」と呼ばれる2種類の名前です。つまり、1つの技、形に2種類の名前が存在するという事です。 「技名」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の身法!!「亀腹」と丹田について!!

中国武術には、多くの身法が存在します。一つの門派(流派)、系統の中でも、複数の身法が存在し、訓練法も様々です。当流にも、複数の身法が存在し、上級者には3種類の身法を教習します。 その一つに「亀腹」と呼ばれる身法が存在します。これは、丹田の運用法の一つです。 この技法を、始めから教習しない理由は、教習しても意味をなさ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の訓練とインターネットの活用法!!

中国武術が一般的に訓練されるようになって、現在ではインターネット上を検索すれば、多くの動画や情報を手に入れる事が出来ます。しかし、この手軽に情報を集められる状況は、武術を訓練している人間にとって、弊害もあたえているのではないかと思います。 中国武術に限った事ではないかもしれませんが、武術の門派(流派)の技術を習得するには、純…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の特性と蟷螂拳の特性!!!

八極拳と呼ばれる武術は、門派(流派)にもよりますが、套路(型)の数が多い門派ではありません。 当系統の八極拳は、特に少ない練習構成となっています。 もちろん、練習する套路は、下記以外にも存在しますが、中心的に訓練する套路は、「小八極拳」「大八極拳」「六大開拳」の3種類の套路です。 これらの套路は、八極拳と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の原理と型稽古

中国武術が日本で盛んに練習されるようになって、数十年がたつのではないかと思います。その過程で、練習者の興味は多様に変遷してきたのではないかと思います。 初期段階では、套路(型)を学んだ数がステータスだったようです。 現在では、どちらかと言うと、身体の運用法や原理の部分に、練習者の興味が集まっているように思います。 …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

劈掛掌の練習法と教習法!!劈掛掌の技、套路(型)

劈掛掌について、当流『八極八卦練技拳社』の教習法をご説明したいと思います。当流では、八極拳の教習を主に行います。この八極拳と相性がよく、弊習することが多い門派(流派)が劈掛掌です。 元々、劈掛掌は、劈掛拳とも呼ばれ、中国の一部の地域では、比較的ポピュラーな門派です。 上方から切り落とす「劈」と呼ばれる技法と、下方から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形意拳の練習法と教習法!!形意拳の技、套路(型)

形意拳について、当流『武学推拡拳社』の教習法をご説明したいと思います。当流では、河北派の形意拳において名人と呼ばれた「郭雲深」「尚雲祥」と伝えられた系統の形意拳を練習しています。 練習する套路(型)としては、中国の古典的な哲学ともいえる、陰陽五行説に基づいて構成されている「五行拳」(劈拳、鑚拳、崩拳、炮拳、横拳)を中心に訓練…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蟷螂拳の練習法と教習法!!蟷螂拳の技、套路(型)

蟷螂拳について、当会『八極八卦練技拳社』の教習カリキュラムをご紹介したいと思います。当流で練習している蟷螂拳は、「七星蟷螂拳」「八歩蟷螂拳」「秘門蟷螂拳」「六合蟷螂拳」の4派となっています。 しかし、各門派(流派)をそれぞれに訓練するというより、それぞれの門派を訓練用途によって、使い分けるような教習を行います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八卦掌の練習法と教習法!!八卦掌の技、套路(型)

八卦掌について、当流『武学推拡拳社』の教習法をご説明したいと思います。当流の八卦掌は、「尹福」「宮宝田」と伝わり、台湾を経由して伝わった系統で、「尹派宮式」とも呼ばれる門派となっています。 教習では、基本的に数種類の手法、走圏などの歩法、身法の訓練から始め、套路(型)の訓練を行います。同時に「八母掌」の訓練も行います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太極拳の練習法と教習法!!太極拳の技、套路(型)

太極拳について、当流『武学推拡拳社』の教習法をご説明したいと思います。当流で練習している太極拳は、「陳式太極拳」と「楊式太極拳」の2派となっています。これらは、台湾経由で伝わった系統の太極拳です。 訓練方法としては、基本功の訓練の後に、手法、歩法と套路(型)、数種類の推手の訓練を行います。 「陳式太極拳」で訓練する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の練習法と教習法!!!八極拳の技、套路(型)

八極拳について、当流『武学推拡拳社』の教習法をご説明したいと思います。八極拳では、基本功によって身体をある程度作った後、「小八極拳」という套路(型)によって、打法(発勁)を段階的に学びます。また、「金剛八式」「丁字八歩式」と呼ばれる単式套路によって、これを補完します。 次に、「大八極拳」と呼ばれる套路により、段階的に攻防技…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の基本功と技!!!「捶法」「腿法」「架式」

中国武術の基本功について、当流『武学推拡拳社』の教習法をご説明したいと思います。中国武術には、多くの門派(流派)が存在します。当流でも、「八極拳」「太極拳」「八卦掌」「蟷螂拳」「劈掛掌」「形意拳」など、複数の門派を練習しています。これらの複数の門派から多角的に原理を発見していく訳ですが、前段階として基本功によって、基礎的な身体を作るとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の打法(発勁)!!一撃必殺!!神槍「李書文」の技法

八極拳は、他派に比べて技の威力に対する要求が高い門派(流派)だと言われています。当流の八極拳の先師であり、神槍とも呼ばれた「李書文」は、他流試合において、何度も一撃で相手を倒したと伝えられています。 また、その方法には、相手が打ってくるのと同時に打ち出す技もあり、当流にも、その技法が伝わっています。 しかし、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八卦掌の技法「両儀」「四象」「八卦」

八卦掌は、中国の古典である「易」に大きな影響を受けている門派だと言えます。そのため、技術解説では「易」の用語や理論を活用する事が多々あります。 八卦掌では、「易」で活用される「両儀」「四象」「八卦」という用語を活用して、技法や身法、制敵法を説明しています。 「両儀」とは、「太極」が2つに分化したものです。例えば、身…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

写真コレクション2013新春

《動画リンク》 ○八極拳の練習法○ ○携帯からはこちら○ ○貼山靠(八極拳)の動画○ ○携帯からはこちら○ 〈関連記事リンク〉 ○武学推拡拳社のご紹介○ ○入会案内の記事○ ○練習内容の記事○ ○練習する拳種と套路○ 〈連絡先〉 TEL (09098331246) mail メール送信…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大阪ミナミ、道頓堀あたりの写真

大阪ミナミ、難波駅近くの道頓堀あたりの写真です。前回に続いて、今回も年末年始に関西に帰った時に撮った写真です。 有名なナンパ橋にある『グリコの看板』。 下の写真は、橋の下の写真。昔はこんなキレイではなかったと思うんですが、なんかムーディーになってました。 そして、これも有名な『かに道楽』の看板です。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大阪ミナミ、難波駅の周辺

大阪ミナミ、難波駅の近くの、学生時代によく食べに来ていたラーメン屋の写真です。懐かしい! 年末に関西に帰った時、近くまで行ったので、よってみました。 下の写真は、隣りにある『難波グランド花月』の写真!! で、その斜め前にある『NMB48劇場』の写真。 去年、前を通った時に、こんなトコにできたのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more