テーマ:形意拳

形意拳の特徴!!八極八卦練技拳社・東京板橋道場の形意拳と練習法!!

形意拳とは、五行拳(劈拳、鑚拳、崩拳、炮拳、横拳)という単式の套路(型)を母体とする、実戦的な武術です。 槍の使い方(槍術)から生まれたとも言われ、跟歩という前方に大きく踏み込む歩法が特徴的です。 当会の東京板橋教室で練習している形意拳は、河北派形意拳の姫際可より始まり、李洛能、李存義、尚雲祥と続く系統で、比較的古伝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極八卦練技拳社・東京板橋教室! !!お知らせページ追加!!

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室のホームページに、お知らせページを追加しました。 この、お知らせページでは、この「武学的ブログ」と同じく、練習日時のお知らせや、連絡などを掲載していく予定です。 また、この「武学的ブログ」には掲載しない、技術解説も行う予定です。 ホームページのお知らせページも、ご確認…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

形意拳のページ!!!八極八卦練技拳社・東京板橋教室のホームページ!!

形意拳のページを、中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室のホームページにアップしました。 この、形意拳のページでは、形意拳の「特徴」や「歴史」について説明しています。 また、形意拳の歴代の名人たちもご紹介しています。 下記リンクより、ご覧ください。 〈形意拳のページ〉 形意拳のページ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形意拳の創始者!!!神拳「李洛能」!!!

形意拳の創始者は、清朝末期の名人で、「神拳」や「神拳李」とも称された「李洛能」(李飛羽、李能然とも呼ばれている。)といわれています。 異説はありますが、「形意拳」は、「李洛能」が商用で、山西省小韓村に訪れた際に、名家であった「戴氏一族」の「戴龍邦」より、「戴氏心意拳」を学び、大成後、独自の創意工夫により、作られたといわれていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形意拳の「套路」(型)!!!動物を模した「十二形拳」!!!

形意拳の練習では、「五行拳」という「陰陽五行説」で表した、五種類の「単式」(1~2動作の短い型)の「套路」(型)を行います。 次に、その応用変化として、「十二形拳」を練習します。 この「十二形拳」という「套路」(型)は、12種類の動物を模して、形成されています。 このような「套路」(型)の事を、「象形拳」な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形意拳の名人!!!「郭雲深」と「尚雲祥」!!!

形意拳の名人と言われた「郭雲深」は、河北省深県の生まれで、一説によれば、貧しい鋳物鍛冶の家に生まれたと言われています。 後に「李能然」の門下に入り「形意拳」の教授を受けました。 彼は、多くの他流試合を経験し、敵に半歩踏み込んで「五行拳」の「崩拳」を発するだけで敵は皆倒れた為、「半歩崩拳、あまねく天下を打つ」と賞賛され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形意拳の練習!!『武学推拡拳社』の練習法!!

中国武術『武学推拡拳社』では、「河北派」の「形意拳」を練習しています。 名人と呼ばれた「郭雲深」「尚雲祥」と伝えられた系統の「形意拳」です。 練習する「套路」(型)は、中国の古典的な哲学ともいえる、「陰陽五行説」(木、火、土、金、水)に基づいて構成されている「五行拳」(劈拳、鑚拳、崩拳、炮拳、横拳)を中心に練習してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形意拳の技法!!「五行拳」「十二形拳」「四把捶」の練習!!!

形意拳は、「五行拳」(劈拳、鑚拳、崩拳、炮拳、横拳)という「陰陽五行説」の「五行」で表した五種類の「単式」(1~2動作の短い型)を母体とした「武術」です。 その変化として、「十二形拳」(龍形拳、虎形拳、猴形拳、馬形拳、黽形拳、鶏形拳、鷂形拳、燕形拳、蛇形拳、鳥台形拳、熊鷂合形拳)と呼ばれる十二種類の動物をかたどった「象形拳」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の練習法!!「八極拳」の言葉!!「千招あるをおそれず、一招熟するをおそれよ」!!!

八極拳や「形意拳」、「心意六合拳」などの伝承には、「千招あるをおそれず、一招熟するをおそれよ」という言葉があります。 特に、当流は、「神槍・李書文」の系統の「八極拳」を練習しているため、このような言葉を重要視します。 上記の言葉は、一般的には、数多くの技を覚えるより、一つの技に熟達する事を言います。 しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の最終段階!!「八極拳」「太極拳」「形意拳」「八卦掌」技術の極み!!!

八極拳には、段階的な訓練があります。当流の「八極拳」の高い段階に、「練神骨髄」という段階があります。 これは、「套路」(型)に限らず、無意識下で、「八極拳」の理論によって自由に動ける状態だと言えます。 「八卦掌」には、「変架子」という段階があります。 「八卦理論」に基づき、自由に変化運用する段階で、極まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形意拳の套路(型)!!!特徴と名人、歴史!!!

形意拳の特徴は、一般的に「五行拳」(劈拳、鑚拳、崩拳、炮拳、横拳)という「陰陽五行説」の五行で表した五種類の「単式」(1~2動作の短い型)を母体とした拳法です。 その応用変化として、「十二形拳」(龍形拳、虎形拳、猴形拳、馬形拳、黽形拳、鶏形拳、鷂形拳、燕形拳、蛇形拳、鳥台形拳、熊鷂合形拳)と呼ばれる十二種類の動物をかたどっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形意拳の練習!!「十二形拳」と呼ばれる套路(型)!!!

形意拳を練習生に、教習しています。最近、練習生の一人に「十二形拳」の教習をしていますが、私自身、この練習をするのは、久しぶりです。 当流で練習している「八極拳」は、大陸などで練習されている、一般的な「八極拳」と違い、「内家拳」の影響が強いと言われています。 そのため、一般的な「八極拳」より、「運気」や「勢法」、「運用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形意拳の練習法!!!特徴と歴史のご紹介!!!

形意拳は、「内家拳」と呼ばれ、「太極拳」や「八卦掌」と共に、内功を重視した「内家三拳」とも呼ばれる門派の一つと言われます。 中国武術のなかでも、その攻防原理と発勁技術において、高級な技術体系を内包した門派です。 「形意拳」は、中国の明末~清朝初期に、山西省の「姫際可」が槍術の技法を元に開発した武術だと云われています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の基本功!!「蟷螂拳」と「形意拳」について !!

中国武術の基本功について、当流『八極八卦練技拳社』の教習法をご説明したいと思います。中国武術には、多くの門派(流派)が存在します。当流でも、「八極拳」「太極拳」「八卦掌」「蟷螂拳」「劈掛掌」「形意拳」など、複数の門派を練習しています。これらの複数の門派から多角的に原理を発見していく訳ですが、前段階として基本功によって、基礎的な身体を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

形意拳の教習内容!!現代メディアにおける形意拳!!

形意拳は、現在「太極拳」や「八卦掌」と共に教習される事が多く、このことから、一般にも知られるようになって来ているようです。 しかし、体系や型の動作があまりにも簡素なため、ある程度の中国武術や伝統武術の経験がある者以外には理解されずらく、動きの地味さからテレビ、映画などでは取り上げにくい部分があるようです。 しかし、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

形意拳の歴史!!形意拳の名人達!!

形意拳には、多くの名人がいます。下記にその一部をご紹介したいと思います。 〈姫際可〉 〈戴龍邦〉 〈李洛能〉-形意拳の開祖であり、「神拳李」とも呼ばれた名人。商用で山西省小韓村に訪れた際に「戴龍邦」より「戴氏心意拳」を学び、形意拳を作る。一時期護院(ボディーガード)の職を務め、その際に「車永宏」「宋世栄」などに形意…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「真夏の方程式」ミステリー小説と中国武術!!

形意拳の記事を連載している最中ですが(形意拳の記事は、あと二回掲載予定です。)、個人的に現在ミステリー小説を読んでいます。 厳密には、ちょっと前に一冊読み終わったところです。 読み終わったのは、「真夏の方程式」東野圭吾著です。 昔から、ミステリー小説はたまに読みます。 前から、個人的に思っていた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

形意拳の歴史!!形意拳の特徴!!!

形意拳の創始者は、清朝末期の名人で、「神拳」とも称された「李飛羽」(李洛能、李能然とも呼ばれている。)といわれています。 異説はありますが、形意拳は李洛能が山西省の名家であった戴氏一族より「戴氏心意拳」を学び、大成後独自の創意工夫により作られたと云われています。 この形意拳の元になったといわれる心意拳は、宋代末期の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

形意拳の特徴!!!単純な形態を持つ武術!!

形意拳は、一般的に五行拳(劈拳、鑚拳、崩拳、炮拳、横拳)という陰陽五行説の五行で表した五種類の単式(1~2動作の短い型)を母体とした拳法です。 その応用変化として、十二形拳(龍形拳、虎形拳、猴形拳、馬形拳、黽形拳、鶏形拳、鷂形拳、燕形拳、蛇形拳、鳥台形拳、鷹形拳、熊鷹合形拳)と呼ばれる十二種類の動物をかたどった象形拳を基本と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形意拳の練習法と教習法!!形意拳の技、套路(型)

形意拳について、当流『武学推拡拳社』の教習法をご説明したいと思います。当流では、河北派の形意拳において名人と呼ばれた「郭雲深」「尚雲祥」と伝えられた系統の形意拳を練習しています。 練習する套路(型)としては、中国の古典的な哲学ともいえる、陰陽五行説に基づいて構成されている「五行拳」(劈拳、鑚拳、崩拳、炮拳、横拳)を中心に訓練…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形意拳について!!練習法と特徴、歴史

形意拳は、太極拳や八卦掌と並ぶ、内家拳と呼ばれる武術の一派とされている門派で、中国武術のなかでも、その攻防原理と発勁技術において高く評価されている武術です。 動作技法には、派手な大技や跳躍技が少なく、簡素な動きに見えますが、姿勢や動作、身法における要求は細密で、初めに学ぶ「三体式(三才式・三体勢)」だけを習得するのにも時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形意拳と中国武術、内家拳

形意拳のお話しを、前回に引き続きしたいと思います。 『形意拳』は、有名な名人を多数輩出しました。 『形意拳の近世三大名手』と呼ばれる名人がいます。 それは『郭雲深』『尚雲祥』『孫緑堂』の三人です。 『郭雲深』は、『李洛能』より『形意拳』を学び、多くの他流試合の中で、敵に半歩踏み込んで『五行拳』の『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形意拳と内家拳、中国武術

形意拳は、清朝末期の名人で『神拳』とも呼ばれた『李洛能』(『李能然』『李飛羽』という名前でも呼ばれる)が、『心意拳』を学び、創意工夫によって創始した武術です。 今回は、この形意拳について、少しお話ししようと思います。 この『形意拳』は、一般的に『陰陽五行説』の五行で表した5種類の型である『五行拳』を母体とした武術です…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more