テーマ:猛虎硬爬山

八極拳の名人、李書文の絶招!!猛虎硬爬山と貼山靠!!!

八極拳には、多くの門派(流派)や系統が存在します。 当道場で練習している八極拳は、神槍とも呼ばれた名人、李書文の晩年の技術です。 この、八極拳の名人である李書文の得意技は、一般的には、猛虎硬爬山だと言われています。 しかし、当道場に伝わっている八極拳の伝承では、猛虎硬爬山だけではなく、貼山靠も、得意だったと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛虎硬爬山!!李書文の八極拳(李氏八極拳)の絶招と口伝!! 六大開拳と練習法!!

猛虎硬爬山は、神槍とも呼ばれた、八極拳の名人である、李書文の得意技だったと言われています。 この猛虎硬爬山は、八極拳の系統によって、形態が様々です。 当道場で練習している八極拳は、李書文晩年の技術を継承しています。 この八極拳の猛虎硬爬山には、多くの口伝が伝承されています。 当道場のホームページの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛虎硬爬山の三段階!! 李書文八極拳の六大開拳と段階練習法!!

猛虎硬爬山には、三段階の練習過程があります。 これは、当道場で練習している、神槍とも呼ばれた、李書文の晩年の八極拳の練習の特徴だと言えます。 当道場のホームページの技術解説のページに、この猛虎硬爬山の段階練習法と、三段階についての説明をアップしました。下記リンクよりご覧下さい。 李氏八極拳の猛虎硬爬山と六大開拳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国拳法(八極拳、八卦掌、蟷螂拳、太極拳、形意拳)の動画!!

中国拳法(八極拳、八卦掌、蟷螂拳、太極拳、形意拳)などの套路(型)や技などを紹介した動画を、YouTubeにアップしました。 今回の動画で、ご紹介している套路(型)や技は、下記の通りです。 八極拳 「貼山靠」(三段階) 「猛虎硬爬山」(三段階)「八極対接」(大八極対打) 「八極連環拳」 八卦掌 「八卦連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳、六大開拳のPV!!貼山靠、猛虎硬爬山など!!

六大開拳と呼ばれる、八極拳の套路(型)をベースにしたPVを、YouTubeにアップしました。 今回のこの「六大開拳」の動画は、PVという事で、少し撮影のやり方を工夫してみました。 この動画で、演武している「六大開拳」は、制敵法や開門法を、内在させる套路(型)です。 下記が、動画の構成です。 「貼山靠」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の技法!!「虎」と「熊」の勢法と「六大開拳」!!!

八極拳には、「虎」と「熊」の勢法があります。この二種類の動物で、表される勢法によって、「八極拳」は表現されます。 しかし、この二種類の勢法を、同等で運用する事は、極めて困難です。 ほとんどの場合、どちらか一方が優勢になります。 つまり、「虎」の勢法が得意な人間と、「熊」の勢法が得意な人間に分類出来るという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛虎硬爬山の「寸勁」!!!「八極拳」!!「寸勁」の段階練習!!!

八極拳の「六大開拳」の形態は、系統によって様々です。当流の、台湾より伝わった「八極拳」の「六大開拳」には、「猛虎硬爬山」と「按掌寸捶」と呼ばれる技法が含まれています。 この2つの「套路」(型)の形態には、「寸勁」(寸捶)が含まれています。 上記の「套路」(型)で運用する「寸勁」(寸捶)という「打法」は、「拳」を短い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の「套路」(型)!!!「猛虎硬爬山」と「按掌寸捶」 !!!「八極拳」の「六大開拳」!!!

八極拳には、「六大開拳」と呼ばれる「套路」(型)があります。 6種類の短い「招式」で構成されています。 当流の「猛虎硬爬山」は、4路になります。 台湾の同系統では、3路となっています。 何故、当流では「猛虎硬爬山」を4路にしているかの理由は、はっきりしません。 「套路」の順番や形を変える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛虎硬爬山!!!「八極拳」の「六大開拳」!!!

猛虎硬爬山の練習を、最近はしています。と言っても、本気で練習しているというより、近々、人に見せる機会がありそうなので、身体を慣らしておくのが目的です。 冬場は、「柔勁」の訓練を中心にしていたので、久しぶりに「発勁」すると楽しいです。 また、今回練習しているのは、一応、3段階の形態です。 当流の「猛虎硬爬山」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術!!八極拳の「馬歩」(騎馬式)!!!「站椿功」と「猛虎硬爬山」!!!

中国武術には、「站椿功」と呼ばれる訓練法が存在します。これは、ある一定の姿勢や歩形を維持させた状態を保つ訓練法です。この「站椿功」と呼ばれる訓練を行う理由は、門派(流派)や系統によって様々です。 当流の「站椿功」では、「馬歩」(騎馬式)を中心に訓練します。 しかし、当流の「馬歩」は、他派で良く訓練される、一般的な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の技法!!「六大開拳」と「六大開変化拳」 !!!「猛虎硬爬山」!!!

中国武術『武学推拡拳社』の関東武館では、年に2回、演武会を行っています。今回の演武会では、「八極拳」の套路の一つ「六大開変化拳」を演武しました。 この「六大開変化拳」という套路は、「六大開拳」を実際に運用するための変化を学ぶ套路(型)です。 これは、変化の最小単位を一つの例として、形に示した套路だと言えます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛虎硬爬山と八極拳、六大開拳の技法

猛虎硬爬山は、八極拳の名人である『李書文』が得意とした技です。 当会の八極拳では、六大開拳という套路、型の一つとなっています。 今回は、前に掲載した、この猛虎硬爬山の記事を集めてみました。 下記のリンクよりご覧ください。 ○李書文の猛虎硬爬山○ ○猛虎硬爬山の技法○ 〈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛虎硬爬山と八極拳、そして李書文

猛虎硬爬山について、今回も、前回に引き続きお話ししたいと思います。 前回もお話ししたように、この『猛虎硬爬山』という技は、当流では『六大開拳』の技法としていますが、他派では『八大招式』の技法として教習する事が多いようです。 また、当流の八極拳は、技の形においても、他派とは大きく異なる部分が多いようです。 当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛虎硬爬山と李書文、そして八極拳

猛虎硬爬山は、八極拳の中でも有名な技法で、八極拳の中興の祖と言われ、『神槍』とも称された『李書文』が得意とした技です。 今回は、この『六大開拳』の中で4番目に教習する『猛虎硬爬山』について、少しお話ししたいと思います。 この『猛虎硬爬山』も、当流の八極拳では『六大開拳』の一つとして練習していきます。 他派の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more