テーマ:貼山靠

八極拳の名人、李書文、馬英図、馬鳳図!!通備拳と劈掛掌(劈掛拳)!!

八極拳は、羅疃出身の李書文と孟村出身の馬英図などが有名です。 また、通備拳の武術家であり、馬英図の兄でもある馬鳳図も有名です。 馬鳳図の子供である馬賢達は、1952年19歳の時、天津で開催された武術大会において、2部門で優勝しました。 この時「快手馬」と称賛されました。 個人的に、この通備拳を日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の名人、李書文の弟子と系統!!長春八極拳と劉雲樵!!

李書文には、多くの弟子がいます。 この李書文の「八極拳」を主に、「李氏八極拳」と称しますが、現在では、多くの伝承者がいます。 李書文から、直接学んだ弟子には、多くの優れた武術家が生まれました。 特に、中国最後の皇帝であった、愛新覚羅溥儀(ラストエンペラー)に、八極拳を教え、護衛(ボディーガード)にもつき、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貼山靠の段階套路(型)の動画!!八極拳の六大開拳と黒熊三靠壁!!八極八卦練技拳社・東京板橋教室

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室の指導員です。 当道場のYouTubeチャンネルに、新しい動画をアップしました。 今回の動画は、当教室で練習している、李書文系の八極拳の貼山靠をご紹介しています。 八極拳の六大開拳における、第一開としての段階練習套路(型)のご紹介です。 貼山靠の変化として、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の六大開拳の練習内容!!五行気との関連!!貼山靠の学名と開法!!

八極拳には、六大開拳と呼ばれる技法が存在します。この六大開拳の練習内容は、門派(流派)や系統によって違います。 一部の八極拳門派では、発力の方法を6種類に分類したものとする場合があります。 しかし、当道場で練習している、李書文の晩年の八極拳では、制敵法や開門法と呼ばれる、相手の攻撃などを封じる技として練習します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳のご紹介動画集!!八極八卦練技拳社・東京板橋教室!!

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室では、YouTube上に動画をアップしています。 下記に、当道場の動画をご紹介いたします。 今回は、八極拳の動画を集めてみました。ご覧ください。 八極拳の紹介動画 六大開拳の貼山靠の動画 猛虎硬爬山の三段階の形態。虎爪爬山(虎爪掌)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の貼山靠!!!靠法と、六大開拳の開法!!

貼山靠と呼ばれる技が、八極拳にはあります。 他派では、鉄山靠とも呼ばれる場合があるようです。 当道場で練習している、李書文の晩年の八極拳では、この貼山靠は、2つの技術に分類されます。 靠法(体当たり)としての貼山靠と、開法としての貼山靠です。 前者の靠法としての貼山靠は、他派の八極拳でも、良く見ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳、六大開拳のPV!!貼山靠、猛虎硬爬山など!!

六大開拳と呼ばれる、八極拳の套路(型)をベースにしたPVを、YouTubeにアップしました。 今回のこの「六大開拳」の動画は、PVという事で、少し撮影のやり方を工夫してみました。 この動画で、演武している「六大開拳」は、制敵法や開門法を、内在させる套路(型)です。 下記が、動画の構成です。 「貼山靠」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貼山靠の動画!!八極拳の技法!!

貼山靠の技術を集めた動画を、YouTubeにアップしました。 貼山靠は、一般的に、鉄山靠とも呼ばれる、靠法(体当たり)の技術です。 しかし、当流の八極拳では、六大開拳の一つに数えられる技で、制敵法や、開門法を内在した技です。 そのため、本来は、靠法(体当たり)の技術では、ありません。 しかし、初期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の「六大開拳」!!!「貼山靠」の練習法!!!

八極拳には、複数の「套路」(型)があります。「六大開拳」も、「八極拳」と呼ばれる武術の「套路」の一つです。 この套路は、6種類の短い動作で構成されています。 これらの、短い動作で構成されている「套路」を、「単式」の「套路」などとも呼びます。 この「六大開拳」は、6種類の「開法原理」によって構成されています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の「六大開拳」!!!「貼山靠」!!「虎撲」!!「挑打頂肘」!!!

八極拳には、「貼山靠」という技法が存在します。基本的には、体当たりの形態をとります。 当流においては、「六大開拳」と呼ばれる開法原理や制敵法を内包している套路(型)の始めに学ぶ技です。 この「貼山靠」は、一般的には体当たりとして使うと考えられています。 しかし、当流においての「貼山靠」は、体当たりではあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貼山靠!!!八極拳の「六大開拳」の技法!!「靠法」体当たり!!!

貼山靠という技法が、「八極拳」には存在します。基本的には、体当たりの形態をとります。 当流においては、「六大開拳」と呼ばれる開法原理や制敵法を内包している套路(型)の始めに学ぶ技です。 この「貼山靠」は、一般的には体当たりとして使うと考えられています。 しかし、当流においての「貼山靠」は、体当たりではあり…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

八極拳を中心とした動画

八極拳を中心とした、当会の動画を集めてみました。八極拳の技法の中で有名な「貼山靠」を中心にご紹介した動画や、鍛錬法や発勁(寸勁)、練習風景の動画などです。 下記の動画リンクよりご覧下さい。 〈動画リンク〉 ○八極拳の練習法○ ○携帯からはこちら○ ○貼山靠(八極拳)の動画○ ○携帯からはこちら○ …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

貼山靠(体当たり)の一人稽古

貼山靠という八極拳の技があります。最初の段階では、靠法(体当たり)の練習を行い、この最初の段階の功が重要です。 どうでもイイ話しですが、この貼山靠の練習をしようと、近くの公園にむかい、手頃な木に体当たりでぶつかったら、その衝撃で雨のように勢い良くドングリが降り注ぎました。 痛かった。 皆さんも、特にこの季…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貼山靠(八極拳の六大開拳)をご紹介した動画をアップしました。

貼山靠という、八極拳の六大開拳の第一で練習する套路(型)を中心にご紹介する動画、ムービーを新しくアップしました。 中国武術 武学推拡拳社(ブガクスイコウケンシャ)のホームページからでもご覧頂けます。 下記リンクよりご覧下さい。 ○貼山靠(八極拳)の動画○ ○携帯からはこちら○ 〈関連記事リ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

貼山靠と八極拳、六大開拳の構造

貼山靠という技法は、当会では八極拳の六大開拳という套路(型)に属する技法となっています。 この六大開拳の初期段階で教習される套路は、極めてシンプルな形態となっています。 また、教習が進めば、最初に学んだ形態とは異なる、やや複雑な形態の套路の教習も受けますが、この段階の形態は、教習者や門派、系統によってマチマチです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貼山靠と八極拳、そして六大開拳について

貼山靠という、八極拳の六大開拳の技についての記事です。 当会の八極拳において、戦闘技法の中核となる、六大開拳の一番最初に学ぶ型は『貼山靠』です。 この『貼山靠』について説明しています。 下記のリンクよりご覧ください。 ○貼山靠1○ ○貼山靠2○ ○貼山靠3○ ○貼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貼山靠と鉄山靠、そして六大開拳

鉄山靠の名前で日本では有名な、八極拳の『六大開拳』の中から、第一に練習する『貼山靠』についてお話ししたいと思います。 メディアの影響からか、『鉄山靠』と呼ばれている事が多いですが、当流では『貼山靠』と表記します。 なぜ、名前に違いがあるかについては、いくつかの説があります。 一つは、まったく違う技であるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貼山靠補足2

前回の続きです。 考え方は人それぞれですが、個人的には『型』を作った人間とは、名人と呼ばれる人達だと思います。 では、名人と呼ばれる人達は、どのような人達なのでしょうか。これも定義は人それぞれだと思います。 個人的な考えですが、簡単に言うなら、先天的であったとしても、後天的であったとしても天才的な能力を持っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貼山靠補足

今回は、前回までのお話しの補足説明的なお話しをしたいと思います。 前回まで3回に渡り、『貼山靠』(テンザンコウ)についてお話ししてきました。 しかし、『貼山靠』(テンザンコウ)の核心には一切触れていません。 それは、『貼山靠』(テンザンコウ)が、李書文・八極拳の『六大開拳』の一つだからです。 『六…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貼山靠3

今回も前回に引き続き、『貼山靠』(テンザンコウ)のお話しです。 『貼山靠』には、見て解る通り『靠法』(体当たり)の文字が含まれています。 形を見ても『靠法』(体当たり)が連想されるでしょう。 では、何故『貼山靠』はこのような名前と形で表されるのでしょうか? それは、『貼山靠』という技法が『靠法』に連動させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more