裡門頂肘と頂肘!!!八極拳の肘法と外門頂肘!!!

八極拳には、「裡門頂肘」と呼ばれる技があります。 しかし、当道場で練習している、李書文の晩年の八極拳では、この技を、「裡門頂肘」とは呼びません。 「裡門頂肘」の「裡」という漢字には、内側などの意味があります。 つまり、当流の八極拳の技術でいう、「内門」の事だと考えられます。 上記の写真は、一般的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太極拳の粘と走!!!「粘連黏随」「沾連随走」!!!

太極拳には、「粘連黏随」「沾連黏随」「沾連随走」などの言葉があります。 これらの言葉は、太極拳の多くの門派(流派)によって、どの言葉を使うかは、まちまちです。 これらの言葉は、太極拳の技術や、推手の要求として使われる言葉です。 また、それぞれの太極拳門派の考え方にもよりますが、上記の言葉は、だいたい同じよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の六大開拳!!!六大開拳と六大硬架拳の練習!!

八極拳には「六大開拳」と呼ばれる套路(型)が存在します。 これは、開法原理に基づいて構成された套路であり、制敵法を内在した套路でもあります。 当道場では、この「六大開拳」とは別に、「六大硬架拳」という套路も練習します。 この「六大硬架拳」とは、他派の多くの八極拳における「六大開拳」の戦闘原理を持つ套路です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の発勁と寸勁!!!八極小架(小八極拳)の段階練習!!

八極拳には、八極小架(小八極拳)と呼ばれる套路(型)があります。 当道場で練習している、李書文の晩年の八極拳では、この八極小架の練習によって、発勁の能力を高めます。 この場合の発勁という言葉の意味は、一般的に考えられている、技の威力という意味だけではなく、身体の使い方など、複数の意味を持ちます。 技の威力も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の功夫!!!八極拳の站椿功と腿法の練習!!

八極拳の練習では、功を重視する場合が多いのではないかと思います。 つまり、功夫です。 この場合の功を積むための練習法は、多くの場合、站椿功のような単純な練習法を、連想する人が多いのではないでしょうか。 もちろん、站椿功の練習は極めて重要です。 站椿功の練習は、空気イスやスクワットのような、単純な下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

練習日程。9月、10月、11月 !!!八極八卦練技拳社・東京板橋 教室

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室9月、10月、11月の練習日程をご連絡いたします。 〈武術クラス〉 (9月) 9月2日(日) 東板橋体育館 武道場 19時~21時 9月9日(日) 東板橋体育館 武道場 19時~21時 9月16日(日) 東板橋体育館 武道場 19時~21時 9月2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛虎硬爬山の段階套路(型)!!八極拳の段階練習法と技法!!

猛虎硬爬山と呼ばれる技が、八極拳にはあります。 八極拳の名人であり、神槍とも呼ばれた李書文の得意技だと言われています。 この猛虎硬爬山と呼ばれる技は、門派や系統にもよりますが、八大招式、或いは六大開拳に含まれる技です。 当道場で練習して李書文の晩年の八極拳の猛虎硬爬山は、套路(型)の練習から始めます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太極拳の推手!!2018年9月無料一日体験月間!!太極拳・伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室!!

太極拳・伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室は、当会、八極八卦練技拳社・東京板橋教室と姉妹道場です。 この太極拳・伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室にて、2018年9月に、無料一日体験月間を行います。 練習内容は、基本功法(気功)と推手です。 推手の練習では、主に平円推手の体の使い方と推手の基本的な技術を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年9月無料一日体験月間!!中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室!!

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室では、2018年9月に、無料一日体験月間を行います。 練習内容は、通常の練習生が行っている、基本功、架式練習、対打などに加えて、蟷螂拳の蟷螂手(蟷螂捕蟬式)の基本用法(使い方)、八極拳の衝捶(中段突き)です。 日時は、9月2日、9月9日、9月16日、9月23日、9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の基礎練習!! 小八極拳(八極小架)、金剛八式、丁字八歩式について!!

八極拳の練習には、基礎的な練習法(練功法)が多くあります。 当道場の八極拳は、神槍とも呼ばれた、八極拳の名人である、李書文の系統です。 李氏八極拳とも呼ばれる場合があります。 この、李氏八極拳にも、多くの系統の八極拳がありますが、当道場で練習している系統の八極拳には、小八極拳(八極小架)、金剛八式、丁字八歩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の基礎練習!!!馬歩弓捶(馬弓捶)の練習法!!

八極拳の基礎的な練習に、馬歩弓捶があります。 この技法は、馬弓捶とも呼ばれます。 この練習法は、馬歩(騎馬式)の状態から、片足で地面を蹴るようにして、体重移動をしつつ、架式(歩形)を弓歩に変化させ、同時に正面を突きます。 前々回のブログ記事でも紹介しましたが、当流の八極拳の馬歩(騎馬式)には、形としての要求…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の震脚!!!熊の勢法と発勁技法!!!

八極拳の歩法で有名なのは、震脚でしょうか。 この震脚と呼ばれる歩法は、地面を踏み鳴らすように運用します。 当道場で練習している、李書文の晩年の八極拳では、この震脚という歩法は、熊の勢法に分類されます。 当流では、熊歩と呼ばれる技法です。 この熊歩とは、蹲坐の性を持ち、沈勁を重視します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の基礎練習!!!站椿功と馬歩(騎馬式)!!!

八極拳の基礎的な練習法に、站椿功があります。 站椿功とは、決まった架式(歩形)にて静止した状態を保つ練習法です。 この站椿功の練習は、色々な意味を持ちます。 当道場で練習している八極拳では、馬歩(騎馬式)と呼ばれる架式を用いて練習します。 当流の八極拳の馬歩(騎馬式)には、形としての要求が8種類、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武術の基本功!!基本功の構成と練習!!

中国武術の練習では、基本功があります。 この基本功の概念は、門派や系統によって違います。 特殊な練功法や、練習初期に学ぶ套路(型)を基本功と呼ぶ場合もあります。 当道場では、大雑把に分類すると、2種類の基本功に分けれると思います。 一つは、各武術の初期に練習する套路などです。 例えば、蟷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

練習日程。7月、8月、9月!!!八極八卦練技拳社・東京板橋教室

中国武術・八極八卦練技拳社・東京板橋教室7月、8月、9月の練習日程をご連絡いたします。 〈武術クラス〉 (7月) 7月1日(日) 東板橋体育館 武道場 19時~21時 7月8日(日) 東板橋体育館 武道場 19時~21時 7月15日(日) 東板橋体育館 武道場 19時~21時 7月22日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の門派(流派)!!!八極拳の学び方と継承!!

八極拳には、多くの門派(流派)があります。当道場で練習している八極拳は、神槍とも呼ばれた、八極拳の名人である、李書文の晩年の系統です。 同じ李書文の八極拳であっても、伝えられた年代によって、戦闘体系は大きく異なっています。 例えば、李書文の初期の技術を継承していると言われる、長春系八極拳や、当流の晩年の八極拳。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の練習法!!中国武術の一人稽古の目的と目標 !!

八極拳に限らず、中国武術を身に付けるには、一人稽古が少なからず重要です。 時々、練習生から、「一人稽古はどれくらいやればいいのか」と、質問を受けます。 まず、一人稽古とは、どのような事を言うかと言えば、「定期的に同じメニューの練習内容を、一定期間行う事」です。 思い付いた時だけ練習するのでは、ただ筋肉痛にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の蹴り技!!中国武術の発勁に必要な身体!!

八極拳では、蹴り技を多用しません。 八極拳の戦闘において、蹴り技を使用する場合、ほとんどが、相手の下半身を狙います。 高い位置への蹴りは、基本的には使いません。 しかし、八極拳に限らず、蹴り技を重視しない、他の中国の武術においても、蹴り技の練習は行います。 この蹴り技の練習の際、ほとんどが高い位置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八極拳の貼山靠!!!靠法と、六大開拳の開法!!

貼山靠と呼ばれる技が、八極拳にはあります。 他派では、鉄山靠とも呼ばれる場合があるようです。 当道場で練習している、李書文の晩年の八極拳では、この貼山靠は、2つの技術に分類されます。 靠法(体当たり)としての貼山靠と、開法としての貼山靠です。 前者の靠法としての貼山靠は、他派の八極拳でも、良く見ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more