中国武術と内家拳の三拳合一!!孫禄堂と形意拳、八卦掌、太極拳!!

中国武術において、近現代で大きな影響を及ぼしたのは、孫禄堂の孫家拳ではないでしょうか。


孫禄堂の影響は、形意拳、八卦掌、太極拳をともに練習するという考えを生んだところにあると言えます。


本来、これらの武術は、全く別物であり、近代以前には三拳を合わせて学ばれるということはありませんでした。


孫禄堂は最初、形意拳を修めていましたが、体格が小さかったため、八卦掌も学びました。


形意拳は、直線的に動く傾向が強く、真っ直ぐ踏み込む技術が強い武術だと言えます。


そのため、ある程度の体格があった方が運用しやすい部分があると言えます。


特に古伝の形意拳は、この傾向が強いかもしれません。


そのため、体格の小ささの不利を補うために、形意拳だけでなく、八卦掌や太極拳を練習したと言えます。


この経験が三拳合一の考えを生んだと言えます。









下記リンクのnoteでは、当ブログでは解説していない、秘伝や秘訣などの技術を一部公開しています。通常公開されない、技術の深い内容や具体的内容、練習法などです。諸事情により、教室に通えない方などに、実際の教室での教習内容と同レベルの内容を、できる限り解かりやすく解説しているサイトです。よかったら、下記リンクよりご覧ください。

八極八卦練技拳社noteリンク










八極八卦練技拳社に興味のある方は、お気軽に下記メール、又は電話番号までお問い合わせ下さい。
見学、体験、受付中!!
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/











「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

〇ブログランキング〇



"中国武術と内家拳の三拳合一!!孫禄堂と形意拳、八卦掌、太極拳!!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント