太極拳の名人、楊班侯の略歴!!楊式太極拳の第二世!!

楊班侯は、中国武術である太極拳の楊式太極拳の第二世です。


中国河北省永年県広府鎮の出身で、子供には兆鵬がいます。


長兄楊鳳侯の子楊兆林にも太極拳を指導しました。


幼少より、学問より武術を好み、父親である、楊式太極拳の創始者である楊露禅より、太極拳を学びました。


楊 班侯は、父親の楊露禅が一を教えると、三を理解したと言われています。


そして若くして楊露禅の家伝を受け継ぎました。


父に随い北京に出向き、17歳以後より「雄県劉」「万斤力」などの名だたる武術家を打ち破ったと言われています。


楊班侯の活躍により、楊式太極拳の不敗の評判は、清朝廷より中国全土に広がりました。


彼の、代表弟子として、白忠信がいます。


北京の弟子としては、凌山、呉全佑などです。


全佑は満族人で楊式小架太極拳を学びました。全佑の子の呉鑑泉は、後に姓を呉に改め、呉式太極拳を創出しました。











太極拳・伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室では、新規練習生を募集しています。推手を中心とした練習内容ですが、未経験の方でも、基本から練習をしますので、安心して参加できます。太極拳・伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室の練習内容は、十五式太極拳(伝統楊式系)、基本功法(気功)と推手です。

場所:仲宿地域センター 2階第一洋室(東京都板橋区氷川町12番10号)。

日時:月曜日 19:30~21:00

興味のある方は、下記の電話、メールなどにご連絡下さい。

TEL (09051393289)
mail taijiquan20184@docomo.ne.jp

【ホームページ】
https://sites.google.com/site/taijiquan20184/











「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

〇ブログランキング〇


"太極拳の名人、楊班侯の略歴!!楊式太極拳の第二世!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント