八卦掌の「氣」!!!「陰」「陽」と「五臓」!!!

八卦掌の勢法では、中心にあるのが、「陰」と「陽」の勢法であり、ここに帰結すると言えます。


しかし、古伝の「八卦掌」では、「五臓」における、「肺」と「肝」を中心に運用させていたようです。


「肺」は、正しく運用させれば、直接的にではなく、間接的に「陰」の氣を生み出します。


「肝」も、間接的に「陽」の氣を生成します。


また、運用上、「肺」「肝」の方が扱いやすい側面があります。


そのため、古伝の「八卦掌」では、「肺」「肝」から、訓練を始めたのかもしれません。





「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○


当会に興味のある方は、下記「ホームページ」をご参照下さい。




《動画リンク》
○中国武術(八極拳、蟷螂拳、太極拳、八卦掌、兵器術)をご紹介した動画○
○貼山靠(八極拳)の動画○



〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

【ホームページリンク】
http://bugaku-cma.com/

"八卦掌の「氣」!!!「陰」「陽」と「五臓」!!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント