中国武術!!八極拳の「馬歩」(騎馬式)!!!「站椿功」と「猛虎硬爬山」!!!

画像
中国武術には、「站椿功」と呼ばれる訓練法が存在します。これは、ある一定の姿勢や歩形を維持させた状態を保つ訓練法です。この「站椿功」と呼ばれる訓練を行う理由は、門派(流派)や系統によって様々です。


当流の「站椿功」では、「馬歩」(騎馬式)を中心に訓練します。


しかし、当流の「馬歩」は、他派で良く訓練される、一般的な形態とは違います。


大きな違いは、膝の位置ではないでしょうか。


一般的な「馬歩」では、膝は外に開いた形をとります。


しかし、当流の「馬歩」では、膝を内側に絞った形態をとります。


もちろん、どちらかの形態が正しいと言う訳ではありません。


しかし、この膝を内側に絞るという形態が、当流の「馬歩」の特徴であり、技術にも大きな影響を与えています。


それは、当流で訓練をしている、全ての武術の戦闘法を、大きく左右する事だと言えます。


仮に、膝を外に開いた「馬歩」を訓練するならば、当流の全ての武術は成り立ちません。


例えば、当流の「八極拳」の套路(型)に「六大開拳」と呼ばれる套路が存在します。


この「六大開拳」という套路は、他派の「八極拳」にも存在しますが、他派のものとは、内容が大きく異なっています。


套路や技法と「馬歩」のどちらが先に形成されたかは別にして、この「六大開拳」の違いは、膝を内側に絞る「馬歩」が影響しています。


もし、前述の一般的な「馬歩」を訓練するならば、当流の「六大開拳」の技法の大半は使い物にならなくなります。


特に、当流の「猛虎硬爬山」は、他派に比べて套路の形態自体が異なりますが、この「猛虎硬爬山」は、役にたたなくなります。


つまり、「站椿功」は、学び始めた当初から訓練していきますが、ただの基本功や足腰を鍛えるだけの訓練ではなく、秘伝へと繋がる、重要な訓練だという事だと思います。




「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

興味のある方は、下記ホームページをご参照下さい。
見学、体験、受付中!!

TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/


画像
画像

"中国武術!!八極拳の「馬歩」(騎馬式)!!!「站椿功」と「猛虎硬爬山」!!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント