中国武術と「気」の運用!!「千手観音」の腕!!

画像
中国武術には、「気」という概念があります。これは、門派(流派)や系統によって考え方が違います。当流の考え方の1つとして、意識と動作の協調を、このような言葉を使って表す場合があります。


つまり、身体の全ての部位、動作に意識を通わせるという事です。


このような意識と動作の協調訓練は、当流では、中級者レベルから訓練を開始します。


そして、上級者では、無意識下において、意識と動作の協調を行います。


このような事を中国の武術では「虚」に還るなどの言葉で表したりします。


しかし、この時の意識は、身体にまんべんなくかよっていなければ、逆にバランスを崩す事になります。


日本の武術に「不動智神妙録」という伝書があります。


これは、厳密には日本の武術家が記したものではなく、日本の剣術で有名な「柳生新陰流」を家伝に持つ「柳生家」とゆかりの深い「沢庵和尚」が記した著です。


この著のなかで「千手観音」を例えに出して、上記の事を説明しています。


「千手観音」は、別名「千手千眼観世音菩薩」といい、千の腕に一つづつ眼があり、あらゆる方向を見渡す事が出来るそうです。


しかし、もし、決まった腕や眼のみに意識が偏った場合、あとの数百本の腕は、ただぶら下がっているだけの物体となります。


「千手観音」の優れている事は、千の腕や眼を持つ事ではなく、偏りなく使いこなすところにあります。


この「千手観音」の例えのように、身体の隅々にいたるまで、意識がかよい、運用する事は極めて難しい事ではないかと思います。




《動画リンク》
○中国武術(八極拳、蟷螂拳、太極拳、八卦掌、兵器術)をご紹介した動画○
○携帯からはこちら○

○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○



〈関連記事リンク〉
○武学推拡拳社のご紹介○
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

〈ホームページリンク〉
http://bugaku-cma.com/

画像

"中国武術と「気」の運用!!「千手観音」の腕!!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント