中国武術の正式弟子(拝師弟子)と学生

画像
中国武術を学ぶ者は、(現代ではこのように分ける団体は少ないですが)伝統的には正式弟子と学生の二種に別れます。正式弟子の事を「拝師弟子」という場合もあります。日本人に馴染み深い言い方で表すなら「内弟子」という言葉が一番近い言葉だと思います。


では、この正式弟子と学生にはどのような違いがあるのでしょうか。色々な意味がありますが、一つの理由として思考法の継承が上げられると思います。


この両者が学ぶものは、大きく違ったものを学ぶ訳ではありません。もちろん、昔は正式弟子でしか学べず、一般の学生には教えない技術などもありましたが、現在では特に教える内容に大きな差異はありません。


しかし、この両者には大きな差が生まれます。それは、同じ技術を学んでも捉え方が変わってくるからです。


師から学ぶ技術は、極論すれば一つの情報に過ぎません。これを正確に捉える思考法と認識法が必要です。


そして、師から学ぶ技術という情報を正確に捉えるためには、師と同じ考え方、思考法、認識法が必要となります。極論すれば、師と同じ性格の人間にしか理解出来ません。


なぜなら、師から学ぶ技術という情報は、師の思考法、性格を含めた個人が前提となって形成されているからです。


昔の正式弟子は、師と寝食をともにするなど、なるべく師と時間を共有する事によって、これらの思考法、性格を最大限トレースしようと勤めたのだと思います。そのため師の簡単な説明からでも、正式弟子は普通の学生の何倍もの理解を示す事が出来たのだと思います。


当然の話しですが、現代で前述のような指導は難しいと思います。そのため、現代の練習者には、学ぶための工夫が必要なのではないでしょうか。



〈連絡〉
上記の文章とは直接関係ない話しですが、現在パソコンがネットに繋げない状況にあります。記事は、携帯から投稿しているので、問題ありませんが、気持ち玉やコメントをいただいた方のブログを拝見出来ない状況です。ご了承下さい。




《動画リンク》
○八極拳の練習法○
○携帯からはこちら○

○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○



〈関連記事リンク〉
○武学推拡拳社のご紹介○
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

〈ホームページリンク〉
http://bugaku-cma.com/

"中国武術の正式弟子(拝師弟子)と学生" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント