劈掛掌と近接戦闘を得意とする八極拳との関係!!劈掛掌の練習段階!!

劈掛掌という武術は、一般的に、近接戦闘が得意な八極拳の遠距離戦闘を補うために、弊習すると言われています。


また、「八極に劈掛を参ずれば、神鬼も恐れる」という言葉もあり、八極拳と相性のよい武術でもあります。


当流の劈掛掌には、劈掛一路、劈掛ニ路、劈掛三路の3種類の套路(型)と、基本四掌を中心とした、各種練習法で構成されています。


この劈掛掌の練習過程では、劈掛一路の練習段階において、身法を主に練ります。


発勁や打法を重視し、動作も大きく練習する段階でもあります。


また、便宜上この練習過程を一段階の練習と称する場合もあります。


ただ、この段階の練習は、八極拳の内容と重複する部分があり、あまり重視しないと言えます。


劈掛ニ路の練習段階では、主に活法を練習すると言えます。


活法とは、柔でもあります。


また、劈掛掌において重要な勢法である、蛇と鷹の勢法を練習します。


つまり、蛇腰と鷹爪です。


更に、ここから猿形へと導きます。


この劈掛ニ路の練習段階は、当流においては、劈掛掌の練習の中心となり、この練習が不完全な場合、八極拳と融合したとしても活八極にならず、使い物になりません。


劈掛三路は、劈掛参八極の段階です。


つまり、八極拳と実際に融合させる段階だと言えます。


この段階の練習では、劈掛7割、八極3割の割合で融合させて練習します。


劈掛三路としては、劈掛掌優位で練習するのです。


これらの練習により、最終的には八極拳と劈掛掌の割合を五分五分にして完成させます。






下記リンクのnoteでは、当ブログでは解説していない、秘伝や秘訣などの技術を一部公開しています。通常公開されない、技術の深い内容や具体的内容、練習法などです。諸事情により、教室に通えない方などに、実際の教室での教習内容と同レベルの内容を、できる限り解かりやすく解説しているサイトです。よかったら、下記リンクよりご覧ください。

八極八卦練技拳社noteリンク









八極八卦練技拳社に興味のある方は、お気軽に下記メール、又は電話番号までお問い合わせ下さい。
見学、体験、受付中!!
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/

【YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCuqX6xb1OAdu9UbwkgOE-sA/featured









「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

〇ブログランキング〇



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント