寸勁と呼ばれる発勁法!!李書文八極拳の寸勁と寸捶!!ブルース・リーのワンインチパンチ!!

寸勁という技術が、中国武術には存在します。「ブルース・リー」が演武した事で有名になった技術だと言えます。


この「寸勁」は、相手と自らの打撃部位が、数センチの距離で打つ事です。


また、当流には、この打撃部位と対象物との間の距離によって、一応の名称があり分類されています。


距離が長い順に、「長勁」「短勁」「寸勁」「冷勁」という分類です。


しかし、この言葉は、あくまで距離を表す言葉であって、高い威力を出せるかは別問題です。


短い距離からでも威力が発生させられる方法が必要となります。


このような威力を発生させる方法が、当流では「沈墜勁」「十字勁」「纏糸勁」「爆発勁」「爆炸勁」「浸透勁」「透発勁」などと呼ばれる技術です。


また、前述の「ブルース・リー」は、この「寸勁」という技術を「ワンインチパンチ」と英訳しました。


しかし、この訳は適切なものとは言えません。


「寸勁」は、自らの打撃部位を、数センチの距離で打つ事ですが、打撃部位は「拳」とは限らないからです。


中国武術では、「拳」で打つ事を「捶」と言います。


当流の特に八極拳では、「拳」で打ち出す「寸勁」の事を「寸捶」と呼びます。


「寸勁」は、短い距離から打ち出す事ですが、肩や胴体部での体当たりである「靠」や、肘打ちであっても、距離によっては「寸勁」に分類されるという事です。


つまり、中国武術の打撃法は、「距離」「威力発生法」「打撃部位」に分類されるという事です。


そして、一般的に呼ばれる「寸勁」とは、一寸の「距離」において、「拳」という「打撃部位」で打ち出す事の総称だと言えます。


これは、本来の「寸勁」の意味としては、不十分だと言えるだけではなく、明確な「威力発生法」も示されていないと言えます。


下記の動画は、八極拳の「寸勁」の練習法の一部をご紹介した動画です。


厳密には「拳」による「寸勁」である、「寸捶」の練習法のご紹介です。よかったら、ご視聴ください。















八極八卦練技拳社に興味のある方は、お気軽に下記メール、又は電話番号までお問い合わせ下さい。
見学、体験、受付中!!
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/

【YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCuqX6xb1OAdu9UbwkgOE-sA/featured









「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

〇ブログランキング〇


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント