八極拳の崩捶!!金剛八式、八極小架(小八極拳)、六大開拳の崩捶と大纏崩捶

八極拳には、「崩捶」と呼ばれる技法が存在します。技の形態としては、腕部を下方から上方に振り上げる形態をとります。


套路(型)として、「金剛八式」や「八極小架」(小八極拳)「六大開拳」などに含まれる技です。


この技法の発勁技法を、漢字一字で表す字訣で表すと「崩」や「弸」で表す事ができます。


この技法と類似した発力法に、蟷螂拳の「弾勁」があります。


これは、ボールが弾む時のような力で、ポップコーンが弾けるような力です。


ただし、蟷螂拳では、この発力を手先で行うのに対して、八極拳では体幹部によって表現します。


八極拳の場合、威力を出す為のタメである蓄勁と、発勁の運用に秘訣があります。


また、この、「崩」や「弸」と表す技法は、主に「金剛八式」において運用されます。


「八極小架」(小八極拳)では、上記の技法を使う場合もありますが、「闖林勢」と呼ばれる技法を重視します。


「六大開拳」では、初期の形を覚える段階では、この「崩」や「弸」の字訣を活用する場合はありますが、開放原理を示す字訣は、別に存在するため重視しません。


また、当流の八極拳は、武壇系です。


この系統の一部の「六大開拳」において、「崩捶」の形態をとる技を「纏絲崩」と称する場合があります。


当流は、武壇系ではありますが、蘇昱彰の系統です。


この系統では、「六大開拳」の「崩捶」の形態をとる技を「大纏崩捶」と称します。


下記動画は、当流の「六大開拳」の1段階の動画です。2本目が「大纏崩捶」となります。よかったら、ご確認下さい。










下記リンクのnoteでは、当ブログでは解説していない、秘伝や秘訣などの技術を一部公開しています。通常公開されない、技術の深い内容や具体的内容、練習法などです。諸事情により、教室に通えない方などに、実際の教室での教習内容と同レベルの内容を、できる限り解かりやすく解説しているサイトです。よかったら、下記リンクよりご覧ください。

八極八卦練技拳社noteリンク










八極八卦練技拳社に興味のある方は、お気軽に下記メール、又は電話番号までお問い合わせ下さい。
見学、体験、受付中!!
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/

【YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCuqX6xb1OAdu9UbwkgOE-sA/featured









「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

〇ブログランキング〇



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント