頂肘(頂心肘)の使い分けと欄捶!!八極拳の六大開拳と挑打頂肘!!

八極拳には、挑打頂肘という技があります。頂肘頂心肘)と呼ばれる、肘打ちの形態をとります。


この挑打頂肘という技は、八極拳の六大開拳という、開法原理を練習する套路(型)の一つです。


六大開拳の挑打頂肘の1段階の形態は、前述のとおり、頂肘の形です。


2段階以降の形態では、頂肘の後に欄捶という、左右に移動しながら拳を打ち出す技が入ります。


当流と同系統で、武壇と呼ばれる団体が台湾にありますが、現在の武壇の系統では、初めから欄捶を行う系統が多いようです。


当流は、同じ武壇の系統ですが、蘇昱彰系となります。


少なくとも、この系統の考えでは、厳密に言うと、挑打頂肘の1段階において、欄捶を練習するのは、間違いだと言えます。


現在では、挑打頂肘の技術を欄捶を中心に考える門派が多いようですが、これは、挑打頂肘の本来の技術ではありません。


欄捶は、あくまで挑打頂肘における開法原理を示す技術の変化でしかないからです。


普通に考えれば、当たり前の事ですが、もし欄捶の形態が、技術の中心であるならば、頂肘の形態は必要ありません。


また、技名も欄捶となっているはずです。


六大開拳の中で、挑打頂肘という技名があり、形態として頂肘がある限り、この頂肘の形態が技術の中心だと言えます。


そして、この頂肘の形態から、開法原理の技術の、研究と抽出を行わなければなりません。


ただ、前述した台湾の武壇の創設者である、劉雲樵は、この挑打頂肘の技術において、欄捶の形態で運用する方が得意だったようです。


その為、多くの練習生が、それを真似したようです。


ただし、劉雲樵は、あくまで頂肘の形態での練習を、究極的に行った上で欄捶を得意としたのであって、いきなり欄捶のみを重視するのは間違いです。


当流では、前述の通り、挑打頂肘を頂肘の形態から練習します。


そのため、六大開拳の1段階の形態では、欄捶を行いません。


下記リンクは、当教室より、You Tubeにアップしている、六大開拳の1段階の動画へのリンクです。よかったら、確認してみて下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
〇八極拳の六大開拳(1段階)の動画!!猛虎硬爬山、挑打頂肘、貼山靠、虎撲、大纏崩捶、按掌寸捶〇








下記リンクのnoteでは、当ブログでは解説していない、秘伝や秘訣などの技術を一部公開しています。通常公開されない、技術の深い内容や具体的内容、練習法などです。諸事情により、教室に通えない方などに、実際の教室での教習内容と同レベルの内容を、できる限り解かりやすく解説しているサイトです。よかったら、下記リンクよりご覧ください。

八極八卦練技拳社noteリンク









八極八卦練技拳社に興味のある方は、お気軽に下記メール、又は電話番号までお問い合わせ下さい。
見学、体験、受付中!!
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/

【YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCuqX6xb1OAdu9UbwkgOE-sA/featured









「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

〇ブログランキング〇






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント