中国武術の近現代への影響!!孫禄堂の三拳合一!!形意拳、八卦掌、楊式太極拳!!

中国武術の近現代で大きな影響を及ぼしたのは、孫禄堂の孫家拳だと言えます。


孫禄堂は三拳合一を提唱しました。


元々、孫禄堂は形意拳を学んでいました。


この形意拳は、直線的に動く傾向が強く、真っ直ぐ踏み込む技術が強い武術だと言えます。


そのため、ある程度の体格があった方が運用しやすい部分があると言えます。


体格的に恵まれなかった孫禄堂は、そうした形意拳の体格の問題を解決するために、八卦掌を学んだようです。


太極拳は、郝為真が旅にあって病気にかかったのを看病したことが機縁で、学んだとされています。


孫禄堂は、三拳合一の考えを当初から持っていたわけではないようです。


しかし、今では、形意拳、八卦掌、太極拳の三拳は、ともに学ぶ事が普通と思われている部分があります。


しかし、実際的には、形意拳と形意拳系の八卦掌、楊式太極拳が一部で弊習されているだけで、三拳合一を実践する、孫禄堂の考えは、本当の意味で、実践されてはいないと言えます。













八極八卦練技拳社に興味のある方は、お気軽に下記メール、又は電話番号までお問い合わせ下さい。
見学、体験、受付中!!
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/











「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

〇ブログランキング〇

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント