中国武術の練習目的と伝統武術の継承!!八極拳の伝承と創出!!

中国武術には、目的に応じて、多くの種類があると言えます。当道場で練習している中国武術は、一般的に、伝統武術と呼ばれているものです。


伝統的な教習と練習を行い、伝統的な技術を習得していきます。


ある映画に、このようなセリフがありました。


「伝統とは、自分で新しい物を作り出して、はじめて受け継いだと言える」と。


確かに、優れた武術家は、新しい技術を構築していると言えます。


例えば、名人と呼ばれる孫禄堂は、形意拳、太極拳、八卦掌の3門派(流派)を一つの体系として、内家拳の概念を打ち立てたと言えます。


また、当道場で練習している八極拳は、神槍とも呼ばれた、李書文の系統ですが、李書文は、晩年に技術体系を変革し、新たな練習体系を確立しました。


また、八極拳の戦闘の中核とも言える、六大開拳を自らの経験を元に、大きく変革しました。


この李書文の、最後の弟子である劉雲焦は、李書文の八極拳の練習体系に、自らが技術をまとめた、八極連環拳と呼ばれる套路(型)を加えました。


また、劉雲焦の弟子である蘇昱彰は、八極拳と蟷螂拳を融合させた、八極蟷螂拳を創造しました。


このように、優れた武術家は、学んだ武術を学んだままで終わらせず、新たな技術を創出しています。


しかし、この新たな技術の創出の為には、学んだ武術の深い理解と、体得が必須だと言えます。


だからこそ、武術の研究と探求が必要なのだと言えます。












八極八卦練技拳社に興味のある方は、お気軽に下記メール、又は電話番号までお問い合わせ下さい。
見学、体験、受付中!!
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/











「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

〇ブログランキング〇





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント