中国武術の馬歩椿功(站椿功)!!王向斉の意拳と立禅!!

中国武術において、近現代で大きな影響を及ぼしたのは王向斉の創始した意拳ではないでしょうか。


当道場で練習している八極拳などの拳法では、馬歩椿功(站椿功)を、初期より重要視しています。


ここで言う、馬歩椿功(站椿功)とは、両足を左右に開き立ち、両足の体重、重心を左右均等にして立つ椿功の全てを総称し、意拳の立禅も、これに分類しています。


この馬歩椿功(站椿功)と呼ばれる練習法は、かつては基礎訓練とのみ考えられており、馬歩椿功(站椿功)が重要な練功法と見なされるようになったのは、当道場の八極拳などの一部を除いて、意拳の影響だと言えます。


実際、八卦掌などでは「走をもって主となす」と歌訣にあり、円周上を歩く基本功を最も重要としてきました。


また形意拳では、三体式を主に練習し、一般的には馬歩椿功(站椿功)を練習しません。


太極拳では套路の一つ一つの動作を一定時間止める練習を楊健侯が指導しましたが、馬歩椿功(站椿功)を長く練ったということはいわれていません。


しかし、現在では馬歩椿功(站椿功)を重要な練功法と教えています。












八極八卦練技拳社に興味のある方は、お気軽に下記メール、又は電話番号までお問い合わせ下さい。
見学、体験、受付中!!
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/











「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

〇ブログランキング〇



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 32

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント