八極拳の「虎」と「熊」の勢法!!李書文の猛虎硬爬山!!

八極拳には、「虎」と「熊」の勢法があります。この二種類の動物の勢法によって、「八極拳」は運用されます。


しかし、この二種類の勢法を、同等で運用する事は、極めて困難です。


ほとんどの場合、どちらか一方が優勢になります。


つまり、「虎」の勢法が得意な人間と、「熊」の勢法が得意な人間に分類出来るという事です。


もちろん、「八極拳」という武術を運用する場合、「虎」、或いは「熊」のどちらか一方だけで運用する事は出来ません。


あくまでも、二種類の勢法を、訓練した上での優位性です。


「八極拳」の訓練では、主に「熊」の勢法から行う場合が多いため、「熊」の勢法が強く出る練習生が多いと言えます。


当道場で練習している「八極拳」の先人で、名人と言われた「李書文」は、「虎」の勢法が得意だったと伝わっています。


一概には言えませんが、「李書文」の得意とした「猛虎硬爬山」は、「虎」の勢法を表現しやすい形態だと言えます。


また、同じ「猛虎硬爬山」の勢法でも、「熊」の勢法を得意とする者と、「虎」の勢法を得意とする者では、その風格は大きく異なってきます。


現代の「八極拳」では、比較的「虎」の勢法を得意とした武術家は少ないと言えます。








八極八卦練技拳社に興味のある方は、お気軽に下記メール、又は電話番号までお問い合わせ下さい。
見学、体験、受付中!!
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/











「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

〇ブログランキング〇




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント