太極拳の文献!!王宗岳の太極拳論や太極十三勢歌!!

太極拳には、多くの文書や文献が存在します。多くの太極拳士が愛読する文献は、王宗岳の『太極拳論』や『太極十三勢歌』ではないでしょうか。


これらの文献は中国武術史上に一大革命をもたらしたものであるとも言える文献です。


「文字の中に隠された深い意味を知る人は稀であるが、時期が来れば次第に深い意味も理解されるようになろう」という評価をする人もいます。


套路を練りながら、『太極拳論』や『太極十三勢歌』を時にながめていれば、そこに含まれる深い意味も次第に理解できるようになると言う人もいます。


例えば「剛」や「柔」においても、王宗岳の言おうとしている「剛」とは何か? 「柔」とは何か? これはよく考えてみなければならないと思います。


それによって、套路や推手を練る中で、太極拳独特の「剛」「柔」の実感が得られると言えます。


こうした経験を重ねる事で『太極拳論』の深い意味が理解できるようになるのではないかと思います。


最終的に『太極拳論』を完全に理解するには、王宗岳が体験していた心身の状態を体現しなければ、真の理解は得られません。


道は遠いと言えますが、『太極拳論』や『太極十三勢歌』は、我々のおおいなる指針となる文献と言えると思います。










太極拳の推手教室、伝統楊式系健気服扇功社・東京板橋教室に興味のある方は、下記の電話、メールなどにご連絡下さい。

TEL (09051393289)
mail taijiquan20184@docomo.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/taijiquan20184/


(練習日時)
場所:仲宿地域センター 2階第一洋室(東京都板橋区氷川町12番10号)。

日時:月曜日 19:30~21:00









「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

〇ブログランキング〇



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント