八極拳の開門式!!八極拳の回頭動作!!

八極拳には、回頭動作があります。文字通り、頭を振る動作です。これには、目線を並行にして、首を回すものと、頭を下から振るようにする方法があります。


このような、頭を振る動作は、中国武術の中には、比較的多い動作だと言えます。


例えば、太極拳の楼膝拗歩の時も、掌を前方に打ち出す前には、後方に一度視線を向けます。


八極拳では、多くの技で、このような動作が含まれます。


この回頭動作には、いくつかの意味があります。


一つは、頭突きの用法です。


もう一つの意味としては、目線によって、力の配合をコントロールするためです。


例えば、八極拳の開門式では、左右に肘と拳を広げる時に、一度後方に目線を向けます。


これは、視線によって、身体の後方に力を溜めた状態を作るためです。


つまり、蓄勁です。


通常、人間は、目線の向く方向に力を向けやすく、溜めやすいため、この目線の動きを使い、力の配合をコントロールします。


また、八極拳の開門式のあと、前方に視線を向ける事で、推進性を作り攻めます。











八極八卦練技拳社に興味のある方は、お気軽に下記メール、又は電話番号までお問い合わせ下さい。
見学、体験、受付中!!
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/











「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

〇ブログランキング〇




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント