八卦掌の運気!!八卦気と呼ばれる気功!!

八卦掌には、八卦気と呼ばれる技法があります。これは、気功や内功、運気などとも呼ばれる技法です。


この八卦気と呼ばれる技法は、身体の内部の運用を8種類に分類して、運用する技術だと言えます。


この八卦気の練習段階では、大きく分けて3つの練習段階に分類されます。


それは、両義、四象、八卦の3つの言葉で表されます。


この3つの練習段階を踏んで練習する必要があります。


また、それぞれに練習しやすい套路(型)があります。


当流の八卦掌では、小開門によって両義を練習し、八卦腿によって四象を練習します。


また、八母掌により八卦を学び、四形八掌と硬手拳により八卦を連環します。


これらの練習を行い、八卦の理解と運用を学んだ後に、小開門に四象、八卦を内在させていきます。


つまり、小開門の形態で、両義、四象、八卦、四象、両義の順番で運用させていくのです。


また、この先に、太極、無極へと昇華させていきます。











八極八卦練技拳社に興味のある方は、お気軽に下記メール、又は電話番号までお問い合わせ下さい。
見学、体験、受付中!!
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/











「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

〇ブログランキング〇






この記事へのコメント