秘門蟷螂拳の風格!!張徳奎の蟷螂拳!!

蟷螂拳は、細密な手法を用いる事で知られる武術です。なかでも秘門蟷螂拳は、蟷螂拳の中でも、さらに細密な手法を用い、攻防にも独特な工夫がされている事が特徴だと言えます。


そして、この特徴は、秘門蟷螂拳の技法が、対蟷螂拳を強く意識して作られている事に由来していると言われています。


また、この秘門蟷螂拳は、梅花蟷螂拳から発展したのではないか、とも言われています。


この秘門蟷螂拳の名人と呼ばれる武術家は、張徳奎です。


張徳奎は、山東省采陽県の出身で、父親は地元の地主でした。


幼い頃から弟の徳振とともに王字敬、張生、董蘭香らについて蟷螂拳を学びました。


大成してからは、河北省を優歴し、各地の武術家と交流するなかで迷ショウ拳を習得しました。


満州では、抗日戦にも参戦しました。


また、共産党に両親が逮捕され、自身も勾留されましたが、脱獄しました。この時、軽身功を使い、高い壁を乗り越えたと言われています。


国民党軍に合流した後、国共内戦をへて台湾に渡りました。


また、現在では、張徳奎が台湾に伝えた秘門蟷螂拳の系統以外は、残っていないと言われています。









興味のある方は、お気軽に下記メール、又は電話番号までお問い合わせ下さい。
見学、体験、受付中!!

〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/













「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

〇ブログランキング〇








この記事へのコメント