中国武術の勁!!八極拳の段階練習法!!伸筋抜骨の練習!!

中国武術には、勁という言葉があります。一般的には、力と勁は、同じ意味としてとらえられます。


武術の分野では、この勁と力は、明確に違うものとして認識されています。


この勁を発動させることを、発勁と呼びますが、打撃に用いる事だけを発勁と呼ぶわけではありません。


また、力は、人が生まれ持ったものだと言われます。


その現象は、骨から発し、有形で、遅く、分散し、重心は浮き、変化に乏しいと言われます。


勁は、練習によって獲得するものだと言われます。


その現象は、筋から生まれ、無形で円形を描き、伸びやかで速く、重心は沈み、変化に富むとも言われます。


当道場で練習している八極拳などでは、一段階で、易骨と呼ばれる、骨や骨格を作り、鍛えるところから練習を開始します。


また、二段階は、伸筋抜骨と呼ばれる、主に筋を鍛える練習を行います。


前述の勁の説明に照らし合わせるなら、本格的な勁の練習は、二段階からとなります。


しかし、一段階の練習が不十分であるなら、二段階を運用する事は出来ません。








八極八卦練技拳社に興味のある方は、お気軽に下記メール、又は電話番号までお問い合わせ下さい。
見学、体験、受付中!!
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/











「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック