八極拳!!!「金剛八式」の「中段突き」!!!「衝捶」(挑頂馬歩捶)!!!

八極拳には、「衝捶」と呼ばれる、俗にいう「中段突き」の技法があります。「金剛八式」と呼ばれる套路(型)の中では、「挑頂馬歩捶」という技名で呼ばれる技法です。


例えば右拳で突く場合で、この「衝捶」の形態を簡単に説明しようと思います。


まず、準備姿勢では、上半身は、突き出す右拳と反対の左拳を、前方に出した状態にします。


突き出す右拳は、腰の横に添えた状態で、腰を捻り「蓄勁」します。


また、下半身は突き出す右拳と同方向の右脚を前方に伸ばした状態にします。


反対の軸脚となる左脚は、深く曲げて重心を落とし、いつでも大地を蹴り出せるように準備、蓄勁します。


この蓄勁した準備姿勢から、前に伸ばされた脚を大きく踏み出します。


また、前脚が着地すると同時に、前方に伸ばされた爪先を、内旋させ「馬歩」(騎馬式)という「歩形」になります。


当流の「馬歩」(騎馬式)は、両足を「一膝足分」に体の左右に開いた状態で、両足の爪先を正面に向け重心を落とした状態です。


当流の「馬歩」の特徴として、膝が外に開かないように内に閉めます。


また、横から見た時に、「かかと」と「膝」と「お尻」(尾)が正三角形になるまで重心を沈めます。


両足の指は大地を掴むようにします。


また、「衝捶」を打ち出した時、準備姿勢から、上半身の、前に突き出された左拳を後方の腰に引き戻します。


腰に添えた状態で「蓄勁」されている右拳を、前方に「縦拳」の状態で真っ直ぐ突き出します。


この時突き出した右拳は、肩の高さに収めるようにします。


また、後方に来た左の肘は、打ち出した右拳の「真後方」に来るように収めます。


つまり、前に突き出された右拳と、上体、左の肘が「一直線上」になる形で収めるという事です。


これが、「八極拳」の単式の套路(型)の「衝捶」の形態となります。


この「八極拳」の「衝捶」では、「直中求方」という要求を訓練します。


つまり、「直線的」な運動の中に、「方形」に働く力を内在させるという事です。


この事を、簡単に説明するならば、体の「前後」「左右」「上下」方向に、均等に力を働かせるという事です。


このように聞くと、簡単に思うかもしれませんが、上記のような状態を作る事は、極めて困難な事です。


それは、「衝捶」という形態で打ち出し終えた後、身体の各部位を、それぞれの要求に合わせて、運用させなければならないからです。


次回に続く!!




「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○


当会に興味のある方は、下記「ホームページ」をご参照下さい。




《動画リンク》
○中国武術(八極拳、蟷螂拳、太極拳、八卦掌、兵器術)をご紹介した動画○
○携帯からはこちら○

○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○



〈関連記事リンク〉
○武学推拡拳社のご紹介○
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

【ホームページリンク】
http://bugaku-cma.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック