中国武術の「護身術」!!!「武術教師」の領分!!!

画像
中国武術に限らず、武術には、護身の意味があります。俗にいう「護身術」と呼ばれる技術です。


しかし、この「護身術」と呼ばれる言葉は、「門派」(流派)によって、様々な意味として捉えられています。


イメージ通りの、外敵から自分の身を守る事や、拡大解釈して、「健康維持」までを含めて説明する場合もあります。


しかし、現代では、この「護身術」という言葉を、一つの「テクニック」として捉える場合があります。


ある意味では、一つの「流派」として確立しているとも言えます。


例えば、「後ろから羽交い締めにされた時の対処法」や、「ナイフで斬りつけられた時の対処法」を、まとめた技術です。


日本で、一般的に指導される、これらの技術は、「合気道」や「柔道」などから派生したものが多いようです。


当流の「中国武術」にも、護身の技術はありますが、あくまで「中国武術」の技術や「套路」(型)の応用の範囲内での教習となります。


つまり、「中国武術」の延長にある技術だという事です。


そのため、あえて別の技術として、上記のような「護身術」の訓練は行いません。


それは、当流の技術ではないからです。


当流の武術を指導している者は、あくまで、「中国武術」の専門家であって、上記の他派から派生した「護身術」の専門家ではありません。


また、当会は、あくまで「中国武術」を教習する組織でもあるからです。


「中国武術」に限らず、「武術教師」には、領分があります。


「武術教師」だからといって、何でも教えれる訳ではありません。


また、何でも教えていいわけでもありません。


昔の教習では、「武術教師」の領分については、曖昧だったといえます。


しかし、今の時代に則して、再考する必要があるのではないかと思います。






「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○


当会に興味のある方は、下記「ホームページ」をご参照下さい。




《動画リンク》
○中国武術(八極拳、蟷螂拳、太極拳、八卦掌、兵器術)をご紹介した動画○
○携帯からはこちら○

○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○



〈関連記事リンク〉
○武学推拡拳社のご紹介○
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

【ホームページリンク】
http://bugaku-cma.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック