中国武術の「架式」!!八極拳の「撲腿式」(撲腿歩、イト腿式)!!!

画像
中国武術の訓練には、「架式」と呼ばれる技法が存在します。門派(流派)や系統によって、訓練理由は違いますが、下半身の形態である歩形を維持する訓練だと言えます。


この「架式」練習で行う形態には、幾つかの種類が存在します。


その一つに「撲腿式」(撲腿歩)があります。


片方の脚を伸ばし、片方の脚を深くまげ、重心を低く保つ形態です。


また、この形態の「架式」を示す名称には、「イト腿式」(漢字が出なかったのでカタカナ半角で表しました。)や「僕腿式」という漢字を使う場合もあります。


当流には、この「撲腿式」と呼ばれる歩形の形態が、数種類伝わっています。


それは、「蟷螂拳」「太極拳」「八極拳」、それぞれに伝わってきた「撲腿式」です。


それぞれの門派(流派)に伝わる「撲腿式」は、同じ形態ではありません。


形だけを見てみれば、それらは似た形態ですが、非なるものだと言えます。


厳密にいうならば、形自体も違った形態だと言えます。


これらの違いは、それぞれの門派の戦闘法や基準とする身法が影響していると言えます。


当流では、基準とする身法は「八極拳」だと言えます。


「八卦掌」「太極拳」「蟷螂拳」「形意拳」「劈掛掌」など、複数の門派を練習していますが、中核となる身法は、「八極拳」を主体としているという事です。


そのため、「架式」においても、「八極拳」の形態を主体としています。


しかし、当流において、「撲腿式」の形態は、曖昧な部分があり、「蟷螂拳」の形態で練習する事が多かったのではないかと思います。


そのため、当流では、本年度から全ての「架式」を「八極拳」の形態にし、身法の統一化を計ろうと考えています。



《動画リンク》
○中国武術(八極拳、蟷螂拳、太極拳、八卦掌、兵器術)をご紹介した動画○
○携帯からはこちら○

○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○



〈関連記事リンク〉
○武学推拡拳社のご紹介○
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

〈ホームページリンク〉
http://bugaku-cma.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック