八極拳と劈掛掌!!「八極拳」の練習法と「劈掛掌」の套路(型)!!!

画像
八極拳について、当流『武学推拡拳社』の教習法をご説明したいと思います。八極拳では、基本功によって身体をある程度作った後、「小八極拳」という套路(型)によって、打法(発勁)を段階的に学びます。また、「金剛八式」「丁字八歩式」と呼ばれる単式套路によって、これを補完します。


次に、「大八極拳」と呼ばれる套路により、段階的に攻防技術や攻防に必要な身法を訓練します。


「大八極拳」の訓練の後、「六大開拳」と呼ばれる套路によって、相手のガードを開く開法原理や、制敵法を段階的に学びます。


また、上記の「六大開拳」の訓練を補うために「六大硬架拳」「六肘頭拳」と呼ばれる套路を訓練します。


また、「六大開拳」を実戦運用するために、「六大開変化」「六大開連環変化」と呼ばれる套路によって、套路の実用変化の方法を学びます。


「六大開拳」の訓練が進んだ後には、「八極連環拳」と呼ばれる套路訓練によって、実用変化の幅を広げます。


そして、「六大開拳」を実用するための一例として、「八大招式」「八大招連環変化」などの招式を訓練します。


また、当流では「八極拳」の訓練に加えて、「劈掛掌」と呼ばれる武術を弊習する事によって、総合的な完成を目指します。


また、「六合大槍」や「八極剣」などの兵器も弊習します。


当流の劈掛掌は、八極拳と相性がよく、弊習することが多い門派(流派)です。


元々、劈掛掌は、劈掛拳とも呼ばれ、中国の一部の地域では、比較的ポピュラーな門派です。


上方から切り落とす「劈」と呼ばれる技法と、下方から切り上げる「掛」と呼ばれる技法が中心に構成されています。


背骨を軸にして、身体を柔軟に使い、両腕を長く使います。


そのため「放長撃遠」の技法の武術と言われます。


当流では、「接近短打」の八極拳と、「放長撃遠」の劈掛掌を弊習する事で、両派の技法を補いあいます。


昔からこの2派について「八極に劈掛を参ずれば、神鬼も恐れる」と言われます。


下記は、当会で訓練する劈掛掌の套路(型)です。


劈掛一路
劈掛二路
劈掛三路



また、下記は、劈掛掌で訓練する兵器術となっています。


劈掛単刀
劈掛双刀




《動画リンク》
○中国武術(八極拳、蟷螂拳、太極拳、八卦掌、兵器術)をご紹介した動画○
○携帯からはこちら○

○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○



〈関連記事リンク〉
○武学推拡拳社のご紹介○
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

〈ホームページリンク〉
http://bugaku-cma.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック