中国武術の演武!!套路(型)の変化!!!

画像
中国武術の訓練には、套路(型)練習があります。また、この套路を人前において演武する場合があります。状況にもよりますが、この演武という行為は、何故行われるのでしょうか。


一番簡単に想像できる理由は、錬度をはかるためだと思います。


しかし、これだけが理由であるならば、多くの人間の集まる演武会など必要ありません。


理由の1つは、緊張感になれるためではないでしょうか。


実際に人と対峙して戦う場合の緊張感は、日常的なものではないと思います。


人前で演武する緊張感は、それに比べれば、小さなものです。


演武の緊張感とは種類が違うとしても、演武において動けなくなるのであれば、実際の戦闘では役にたちません。


また、もう1つの理由としては、変化力をつけるためではないでしょうか。


実際の戦闘において、型通りに戦闘が行われるという事はありえません。


状況によって、技法を変化させて運用します。


演武で運用される型においても、変化させる場合があります。


例えば、飛び技を加えたり、普段より動作を大きくしたり、強く打ったりなどという方法です。


実際の戦闘においての変化とは、「使う」という方向性で形を変化させます。


それに比べ、演武においては「魅せる」という方向性で変化させるのです。


方向性は違いますが、変化させるという事では、同じ作業を行います。


「魅せる」ための変化が出来ないのに、「使う」ための変化が出来る訳がありません。


日本人的な発想では、普段の技を見せる事が美徳に感じる場合があります。


しかし、その時の状況や師の意図する要求によって、変化させる事も必要ではないかと思います。




《動画リンク》
○中国武術(八極拳、蟷螂拳、太極拳、八卦掌、兵器術)をご紹介した動画○
○携帯からはこちら○

○八極拳の練習法○
○携帯からはこちら○

○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○



〈関連記事リンク〉
○武学推拡拳社のご紹介○
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

〈ホームページリンク〉
http://bugaku-cma.com/

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック