形意拳の歴史!!形意拳の特徴!!!

画像
形意拳の創始者は、清朝末期の名人で、「神拳」とも称された「李飛羽」(李洛能、李能然とも呼ばれている。)といわれています。


異説はありますが、形意拳は李洛能が山西省の名家であった戴氏一族より「戴氏心意拳」を学び、大成後独自の創意工夫により作られたと云われています。


この形意拳の元になったといわれる心意拳は、宋代末期の英雄である「岳飛将軍」によって創始されたという伝説があります。


また、現在河南省に伝わる「心意六合拳」が母体になっているという説もあり、はっきりとした事は解っていません。


しかし、実質的な創始者は、明代末期の武術家で、「神槍」とも呼ばれていた名人の「姫際可」(姫隆峰)であるという説が有力なようです。


これ以外にも、「太極拳」の創始者だという伝説をもつ「張三豊」が創始者であるという伝説もあります。


また、姫際可は「嵩山少林寺」において教授した事があり、これが現在の「少林心意把」であるという説もあります。


形意拳の現在の伝承は、大きく分けて「河北派形意拳」、「山西派形意拳」に分類されています。


また、前述した河南省の「心意六合拳」もかつては「河南派形意拳」と呼ばれており、形意拳の一門派とされてきました。


形意拳は、近世において「郭雲深」などの多くの名人を輩出した門派です。


また、郭雲深の弟子の「王向斉」(王・齋)は形意拳を元に、独自の創意工夫により「意拳」(大成拳)を創始しました。また、この意拳を学んだ日本人である「澤井健一」は、「太気拳」(太氣至誠拳)を制定し、日本に伝えました。




《動画リンク》
○中国武術(八極拳、蟷螂拳、太極拳、八卦掌、兵器術)をご紹介した動画○
○携帯からはこちら○

○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○



〈関連記事リンク〉
○武学推拡拳社のご紹介○
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

〈ホームページリンク〉
http://bugaku-cma.com/

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

玄馬
2013年07月15日 10:36
戴氏心意拳を学習している者です。
投稿されている説は初めて聞いたものもありました。
色々な説があるものですねぇ。

この記事へのトラックバック