八極拳の技術と套路(型)!!「六大開拳」について!!

画像
八極拳の教習は、套路(型)によって行われ、形と技法から、八極拳に必要な身法や技術を学びます。また、一つの門派で複数の套路を練習します。これは套路によって学ぶべき要求が違うからです。例えば、発勁と呼ばれる、技の威力を主に養成するための套路や、制敵法を扱うための身法を養成するための套路もあります。


当流の八極拳で訓練する套路で中核になるものは、下記の通りです。

「小八極拳」
「大八極拳」
「六大開拳」


上記の套路は、段階的に訓練要求を変えて訓練する場合もあります。


また、上記の套路の要求を補う為に、複数の套路があります。これは、上記の套路を、より理解し易いようにする為の套路としての位置付けとなっています。


下記がそれらの套路です。
「金剛八式」
「丁字八歩式」
「六大硬架拳」
「六大開連環変化」
「六肘頭拳」
「六大開変化」
「八極連環拳」
「八大招式」
「八大招連環変化」


八極拳には「六大開拳」と呼ばれる套路(型)が存在します。これは、開法原理とも呼ばれる戦闘法に基づいて構成された套路となっています。


当流においては、上記のように「六大開拳」とは別に、「六大硬架拳」という套路も練習します。「六大硬架拳」とは、他派の八極拳における「六大開拳」の戦闘原理を持つ套路です。


これは、当流の「六大開拳」が、他派の八極拳の「六大開拳」の技法とは違うからです。


一説では、八極拳の名人で「神槍」とも呼ばれた「李書文」が、晩年に「六大開拳」の戦闘法を再構成したからだと言われています。


中国の武術では、套路に内包されている技法、戦闘法を漢字一字で表す場合があります。門派や系統にもよりますが、一般的にこの事を「字訣」と呼びます。


門派や系統によって多少のバラつきはありますが、一般的な八極拳門派の「六大開拳」の開法原理を表す字訣は、「頂、抱、弾、提、股、纏」です。


しかし、当流の「六大開拳」の字訣は、一部同じ部分はありますが、全く違った字訣、戦闘法で構成されています。


通常、この再構成された「六大開拳」を訓練しますが、どのような変遷を経て、この套路が構成されたかを知るために、一般的な八極拳の「六大開拳」に相当し、当流では「六大硬架拳」と呼ばれる、再構成される前の戦闘形態を持つ套路を訓練するのです。


また、八極拳の「六大開拳」という套路(型)の形態は、極めて簡素に構成されています。それは、複雑な形態だと変化させにくく応用性がなくなってしまうためです。


単純な形態の中に、原理を内包させる事によって、その時の状況によって形態を変化させます。複雑な形態のものは、決まった状況でしか使えません。


しかし、単純な形態の套路のみを教習されても、変化のさせ方を知らなければ使う事は出来ません。


そのため、原理を内包させたまま形態を変化させる方法を学ぶ必要があります。


当流では、「六大開拳」を教習する場合、「六大開拳」だけでなく、「六大開変化拳」と呼ばれる套路を練習します。これは、「六大開拳」という套路の変化の方法を学ぶ套路です。


この「六大開変化拳」で学ぶ変化は、「六大開拳」を運用するための最小単位の変化を示したものとなっています。


つまり、「六大開変化拳」とは、「六大開拳」を実戦運用するために、変化の方向性として、一例を示した套路だと言えます。


このように、八極拳に限らず、中国武術の套路には、それぞれに訓練目的が存在するのではないでしょうか。



〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/




画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック