八極拳の打法(発勁)!!一撃必殺!!神槍「李書文」の技法

画像
八極拳は、他派に比べて技の威力に対する要求が高い門派(流派)だと言われています。当流の八極拳の先師であり、神槍とも呼ばれた「李書文」は、他流試合において、何度も一撃で相手を倒したと伝えられています。


また、その方法には、相手が打ってくるのと同時に打ち出す技もあり、当流にも、その技法が伝わっています。


しかし、この技法は、単純に相手に合わせて打ち出すだけでは成功しません。


もちろん、前述した威力も必要ですが、この技法を成功させる「要素」が存在します。


例えば、当流では「衝捶」と呼ばれ、「李書文」も多用した中段突きがあります。


この「衝捶」という単純な形態だけで、同時に打てば、逆にカウンターを取られます。


通常の門派では、3撃(3動作)から5撃(5動作)によって、相手を処理します。


当流でも弊習する蟷螂拳では5撃(5動作)で処理します。つまり、他派では複数の動作によって、相手を打つための「要素」を処理するという事です。


「李書文」が運用した上記のような打法とは、一撃(1動作)の中に他派の5撃(5動作)分の技術を内包させているという事です。


当然ですが、このような技法を始めから運用する事は難しいと思います。


そのため5撃(5動作)によって、相手を打つための「要素」を処理する訓練から始めます。


当たり前の事ですが、5撃(5動作)で処理出来なければ、一撃(1動作)で運用する事は不可能です。また、当流では、蟷螂拳の訓練も弊習する事で理解を深めれる教習を行っています。



〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック