太極拳、中国武術の練習による腰や膝の故障

画像
中国武術や、健康を目的とした太極拳の練習で体を痛める場合があります。特に膝や腰を痛める事が多いようです。また、内功などの練習により内蔵に負担がかかる場合もあります。


この原因の1つは、体の歪みなどから、基準姿勢を守れていないために、特定の部位に負担が掛かった事が原因だと思います。


しかし、武術として、太極拳を含む中国武術の套路(型)を練習する場合、膝や腰を始めとした体を痛める原因は他にあるのではないかと思います。


その原因の1つは、套路(型)を運用するための体ができていないためです。現在、伝えられている套路のほとんどは、名人と呼ばれた人間によって構成されました。


当然、彼らの高級な技術力は、強靭な体が前提となっています。もちろん、彼らが構成した套路の運用も強靭な肉体を持っている事が前提で出来ています。


現代人は、当時の一般的な人間に対しても足腰をはじめとした体は脆弱だと言えます。まして、当時の武術家とは比べものにならないでしょう。


当然、体が追いついていない人間が、彼らの訓練法とも言える套路を、同じように行えば体を痛めて当然です。


そのため現代人が套路などの練習をする場合、自分の筋力や体力を把握したうえで、練習時間や練習量をコントロールする必要があるのではないかと思います。



《動画リンク》
○八極拳の練習法○
○携帯からはこちら○

○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○



〈関連記事リンク〉
○武学推拡拳社のご紹介○
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

〈ホームページリンク〉
http://bugaku-cma.com/

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック