中国武術と陰陽五行説!!八極拳、形意拳などにおける「五行」

中国武術の技術体系には、しばしば中国の古典や哲学、思想などの用語が出てきます。中国文化圏で発展してきた武術であれば、中国の文化や哲学、古典などの影響を受ける事は当然の事です。


「陰陽五行説」も中国文化圏では、古代から存在する思想の1つと言えます。


この「陰陽五行説」を使い武術の技法を説明している門派も多く存在します。「形意拳」や「心意六合拳」などが良い例です。


当流の八極拳を始めとする、各門派においても、「陰陽五行説」の用語を使って、運気などの説明を行います。


門派(流派)や系統にもよりますが、当流においては「陰陽五行説」の用語は象徴でしかありません。


つまり、5種類の力の発生方法、運動法則を「陰陽五行説」の「木、火、土、金、水」に照らし合わせて説明しているという事です。


この5種類の「木、火、土、金、水」という用語は、5種類の運動法則とは直接関係があるわけではありません。


しかし、「陰陽五行説」の相剋、相生の関係と、運動法則の力の配合は一致します。また、「陰陽五行説」における五臓の概念においても一致していると言えます。


もちろん、これらの臓器から直接的に力が発生している訳ではありません。上記の臓器に近い部位の筋肉、関節、などを運用させる事によって、力を発生させます。


つまり、中国武術においての「陰陽五行説」とは、中国に古代より伝わる思想の用語を使って、武術を解き明かそうとした、先人達の知恵だと言えるのではないでしょうか。



《動画リンク》
○八極拳の練習法○
○携帯からはこちら○

○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○



〈関連記事リンク〉
○武学推拡拳社のご紹介○
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

〈ホームページリンク〉
http://bugaku-cma.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

ゆうきパパ
2012年11月21日 23:55
陰陽五行説については、学生時代に興味を持ち基礎程度の知識は得ていましたが、武術を通じて学ぶとそれが経験・体験として定着していくのを感じます。難解だけど面白いです。まだまだ全然未熟、練習不足ではありますが…

この記事へのトラックバック