中国武術の発勁と沈墜勁

画像
中国武術には、沈墜勁と呼ばれている技法が存在します。今回は、この技法の一面について考えていこうと思います。この沈墜勁は、一般的には下方に落ちる力と考えられています。また、この技法が打撃などにのみ活用される技法だとも考えられています。


しかし、沈墜勁は下方にのみ力が向かうわけでも、これにより打撃力を生むだけの技法でもありません。


力の方向は、反力として上方にも同じだけの力が働きます。つまり、上下に均等に力が働くという事です。そして、この事で整体勁が生まれ、この重心の運用により、歩法も円滑になります。


もし、下方にのみ力が向かえば、下半身は重くなります。つまり、「沈」ではなく「重」になるという事です。


ただ重たく下方に向かう力は、次に動く時には、浮き上がらざるをえません。このように、「重」の状態は、逆に重心を浮き上がらせます。また、歩法においても居着く結果となります。


沈墜勁を運用するという事は、「沈」の状態を維持する事ではないでしょうか。それが、技の威力だけではなく前後、左右に自由に動く歩法すら生むのです。



〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック